空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

これまでにないことをやってみる 其の参

【これまでにないことをやってみる 其の一】
【これまでにないことをやってみる 其の二】
からの続き。


上智大学のグリーフケア人材養成講座に通っていた頃、
グループワークが毎回行われて、
自分自身が感じたことを話してゆく時間があった。

そこでも、私は自分が本当に思っていることは、口にできなかったと
最後の授業の日に言ってしまった。
そう言うと、クラスの人たちはすこし残念そうな顔をした。
いやいや、あなたたちのせいではない
と言いたかった。
しかし、それを含めても、私には口からことばがだせなかった。

自分が感じていることはたくさんある。
そして、私が頭で考えていることもたくさんある。

けれども、それをどう言っていいのか、わからなかった。
口には出せない、しかし、こうして文字にはできる。

もしかしたら、これは障害と言ってもいいのかもしれない。
ただし、病院にかかったところで、おそらく問題のない正常な人だ、私は。
病名はつかなくても、人が気軽にやっているようなことが私にはできない。
人に言えば「そんなこと、たいしたことないよ」ということばだったり、
こうしたら、ああしたらいいんじゃない?という反応が返ってくる。

哲学カフェというものがあると知ったのは、
こういう葛藤の日々の最中だった。

もともと、「死ぬってどういうことだろう」ということに興味があるから
グリーフケアの講座へも通うようになった。

哲学カフェでは、話したいと感じることが話せるのだろうか。
行ってみたけれど、やはり思うようには話せなかった。

大学の図書館で目があったのは、池田晶子さんの本だった。
池田晶子さんの書いたことを読んでいると、
「哲学」とは、「問い、考えること」とあった。
「14歳からの哲学」は、私にとって聖書だ。
副題にある通り、まさしく考えるための教科書となった。

「14歳からの哲学」を輪読して、考えたことを話し聴きあう
読書と対話の会は、Aというブロックにある章、
「考える→考える→考える→言葉→言葉→自分とは誰か→
死をどう考えるか→体の見方→心はどこにある→他人とは何か」
を繰りかえし読んでいる。今、二巡目。
「自分とは誰か」については三回読んだ。
先に進みかけて、一度戻ったのだった。

頭で考えることと、それを口に出してみることはまるで異なる作業で、
口に出してみてあらためて、考えがかたちとなった。


小さな問いからはじめて考える。
それを、人にわかる言葉にする。
言葉にしないと、考えははっきりしない。
それから、「なんで?」「どうして?」と聞くことで、もっと考えを深めていく。



私の場合は、まず、ネットにアクセスしだした20年前に
ネットの中で日記をつけてみて、自分の考えていることがあらためてわかる
ということがあった。本当にびっくりしたものだった。
私ってこんなことを考えているのか、と。

そして、今こうして、人と向き合って話をしてみる場に身を置いて
「私はこう考える」と口からの言葉として話せるようになった。
読書と対話の会を繰り返し続けていくのは、「人は変わる」と感じたからだ。


え、もともとちゃんと考えを口にできる人だったじゃないの?
と思う人もいるかもしれないが
自分では言えていないと思うことがよくあった。
あるのは漠然とした「思う」だけだった。


「本当のことを知っているということは、それ自体が自由なことなんだ。
本当のことを知らないから、人は人に対して自分の自由を主張することになるんだ」


と池田さんは、「14歳からの哲学」の中で書いている。

ああ、本当に。

私は、この一年でずいぶんと自由になった。

(え、もともと自由なんじゃないのと人は言うかもしれない。
そう、たしかに本来、人は自由なのだ。
自由がどういうことなのかがわかれば。
そういう意味では、これまでの私は不自由だった。
人に自由をすすめながらも、私自身は不自由だったのだな。)


おっ、まだ続きそうです。
IMG_1222.jpg

Posted by チエ on  | 0 comments 

これまでにないことをやってみる 其の二

【これまでにないことをやってみる 其の一】からの続き。

はじめに、対話の場へ「哲学カフェ」や「哲学対話」ということばを
持ち出そうとした時、やはり「哲学かぁ、むずかしそう」というような声を
ちらほら聞いた。

なんせ公共事業であるので、「オープン、ひらかれている」ことが大事だ。
誰からしても、アクセスを拒まれないこと。

なので、「哲学」ということばはかなりクローズドなのである。
「哲学」ということばをそのまま出しても、ひとは集まらない。
(かわいそうな哲学… ( ノД`))

まちの人々にとって、どうしてそれが必要だと思うの?
あなたはどうしてそれをいいと思ったの?
それを何て言えばいい?
ということは、講師の広石さんから何度も問われた。

他のひとにどうして必要か、なんて考えたこともなかった。
私にとって大切だったということしかなかった。

オープンであるとは、
私と他者の間がつながっていると感じられることか。
自分だけにわかることばじゃ、バトンにならない。
ことばは、橋でもある。
そして、こちらからさしだす手のひらでもある。


これって、哲学カフェや哲学対話でかわされる対話、そのものについてを言ってるな。

ここに気づけたことは、とても大きなことだった。

こうして書き出してみるとなんてことはないように感じられるが
問われた瞬間は、目からウロコが落ちる思いだった。


もうちょっと続きます。。。

IMG_1415.jpg



Posted by チエ on  | 0 comments 

これまでにないことをやってみる

P1140574.jpg


文京区が主催する活動支援コーディネーター養成講座とファシリテーション講座
に参加している。
http://bunkyo-sip.jp/?p=3818

春まで通っていた学校でのグループワークを通して、
そして、実際に「読書と対話の会」などの場を持つようになって
ファシリテーターの勉強がしたいなと思っていたところ
たまたまfacebookで講座の案内を見かけた。
しかも費用は破格値の4000円だった。
全7回。
一回ごとの参加費かと何度も確認したが
全7回分のお値段だった。
びっくり。

はじめは、ファシリテーター講座だけでいいやと思っていたのだけれど
講師の広石さんの話がおもしろくて、続けてコーディネーター講座にも通うことにした。



文京区では、対話等を通じて地域の多様な主体が関わり合いながら、
地域課題の解決を図る担い手を創出していく取組を「新たな公共プロジェクト」と称して
より豊かな地域社会の実現を図っていこうと取り組んできたそう。

活動支援コーディネーターとファシリテーション養成講座は
そのプロジェクトの一環として開催。

文京区民だけが参加できるのかと思いきや、
他区民もウェルカムとのことで、文京区はえらく太っ腹である。


ファシリテーション講座の中で、対話の場を企画運営するという実践があり
そこでは「哲学対話」を題材にすることにした。
はじめは、文京区といえば坂道だし、坂道大好きだし、坂道を取り上げたい
と思ったのだけれど、実際、この坂道については自分が参加者として知りたいことであり、
企画してゆくにはハードルが高いと感じてもいた。

それならばと今の私にとって最も関心のある「哲学」を題材にしてみたらどうだろう
と取り上げたところ、それに賛同してくれる人がいたおかげで企画をスタートさせることができた。

P1140596.jpg



これはなりゆきで、ともいってしまうが
本当は、今自分が住んでいる練馬で開催できるのが何よりなのではあるけれども
ひとまず縁があって、なんとなく「そうなってゆく」ことが
私にとってはいいような気がしている。
(私が自分の自我で推し進めると、どうもパワーバランスが悪いようでうまくいかない)

というわけで、なりゆきで
「新たな公共プロジェクト」内にある別講座、「文京社会起業アクション・ラーニング講座」
の交流発表会にて、企画を発表してみないかという声をさらにいただいて
「まじかー、人前でしゃべるのきらいなのにー」という気持ちとは裏腹に
やったことのないことはやってみたいという好奇心もあって、発表に臨んだ。


テーマは、「『哲学カフェ』を通してなんでも話せる場をつくろう」である。



長くなるので、一旦ここでおきます。
次回へ続く。。。




Posted by チエ on  | 0 comments 

沈黙 -サイレンス-



これほど何度も読んだ小説はないので、もう勝手に脳内で私の創作映像ができあがっていて
スクリーンに目をやっても、映画を見ている感覚が薄いなということを感じながらの三時間だった。

小説がすごすぎるのと、私の思い入れがあるので仕方がないこと。
とはいえ、やはりスコセッシ監督でなければ撮れない映画だと思う。
すさまじい映画だった。


この小説は、日本人である自分がキリスト教徒として生きていくこと、
遠藤周作のその葛藤の中からうまれたもの。
この自分の信仰に関する思索を、「だぶだぶの洋服を和服に仕立て直す作業」と遠藤さんは表現している。

「沈黙」という小説には、海や雨の描写が多い。
水に包まれている、そのことが日本人の宗教観を形成してきた。
日本人は無宗教だと思っている人が現代には多い。
宗教に属していないから、無宗教だという。
けれども、信仰がまるでないわけではない。
移り変わる四季も、地震や雷などの自然災害も
人の力など到底及ばない自然にこそ、この地の人は畏怖の念を持ってきた。
雨や海、川、その自然に包まれている、このことがこの地においてはめぐみでもある。
そこに、信仰がないなどと言い切れない。

波の音、雨の音。
そばにあって、ただ私を支え続けているもの。
小説にも映画にもそのことに対する説明めいた描写はないけれど
自然とともにあることが、背景に語られていた。
遠藤さんに対してすごいと感じるのは、その筆力。

長崎を訪れた際に「沈黙」の舞台となった外海を歩いて、
あの海岸線が舞台であることを記憶にとどめているから、
映画を見ていて補正しきれず少し混乱した。
(映画のロケは台湾なんだよね…)


そしてやはり水磔シーンは、もっとしずしずと海に抱かれていくイメージなの。
とはいえ、塚本さんはまぎれもなくモキチだったなぁ…。
映画にケチをつけるつもりは毛頭なく、ただ私の中の脳内イメージがありすぎるだけ。
映画作品としてはすばらしいので、誰かとまた話したい。


小説「沈黙」の舞台を歩いたときの記録はこちら。
http://soramoyo.blog43.fc2.com/blog-category-8.html

DSCF3880.jpg

Category : 映画
Posted by チエ on  | 0 comments 

わからなさへの共感

IMG_1251.jpg

六車由実×里見喜久夫「介護民俗学入門~六車さんと『聞き書き』してみよう」
『コトノネ』20号刊行記念 @下北沢 本屋B&B

六車さんのお話はもちろんおもしろかったのだけれど、
じゃあ実際に聞き書きをやってみましょうということになり、
その聞かれ役となった医学書院編集者の方の話されたことが私にはずばぬけておもしろかった。
「ケアをひらく」シリーズは、この方がすべて一人で手がけているそうだ)


「思っているけれどうまく言えない、とか、わからなくて混沌としていること。
そのできなさ加減に照準をあわせることができたら、そこに賛同してくれる人がいるのでは?」
という点が、本をその人が作ろうと思う源だというようなことを仰っていた。
ここは、わたしが哲学対話にもとめたい点でもある。
賛同してくれる、または賛同したい人はそうそうあらわれないものだけれど、
だからこそ「あ、この話をしてもいいんだ」という人や場に出会えることが最上の喜びだ。

「エビデンスがどうのこうのと言っている人が、エビデンスなんてその程度だと思っている」
とも仰っていた。

こういう話の時によく思い出すのは、会社員時代に仕事としてしていたガスクロマトグラフィ測定のことだ。
気体や液体の成分分析機器なのだけれど、結果には、大きいピークとものすごく細かいピークとが表れる。
大きいピークは主要成分ではあるけれど、他にも細かいピークはおびただしくある。
わかりやすさというのは、このうちの大きいピーク。小さいピークは、わかんなさ。
今の世の中、わかりやすさが求められているようだけれど、
わかりやすいものってあっという間に流れてゆく。
わからないものはいつまでもひっかかりつづける。

こころから共感できることは、「わからなさ」なのかもしれない。
うちで開催している読書と対話の会は、
「わからない」を共有する場であり続けたいなぁとあらためて思う。
(「わからない」と言うことを、できるだけ避けながら)




精神障害者の就労支援をしている施設(施設の方が今日のお話を聞きに来ていた)が作ったカルタを買った。
(なんと、市原悦子さんの読み札音声CDと、かるたの製作風景を写したDVD付き)

話を聞いていて思う。精神障害の方の幻聴や妄想と、
いわゆるスピリチュアルな人たちの「みえないものがみえる、聞こえる」ってのは、
おなじもとにあるんじゃないかってこと。
どうやら他の人には見えないものが見えていたり、聞こえていたりするというところで。

わたしには、自分の見えているもの、聞こえているものが
他者と違っているのか、確かめようがないので
わからないのだけれど。

自分の見ているもの、聞いているものが
他者と同じだなんて、今はもう思えない。

そして、どうやら見えないものが見えるとか
聞こえないものが聞こえる
ってのは、その人の世界でのこと。
他者がそれを特別視して、過剰な装飾をつけているだけなのかもしれない。

IMG_1286.jpg
このあたりがおもしろい。
こういうのもブッククラブでやったりするとおもしろいんじゃないかな。


Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。