空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

言葉にするということ

IMG_1711.jpg


先日18日の読書と対話の会。参加者は9名。

ファシリテーターと名乗る人がそこにいても、ただ存在するというだけで、
そこに集った人たちの中で対話がなりたつ、安心、安全にことばが行き交うというのが理想。

この日は「体の見方」の章を読んだ。
「自分を体と思うのは、間違っているんだ。と、君は『自分』の章で思ってしまっただろうか。
そう、この体であるところの自分とは何かを問うとしたなら、確かに自分はこの体じゃない」。

この章はこのような文で始まる。

私はずっとどこか乖離している私をずっと感じてきているので、この部分のことが今はとてもよくわかる。
今はというのは、乖離しながらもながらく自分で自分のからだなどを客観的に見つつ、批判的であったから。
今は、そうである自分をただ見ている。
切り離されているというのとも違う、そういう視点があるだけだ。
インサイトカメラのようなものだ。…いや、インサイトなんだろうか?
私が見ているもの、感じているものをみている眼だ。
この眼が受け取って、動いてみることも「考える」と言いたい。
スポーツするにも考えることが必要だというようなことを言ったのは誰だったか、
中田かカズか、イチローか。多分、みんな同じようなことを言ってる。

そして、考えたことは言葉にしてみることで、またからだに返ってくる。
私の感覚だと、おなかだ。ハラに帰ってくる。

ここでは、ずっと、本来「それ」としかいいようのないおおきなものの話をしている。
でも、「それ」ではなくて、そこで安住せずに、果敢に言葉に、私はしていきたい。
どうやっても、言葉にし得ないものがあるのはわかっている。
谷川俊太郎さんもそう言っている。
谷川さんでダメなんだから、無理? そうなんだろうか。

そうではなくて、自分でやってみなくちゃダメなのだ。
本当にその領域(それ)を体感できるのは、そこまでやってみた人にしかわからないんじゃないかと思う。
科学者たちも、突き詰めればどうやってもわからない、神の領域だとしか思えないところに行き当たるという。
どこまでいってもわからないから、どこまでもいってみなくては。
すると、するりと抜けたりするんではないだろうか。
おそらく、「わからないこと」が苦悩ではなくなる。

この日は前回の混沌を踏まえて、やってみたことがいくつかある。
「体の見方」ということもあって、呼吸に意識を向けるワークと、聴覚に意識を向ける「耳をすませる」こと。
あと、言いたいことは言わせてもらった。時には少し辛辣なことも言ったと思う。

それでも、9名も集まっていれば、言わんとしても話が流れていってしまうことがあった。
もうすこし細かに掬いあげていきたいものだ。


Posted by チエ on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。