空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

沈黙 -サイレンス-



これほど何度も読んだ小説はないので、もう勝手に脳内で私の創作映像ができあがっていて
スクリーンに目をやっても、映画を見ている感覚が薄いなということを感じながらの三時間だった。

小説がすごすぎるのと、私の思い入れがあるので仕方がないこと。
とはいえ、やはりスコセッシ監督でなければ撮れない映画だと思う。
すさまじい映画だった。


この小説は、日本人である自分がキリスト教徒として生きていくこと、
遠藤周作のその葛藤の中からうまれたもの。
この自分の信仰に関する思索を、「だぶだぶの洋服を和服に仕立て直す作業」と遠藤さんは表現している。

「沈黙」という小説には、海や雨の描写が多い。
水に包まれている、そのことが日本人の宗教観を形成してきた。
日本人は無宗教だと思っている人が現代には多い。
宗教に属していないから、無宗教だという。
けれども、信仰がまるでないわけではない。
移り変わる四季も、地震や雷などの自然災害も
人の力など到底及ばない自然にこそ、この地の人は畏怖の念を持ってきた。
雨や海、川、その自然に包まれている、このことがこの地においてはめぐみでもある。
そこに、信仰がないなどと言い切れない。

波の音、雨の音。
そばにあって、ただ私を支え続けているもの。
小説にも映画にもそのことに対する説明めいた描写はないけれど
自然とともにあることが、背景に語られていた。
遠藤さんに対してすごいと感じるのは、その筆力。

長崎を訪れた際に「沈黙」の舞台となった外海を歩いて、
あの海岸線が舞台であることを記憶にとどめているから、
映画を見ていて補正しきれず少し混乱した。
(映画のロケは台湾なんだよね…)


そしてやはり水磔シーンは、もっとしずしずと海に抱かれていくイメージなの。
とはいえ、塚本さんはまぎれもなくモキチだったなぁ…。
映画にケチをつけるつもりは毛頭なく、ただ私の中の脳内イメージがありすぎるだけ。
映画作品としてはすばらしいので、誰かとまた話したい。


小説「沈黙」の舞台を歩いたときの記録はこちら。
http://soramoyo.blog43.fc2.com/blog-category-8.html

DSCF3880.jpg

Category : 映画
Posted by チエ on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。