Welcome to my blog

空模様

 死をどう考えるか

「読書と対話の会」とは別に、春まで通っていた大学のクラスでいっしょだった友人たちと
「14歳からの哲学」を、やはり1章ずつ読みながら話す会を続けている。

昨日は、「死をどう考えるか」。自分自身の体験をまじえながら、
「私はこう考えるんだけどね」などなど、枝葉にわかれつつ話が続く。
私が考える死のイメージは、「イワン・イリッチの死」にある描写の通り。


『ところで死は?どこにいるのだ?』
古くから馴染みになっている死の恐怖をさがしたが、
見つからなかった。
いったいどこにいるのだ?
死とはなんだ?
恐怖はまるでなかった。
なぜなら、死がなかったからである。
死の代わりに光があった。
「ああ、そうだったのか!」彼は声にたてて言った。
「なんという喜びだろう!」


COMAさんの点描画は、事故にあった際に見えたというひかりを
あらわしているというようなことをおっしゃっていた。
失われる記憶を、絵にとどめることで
「昨日があった」ということを思うために。


ひかりに迎えられて、包まれて、そして溶けてゆく
そのひかりと一体になるというのであれば
私個人の死は、怖くはない。

死について私が考えるのは、遺す、遺される時のこと。
それも、まだ生きている、今ここの話。
死についてと言いながら、実際、考えるのは「生きている」話。

ずっと、こんな話が誰かとできるといいなと思ってきたけれど、
それができる上に、おおやけにしてもいい日がくるとは思ってもなかった。

話しながら、したい話をしたいようにできることがなんともしあわせだと思った。
そして、かつての私のように「話したいけれど、話せない」と感じている人と、
この先、出会っていけるといいなと思っている。


IMG_0512.jpg
GOMAさんが描かれた絵
9/14から9/26まで高島屋新宿店10階 美術画廊にて、グループ展が開催されているそうだ。
プリントやネット画像ではない、直の絵を見ていただければと思う。




0 Comments

Add your comment