Welcome to my blog

空模様

 詩と哲学と宗教、その間

言葉はラベリングだったり、枠だったり
流れる川の水をすくう容器みたいなもの、
この感覚をことばにしてみたいと思ってきた。

以前にも、キャラメルと包み紙という形容で書いた。
http://soramoyo.blog43.fc2.com/blog-entry-793.html


キャラメルは包み紙におさまっているけれども
包みきれなかったキャラメルが気になっていた。

川の水をすくってみても
流れている水とはまるで違ってしまう。
あそこに流れている水と、この容器の中の水はおなじものなのか
と考えている。

キャラメルや川の水は、本来ならば
容器や包み紙に分断されない状態であるんだろう。


そんなことばかり考えていると
表現は詩的になる。

中学生の頃は詩人になりたかった。




若松英輔さんの著作から、池田晶子さんを知り
そしてまた井筒俊彦さんという人の存在を知った。

若松さんの「悲しみの秘義」という本に
井筒さんの一節が引用されている。

人間の耳にこそ聞えないけれども、ある不思議な声が
声ならざる声、音なき声が、虚空を吹き渡り、宇宙を貫流している。
この宇宙的声、あるいは宇宙的コトバのエネルギーは
確かに生き生きと躍動してそこにあるのに、
それが人間の耳には聞えない
「言語哲学としての真言」




若松さんは、井筒さんのことをこう書いている。

哲学者の井筒俊彦(1914-1993)は晩年、「言葉」とだけでなく
「コトバ」と記すようになった。
コトバと書くことによって彼は、文字の彼方に息づいている豊穣な意味のうごめきを
浮かび上がらせようとした。
井筒が考えるコトバには無数の姿がある。
画家にとっては色と線が、音楽家には旋律が、
彫刻家には形が、宗教者には沈黙がもっとも雄弁なコトバになる。
苦しむ友人のそばで黙って寄り添う、こうした沈黙の行為もまたコトバである。




あてどなく感じてきたことを、ずばりと書き表してくれる人がいたことに
私は驚いたし、うれしかった。
今まで、出会えてなかったから。
話をしても通じないことの方が多かった。


井筒さんの著書そのものにはまだ手を出せていない。
若松さんや池田さんの、井筒さんへの批評が載っているこの本を買ってみた。



巻頭にある安藤礼二、若松英輔の対談「コトバの形而上学」から引用する。

「言葉にできないものと、しかし、それでも、そのもの自体を言葉で語ろうとすること」。

「言葉を超えるものを言葉で語ること」。

「人間が思考し表現する一番根源にある、全てが消滅してしまうような、
あるいは全てを消滅させてしまうような場所を、哲学的な思惟の逆説として考え続けていた」。


「あらゆるものが光の中で一つに融け合っている。
透明で光り輝く宝珠が無数に連なっている。
一つの宝珠には他の無数の宝珠のイメージが映り、
他の無数の宝珠には一つの宝珠のイメージが映る。
一は同時に多であり、多は同時に一である」。


「哲学の発生と詩の発生は別のものではなかった」。

「学問を突き詰めていくということは、詩情を損なうものでは絶対ないのだということを
彼らの生涯は証している」。


「『詩的表現の起源』を問い続けることが大切なんですね。
そして詩的表現の発生を問うのは、文学だけの問題ではなかった。
宗教学も、民俗学も、そして哲学も、みなその一点に収斂にしていく」。


「14歳からの哲学」を題材とした「読書と対話の会」でも
なにが話題であっても最後の方、私からは「自然」「魂」の話になってしまう。
考え続けてゆくと、「私が生きている」というその源にゆきつかないわけがない。
それこそが私の話したいことでもあるからだ。

池田晶子はこう書いている。

「哲学が扱うものは意識であり、そして人が自分が意識であることを認めるならば
哲学は本来的に、万人のものだ。
テキストが先ではない。まず自分の意識の仕方を体得しておくことだ」。

「なるほど、わかった、で、それがどうした、となお人は言うか。
どうもしやしないのだ、世界がかく在り、
私たちがかく暮らしているという事実に、全然変わりはないのだ。
変わりうる余地があるものといえば、ただひとつ、
そういう君の、その生き方だ」。

「精神を、さらにさらに高く精神性を掲げよ。
やがてそれは滔々と立ち上がる光の柱、
高貴な魂たちの勝利と祝祭、
その雄々しい知性が断固として君臨するのを、私は見る。
神であってもなくてもどっちでもいい。
しかしそれは確かなことだ、なぜならそこには歓びの感情—。

私たちの知性は、その高潔さによって、あんなにも遠く遠くへ行けるものであることを、
私は井筒氏に教わったような気がするのです。
信仰なき身として、これ以上の救いはなかったと、深く感謝いたします」。



まだ山の麓にたどり着いたにすぎない。
きらりとひかる湖の、その淵をみつけたにすぎない。

けれども、美しい山や湖が私の眼前に姿を見せてくれた
そのことが、とにかくうれしい。
ずっとずっと探していたのだから。
ことばとは何かを。


IMG_0155.jpg



0 Comments

Add your comment