Welcome to my blog

空模様

 沈黙の声 - 遠藤周作 その人生と『沈黙』の真実 -




学校の図書館で借りた本。

はじまりは、20代前半。
就職して間もない頃に読んだ「深い河」だった。
私自身にある水脈をたどる旅のはじまり。

この人が生きて、私の眼前にいたならば
きっと受洗していたのではないかと思う。
キリスト教遠藤周作派において。


キリスト教伝来の歴史に、血が騒ぐ。
2年前、合格の知らせを受け取って
長崎にまたいかなくちゃと、小説の舞台を歩いた。
http://soramoyo.blog43.fc2.com/blog-entry-672.html

あの時の気持ちにまた戻る。
私が戻ってくるのはここだなと思う。

311の震災で「神も仏もない」と言った誰かのことば。
神がいるのならば、なぜ黙っているのか。
私自身も、そう切実に感じたところからの学びだった。


同じところに戻ってきたようで、でもまるで違う。
「沈黙の声」を、私もこの2年間で実際に聴いたのである。

P_337
ロドリゴは、小説の展開とともに神の沈黙とキリストのユダへの言葉という信仰上の二つの疑問に対する切実な想いをつのらせ、最後に踏絵に足をあげた痛みのなかで、踏絵のキリストの眼差しが訴える「私はお前たちのその痛さと苦しみをわかちあう」という思いの込められた「踏むがいい」という言葉を聞く体験をする。そしてロドリゴはその踏絵体験を噛みしめつづけ、五年の歳月を費やして、「やっとわかった」とその言葉の真意を悟るようになるのである。すなわち、踏絵のなかのキリストの眼差しが訴えた「踏むがいい」という言葉は、神が沈黙していたのではなく、いつもともに苦しんでいたのであり、キリストのユダへの言葉は、人間の弱さゆえにもうそうするしかどうしようもないといったぎりぎりの状況に陥ったユダの苦しみをともに苦しんでいるがゆえに発せられた愛からの言葉であったのだということを心の底から納得し、キリストが愛そのものであったことへの信頼を確かなものにするのである。そして、ロドリゴ自身がその母のように人間の苦しみを共にするキリストの愛と許しの眼差しを、今度は自分をユダと同じ裏切り者、転び者として苦しんでいる者に、とりわけその代表であるキチジローに伝えてゆく使命を、この国の「最後の切支丹司祭」として自覚のもとに担ってゆくのである。



P.377
作家遠藤が死と向き合う病床における信仰体験によって、そうした人間の苦しみを共にする母性的な神の愛の顕れである地上の事物もまた人間の苦しみを共にしてると実感し、それを感じる新たな眼を得て書いた「沈黙」は、父性的な神の義の顕れを地上の事物に求めることで地上の事物の沈黙とそれに重なる神の沈黙に苦しんだロドリゴが、踏絵のキリストの眼を通して人間と共に苦しむ母性的な神の愛に出会ってゆき、最後にはその神の愛の顕れである地上の事物も共に苦しみ、〈沈黙の声〉で囁いていることを知ってゆく物語であるともいえるだろう。そして、それはこの日本の汎神論的風土においてキリスト教作家であろうとする遠藤が西欧の作家とは違う方法で、すなわち日本の汎神論的自然の背後にキリストの共感のまなざしを重ねるという自らの病床体験で得た独自の方法で日本の自然とキリスト教的世界を結びつけようとした試みの一つの結実であったということができるのである。

(ここでいう「日本の汎神論的自然の背後にキリストの共感のまなざしを重ねる」という日本的感性に根ざした遠藤のキリスト教的感覚は、神と自然との絶対的断絶を強調する西欧キリスト教の一神教的自然観とは隔たりがあろうが、自然(被造物)を神性の現れとする意識の強いロシア正教など東方キリスト教のパンエンティズム(汎在神論)的自然観とは通ずるものである。ちなみにパンエンティズムとは、自然そのものをそれを超えるものと区別しないまま神と見なすパンティズムとは違い、すべてが神のふところのなかに生き、動き、存在しており、なにものも神から離れては存在しえないとパウロがいう(「使徒言行録」十七章二七、二八節)ような神と被造物の捉え方である。)




IMG_8090.jpg

0 Comments

Add your comment