Welcome to my blog

空模様

 読書と対話の会

「14歳からの哲学」を輪読しながら、
考えたことをとつとつと語る「読書と対話の会」。




一通り読んだだけではみえなかったことが
ポロポロと出てくるし、
なにより、来てくださった方の考えや
そう考えるに至った背景のようなものを伺えることがおもしろい。

誰かから答えをもらってスッキリすると
「ああ、いい話聴けたなぁ」と思ったりするけど
そのスッキリはその場限りのものだ。
覚えているのですか?
その「すっきりとわかりやすかった」話のことを。

もやもやは、なんとなくそわそわと落ち着かないし
なんとなく苦しくもあったりするけれど
そのもやもやこそが、「考える」とはどういうことか
を提示してくれているんだと思う。
腹が立つことも、ムカムカすることも、
飲み込めないからこそ、もっと咀嚼せよと言われているようなものだ。
考えるとは、細かく砕くこと。
数学でいうと、素数にまで分解してみせよという問題なんだと思う。
そうして考えたことって、自分のなかにずっと残りつづける。

「14歳からの哲学」は
生きていることの中にある素数が問いかけとなっている。

目次は

14歳からの哲学[A]

1 考える[1]
2 考える[2]
3 考える[3]
4 言葉[1]
5 言葉[2]
6 自分とは誰か
7 死をどう考えるか
8 体の見方
9 心はどこにある
10 他人とは何か

 14歳からの哲学[B]

11 家族
12 社会
13 規則
14 理想と現実
15 友情と愛情
16 恋愛と性
17 仕事と生活
18 品格と名誉
19 本物と偽物
20 メディアと書物

 17歳からの哲学

21 宇宙と科学
22 歴史と人類
23 善悪[1]
24 善悪[2]
25 自由
26 宗教
27 人生の意味[1]
28 人生の意味[2]
29 存在の謎[1]
30 存在の謎[2]



今、「死をどう考えるか」まで対話を続けて
感じるのは、この【A】で問いかけられていることが
メビウスの輪のように、ぐるぐるとつながっていて
永遠のループであること。
そして、おのずと自在に【A】の章の中を飛びまくらざるを得ないこと。

【A】に関しては、この対話を終わらすことはないなぁと感じている。
続けていこうと思う。


なによりうれしく、気持ちが落ち着いていられるのは
やっとこういうことを話せるようになったことだ。
そして、私だけではなくて
こういうことを話したいと思っている人が
自分以外にもいたんだなとわかったことだ。


きっと、そういう人は潜在的にたくさんいるんだろうなと思う。
「本当はさー」って話したい人。
で、その本当はさーの「本当」をもっと突き詰めてみたいと思っている人。

「14歳からの哲学」の目次をみて、
この題目について話したいと感じる方。
まずは本を手に入れて読んでみるということが条件ですが
ぜひお話しましょう。

あと、いっしょに「読書と対話の会」をひらいてくれている
齊藤さんが主宰する「えんたらいふ」という場もあります。
http://msentalife.wix.com/entalife




ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた宇宙の画像
5ba9109633bc32a94ff43d1bc2dbe84b.jpg
http://blog.goo.ne.jp/jiten4u/e/ec3c1483b9059c03f798a33db51983b1

132105469695413223275_4607668118_80935e6207_o.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2145261718083360901


なんとなく点在していて、あいまいだったものが
ある時、ぐぐっと距離を縮めて
一気にカタチをあらわす
ということがある。

きっと、そういう経験をした人は多いと思う。
ダイナミズム。

あの、一気にカタチをあらわす時って
なにがどのようにはたらいてるんでしょうか。

ま、知らなくてもいいけれど
「タイミング」ということばで言い表されたりするよね、そういうの。

学校に通うようになって、図書館に出入りしていたら
池田晶子さんの本とばっちり目があったあの瞬間のことを
とてもよく覚えている。

本とも出会いだと思っている。
多分、カードを繰るのと同じような感じ。
さーて、今日の一枚は? ならぬ、今日の一冊は?
本が並ぶ棚をざっと見渡して、
「今日はあるな」と思う。
本がじっとこちらをみているような気配。


その前から、若松英輔さんのテキストを読んだりする中で
池田さんのお名前はよく拝見していた。
若松さんのことは、能楽師でロルファーの安田登さんをツイッターでフォローしているのだけれど
安田さんのツイートの中に若松さんのお名前が時々出てきていた。




学校に通っていなくても、出会っていたかも知れないけれど
今のこの絶妙なタイミング。
なんですかね。
去年公開された映画「インターステラー」みたいに
本棚の向こうで、なにものかが主張しているのかもなーなんて思うぐらい。



学校に入って、直接得られたものもあるし
学校での学びが枝葉となり、またあらたな関心が呼び寄せられたこと。
受け身ではなく、探しにいくこと。探しつづけること。
私にとって、「学校に通うこと」で得られたものは
とてつもなく大きいことだった。


(宇宙の画像、きれいだけれど、正直言うとこれも「本当なの、これ」と
どこが穿ってみている私がいる。
でもまぁ、きっときれいであることには間違いはないんだろうなとも。)

0 Comments

Add your comment