Welcome to my blog

空模様

Archive: 2016年08月

 哲学プラクティス連絡会 第二回目

哲学プラクティス連絡会@立教大に今年も参加。哲学的なテーマについて対話で探求する実践的な活動全般を「哲学プラクティス」と称し、学会ではなく連絡会として、「哲学対話」や「クリティカル・シンキング」「哲学カフェ」などなどといった、すでに対話の場を持つ人、これから始めたい人たちが集って横のつながりをもっていきましょうという会。哲学「philosophy」とは、知、智を愛すること。「士希賢」(士は賢をこいねがう)と...

 詩と哲学と宗教、その間

言葉はラベリングだったり、枠だったり流れる川の水をすくう容器みたいなもの、この感覚をことばにしてみたいと思ってきた。以前にも、キャラメルと包み紙という形容で書いた。http://soramoyo.blog43.fc2.com/blog-entry-793.htmlキャラメルは包み紙におさまっているけれども包みきれなかったキャラメルが気になっていた。川の水をすくってみても流れている水とはまるで違ってしまう。あそこに流れている水と、この容器の中の水は...

 読書と対話の会「14歳からの哲学」

読書と対話の会、9月は3日、10時からです。「14歳からの哲学」という本は、「A」「B」「17歳からの哲学」という三部で構成されています。「A」は1 考える[1]2 考える[2]3 考える[3]4 言葉[1]5 言葉[2]6 自分とは誰か7 死をどう考えるか8 体の見方9 心はどこにある10 他人とは何かという章立てになっています。本には、これらの問いに対する答えは書かれていません。この本を読めばなにかがわかる、と...

 がん告知 疑似体験

ずいぶんご無沙汰していました。久しぶりのブログ、長文です。(結果から書いておきます。がんは陰性(ー)、内膜ポリープとの診断となりました)今年はじめぐらいから生理の不具合があって、3月にはそれがあまりにも顕著だったので病院に行かねばと思いながら、スケジュールをみているだけであっという間に日がすぎていった。とある人から「はやく診察を受けなさい」といわれて、6月のはじめにようやく受診。MRI画像で「悪性、腹...