空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

人と人、その間

8月の終わりから一週間泊まり込みでの病院実習、
そして、ほどなく高野山大学でひらかれるスピリチュアル・ケア学会への遠征、
さらに友人たちとの「考えるためのミーティング」を経て
通年実習のために山谷へ…
と、あまりにも濃密な半月だった。
その間、安保法案可決の報もあった。

記しておきたいことばかり。


病院実習は海にほど近い大きな病院でおこなわれた。
通えない場所だったので泊まり込みだった。
あの海の色とともに忘れたくない一週間だ。
春にも別の病院で実習はおこなわれたけれど
おそらく、先の一週間があったから今回の一週間がまた色鮮やかになった。

臨床コースを取得した面々にとって1年目の授業は、
グループワークが主軸になってくる。
生育歴を中心に、あたえられた時間の中で
おとなになった今でも気にかかっていることを話す。
その話したことを聞いたメンバーからは、
またそれぞれに感じたことをシェアされる。

それは決して、「話した人」のことではなく
あくまでも「聞いた人」の感じたことである。
何度も何度も、「あくまでもシェアすることはシェアする人の感じたことである。
他者のことではいっさいない」ということを念押しされる。

私たちはともすれば、相手から言われたことが
自分にとっていいことであればうれしくなるが
苦々しいこと、都合の悪いことを言われると、
相手から批評されたと思いがちである。

違うのだ。

あくまでも「その人が感じたこと」なのだ。
それは、私のせいではない。
また私を評価、批評するものではない。
その人がこれまでに抱えてきた何かに対して反応しているのであり、
その感じたことを伝えてくれたにすぎないのだ。
勘違いしてはいけない。

友人がブログに書いてくれていたことがタイムリーでおもしろかった。

あなたの口から出ることばは、すべてあなたのことを語っている。
誰かのことについて述べるときはとりわけ、そうなのだ。
ホドルフスキー



同じようなことを言ってると思うのだけど
こういうブログの方がわかりやすかったりするのかもね。
http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12075891603.html


何度も何度も、あなたはどうなのかを
スーパーバイザーから問いかけつづけられて
グループワークはすすんだ。


相手に照準を合わせがちだと、でてくる言葉は
「○○さんが××してよかったと思いました」とか。
これも読書感想文の弊害かとも思うが、悲しいかな、
「私はどう感じたか」「私はどう考えるか」
ということを奪われた教育が、日本ではスタンダード。
だから、善悪も相対的に考えがちである。
「私は本当はこうしたいけれど、先生も親もこっちがいいっていうしな」などは
最たるものじゃないかしら。
本当の自分の気持ちを置き去りにして
先生が言うから
親が言うから
友達が言うから
果ては
国がそう言うから
ネットの中で見たから
というのが「今」かもね。



自分が本当に感じていることを押し込めて
ここまで生きてしまったから
「あなたが感じたことを話してみて」と言われても
困窮するばかりである。

いいことしか言えない、みたいな(笑)

誰かがいいねと言ってくれることしか言えないとか
もしくは
困惑のあまり、怒りだしちゃうとか、泣いちゃうとか。

その時の心情を自分であぶり出していくのって
はじめはつらくもあるけれど
慣れてくると結構スムーズ。
私は「感情の因数分解」といったりしているけれど
こういう行程を何度も何度も繰り返して
もうこれ以上割り切れない、素数の感情を見出していくことを
「繊細」であると言いたいのだな。
(数学苦手だけれど、このあたりは結構好きだったな)

まぁ、そんなことをグループワークでおこないながら
病院実習も平行しておこなわれていく。
患者さんと相対したときの気持ちも吐露したりしながら。

グループワークのなかでできないことは
患者さんとの間にも起こり得ない。
とスーパーバイザーは言う。
いかに、ひとりひとりがグループメンバーと対峙しあえるか。
そのあたりが、
あなたはどの程度、人と向き合えるか
が問われるということなのだなと思う。

一方通行ではなく
こちらも生身をさらけ出すから
相手も向き合ってくれるってこと、ある。
大切なのは「事象」ではなく「感情」。
自己啓発セミナーとの違いは、そこだと思う。
感情的になるのではなく
自分の感情をどこまで見つめられるか、である。

泣いている 我に驚く我もいて 恋は静かに終ろうとする
俵万智



自分で独立して仕事をしていくのに際して「空」という屋号をつけるに至ったのは
松原泰道さんの「わたしの般若心経」という本だが
その中にも紹介されている一句。


(この本に出逢ったのは、もう20年以上前だけれど
当時、考えをあらためるきっかけとなった本)

感情に振り回される自分に驚く、もうひとりの自己の存在を
自分の中に発見する冷静な目
と本には書かれている。

感情的であること

感情をみること
は、まったくべつものである。

そんな「感情をみる」練習が、グループワークの中では
常に試されていた。

病院で出逢う患者さんは、
どうして自分がこんな病気にならないといけないのかと苦しんでいる方、
このままどうなるのかと不安に思っている方、
自身の死期を悟られている方、
自分のことのみならず家族のことを憂う方、
などなど、さまざまに想いを抱えている。
どうしようもなく重い話もある。
受けとめきれないような話もある。

けれども
話を聴く側が感情的になってしまうと、自分だけではなく
患者さんをも振り回してしまうことになる。

(とはいえ、今のところ、ううムリだと感じるような話は私にはない。
ドーンとこいや、ちょっとやそっとじゃ驚かんよという感じ。
ホント、人の話ではそうそう驚かない…)

だからといって、感情をまるで出さないのも
人として向き合ったことにはならない。

私のすべてでもって、その人と向き合う。
時には、厳しいことも言う。
泣いたりもする。
冗談いって、笑ったりする。
一緒に悩んだりする。
躊躇なく、あなたと向き合いたいのだ。


そのためには。
自分の感情の細部を、繊細に見つめていく必要がある。
感情的にならないよう
ただ、自分の感情を見つめるためだけに。
私にはこんな感情があるのだと知るために。
その感情の細部に、誰かと波長が合うものがあるのだ。
そうそう、そうだよ、私もだよといっしょに
笑う。
泣く。
悲しむ。


震災以降、「寄り添う」ということばが
とてもたやすく使われる。
また
人の話を聴くだけなら
私にもできる
という人がいる。

どちらも、容易なことではないよ。
むしろ、「待つ」とか「耐える」と言い替えてもいいぐらい。

人がはなすことの多くは、理不尽なのだから。
だいたい、生も死も理不尽なのだから。

それでも、人っておもしろいなと私は思うのよね。

「人間」の「間」とか、「human being」の「being」とか。
そこに含まれているのは、なんだろう。
そう考え出すと、人というものに興味が尽きない。

人と人の間に、自然とおこること
ということもあって
私は屋号に「空」と名付けたんだったな。



あっ。
病院実習の話をちょっと書こうと思っていたのに
また違う方向へ話がいっちゃった。
これは、これで。
実習での話は、また。
一旦、区切ることにする。

IMG_7374.jpg


ブログ長い、って言われたけれど
これぐらい書かないと「書いた」って気がしないもの。
書きたいことあふれてるので、書き出していく!
ひとまず思いつくままに。編集は後からいかようにも。

スポンサーサイト
Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

「強くある」とは

DSCF7277.jpg

システマをはじめて、1年がすぎた。
とはいえ、武道やってますなんて、とてもじゃないが言えないへなちょこさだ。

クラスに行く前はちょっぴりくじけそうになりながらも
(いろいろ苦手なことがあぶりだされるから。肉体的にも精神的にも。
でもこうしてみると、私、痛いこと好きなんだね〜)
終わった後は、やはりいってよかったと思うことばかり。


ここのところの世論と政治の動きについて考えることも
システマによって、明確になってきたように思う。
前回も「鎧を脱ぎ捨てる」と題して書いたが
もう少し、補足が必要。

今起こっている問題は、
・現政権への是非
・軍事力をもつことの是非
のふたつにわけて考えたいと思う。

私は、この国の政治は国民をまもってくれるものではないと
311の震災後に痛感した。
法案の可決時の状況もひどかった。
こんな政治の場で「みなさんのため」と言われても
まるで信用ならない。
説明も何度聞いてもわからない。
本当のことは説明できないからだろう。
とにかく現政権に対しては、ずっと「NO」を私は表明している。


軍事力をもつことの是非については
私の考えはまたすこし変わってきている。
もちろん基本的には、私の気持ちとしては前にも書いた通り
戦いのための力はいらない。


しかし、「強さ」とはなんだ?
と問うていくと、闇雲に「軍隊」はいらない
ということも言えなくなる。
軍隊というと違和があるが
「国としての強さ」は、必要だなと思う。

昨日、クラスを受け終わった夜に
つらつらとツイッターに書き出してみた。





未知であるから恐れる。
そして恐怖だけで身を覆ってしまい、
それが本当に起きた時には何もできずにたたずむしかない。
実際、対処法を知らないとはそういうことだ。
北川さんはさらりと「一回、殴られてみたらいいんです」という。

私もずいぶん殴られることに慣れた。
まぁ、実戦だとあんなものではないだろうけれど
フツーに殴られる。
処し方がわかれば、案外平気だということがわかる。
「恐れだけが推進力」、ではなくなる。



北川さんの本から引用する。

「健康な戦士は不健康な戦士を凌駕する」
これは「システマ」の基本的な考え方です。
ここで使われている「戦士」という言葉を
「スポーツマン」や「ビジネスパーソン」「主婦」などに置き換えてみるとどうでしょう。
どんな立場の人にも共通することがわかります。
身体と精神が穏やかであること。
それは人生のあらゆる局面において、大きなアドバンテージとなるのです。
だからこそミカエルはこう語ります。
「もし健康になれたならば、
多くの問題がありふれたつまらないことに感じられるでしょう」
システマは、ロシア軍特殊部隊の将校、ミカエル・リャブコが創始した軍隊武術です。
(略)
まず初めに興味を持ったのは、武道愛好家やセキュリティ関係者達です。
エポックメイキングで効果的な護身術として注目されたのです。
ですがシステマの全貌が明らかになるにつれ、システマに対する認識が少しずつ変化してきました。
システマが「戦い」という局面を超え、人生全般の力となる巨大なシステムであることが
理解されるようになってきたのです。

システマとは、用いるものに何かを付け足すものではありません。
その代わりに、その人自身の力を引き出すようにします。
なぜなら、どれだけ恵まれた環境であっても、
用いる人の状態が良くなければ結果を出すことができないからです。
システマで養うもの。これを一言で言うならば「健康」です。

システマはサバイブ、つまり生き延びることを目的として作られたシステムです。
ですから、健康とはより確実なサバイブを実現する条件ということになります。

身体を通じて積み重なった地層の下に潜む、本来の動きを発掘するのです。
誰もが本来、自由闊達にのびのびと動く身体を備えています。
では何がそれを妨げてしまっているのか。
それを見極めて、取り除いていくのです。

システマのトレーニングで目指す、快適でなおかつ心身ともに自由闊達に動く状態。
これを一言で言うならば「ニュートラル」です。
この言葉には大きく二つの意味が含まれています。
一つは「バランスのとれた偏りのない状態」。
そしてもう一つは「本来あるべき自然な状態」です。
身体において、これら二つが別個に存在することはありません。
健やかな状態であれば、自ずと両立するものなのです。
つまりバランスと自然とは一つのものなのです。





国が強くあるとは、国が健やかさをもっていること。
国が健やかであるためには、国の民ひとりひとりが健やかでなくてはね。
今のこの国は、とてもじゃないけれど健康とは言えないよな。
ながくかかるだろうけれど、健やかさを取り戻すためには
ひとりひとりが考えることだよ。


私は、中東の動きの方を懸念している。
今年1月から2月にかけてあったことが忘れられないの。
http://mainichi.jp/select/news/20150911k0000e030219000c.html
http://news.livedoor.com/article/detail/10581963/
http://mainichi.jp/select/news/20150918k0000m040136000c.html


【追記】
こないだ、アメリカ帰りの友達と話して「どの国も軍隊もってるよ。海外から見てると日本が弱く見えてしようがない」と言っていて、衝撃をうけたのだけれど、その衝撃によって私も考えることができました。軍はいらない世になるのがなによりの理想ではあるけれど、「人」のいろんな面(決して清廉だけではない)を知っていくと、自分をまもるすべは必要だと思うの。かたくなにならない、リラックスする、も「まもる」ことになる一つだと知っていくことがシステマのおもしろさでもあるかな。

人と相対するのって、相当の覚悟が必要。人と向き合うのって、大変。「待つ」ことができることも、強さの一つ。この一年でみたものをつらつらと考えると私の中で「強くある」って、「人とはこういうものだ」とわかること、同時に「人はわからないものだ」とわかることも、そのひとつだと考えるようになりました。

そして、最後に。
私は「憲法9条」の精神を保ちつづける意志を持っています。
「争うこと」と「つよくあること」はべつものです。

Category : spirituality
Posted by チエ on  | 0 comments 

鎧を脱ぎ捨てる

友人達と月に一度、「考える第一歩」的なグループワークを6月からはじめている。
昨日のことがあった今日は、やはり安保法案に関すること。
私も昨日はこの法案について別の友人と話したことで
もやもやしていたことがあったのでタイムリーだった。
昨日は、いまひとつ話しきれなかったことをあらためて考え直した。

IMG_7504.jpg


そして、今回にまつわるいろんな人の話の中で一番響いた、
SEALDs奥田くんの公聴会での話をみんなで輪読してみようと思い、コピーして持っていった。
http://www.bengo4.com/internet/n_3690/
目で文字をざっと追うのと、声に出して読みあげるのとではまるで違う。
あらためて自分の声で読んでみて、肌にぞわりと波が起きていくような感覚があった。




「どうかどうか、政治家の先生たちも、個人でいてください。政治家である前に、派閥に属する前に、グループに属する前に、たった一人の個であってください。自分の信じる正しさに向かい、勇気を出して孤独に思考し、判断し、行動してください。みなさんには一人ひとり考える力があります。権利があります」


ここに、しびれる。

個人であること。
孤独であること。
繊細であること。

先日の病院実習のなかでも、とつとつと考えていたことだった。

自分のこととして考える。

善悪は、相対的なこととしてとらえていくと自分に中心がなくなり、
なにがただしいのかよくわからなくなってくる。
時代とともに「これがただしい」「あれは間違っている」といったことは変わってくる。
そのうつりゆく善悪規定に照準を合わし続けていくと、
さまざまにおこってくる問題も「人それぞれだしね」といったことばになったり、
「むずかしいよね」で終わってしまう。
でもそこで終わってはいけない。
ならば「私」はどうなのだ?
人は○○というかもしれないが、では「あなた」はどうなのだ?

私という、あなたという、「個」の話を聴かせて欲しい。




私は、究極的には軍備強化は必要ないと考えている。
前後も顧みず闇雲につきすすんでいった先の大戦の果てに原子爆弾を落とされたこの国は、
永遠に戦力を放棄すると憲法九条のもと、戦下に倒れた人々にも誓ったはずである。
たしかに70年前はそうだった。
でももうあれから世界情勢も変わってきた。

不穏な動きを見せ続ける中国や北朝鮮など、近隣国から攻め入られたらどうするのかという声もよく聴く。


もう徹底的に非力でいるように見せ続ければいい。
この国にはなんの力もないのだとない袖を振ってみせればいい。
最初はバカにされるかもしれない。
けれども、私たちは「戦わないことを選択し続ける」という姿勢を見せ続けていれば、
あの国はそういう国だとみなされていくのではないか。
でも、それは弱さではない。むしろ強さに変わっていく。
「戦わないことを選ぶ」ことが私たちの誇りとなっていく。

夢物語といわれるかもしれない。
でも、学生時代にクラスにいた、
誰から何を言われても手を出さなかった男の子の強さを私は覚えている。


今はみんなが「戦争はいやだ」と言っている。
けれども、相対的な善悪に身を委ねていると
「しようがないわね。戦争するのは」という話になっていってしまう。
前の戦争だってそうだっただろう。

私や、あなたの中にある「個」はどう感じているのですか。

私は争うのは本当にイヤなので、「戦力はいらない」と言い続けたい。
諸国から「おまえんとこだけやぞ、軍隊ないの」といわれたとしても
「金だけ出すんやなくて、人もだせや」といわれたとしても
「私たちは、70年前に決めたのです」と言い続けたらいい。
「腰抜け」といわれようが、あざ笑われようが
「そんな力ないんで。あの戦争で亡くなった人たちに約束しました」
とちからをぬいて言えばいい。
そしてアルカイックスマイルで微笑みかけたらいい。
不気味な民の集まりだ、でいい。
不気味だけれど手を上げてくることはなさそうなので、
そっとしておこうと思ってもらえたらさいわい。


さらに言えば、今のこの国が国民を守ってくれると思えるのか。
先の大戦でも、兵士達の末路を知れば知るほど、無謀な計画ぶりが浮かび上がる。
ひどい有様だった。
今はあのときと同じ失敗はしないというだろう。
そうだろうか。
あんな茶番で法案を押し通したことを見れば、
本当にこの国の民を守る気があるとは私には到底思えない。

ひとつもりあがってくる筋肉をつければ、もっともっととなってゆくだろう。
軍力とは、ライザップのCMで見られるようなものだ。
あれはただの鎧だ。
強いフリをしたいだけの鎧だ。

未知だから、わからないから、ただ恐れる。
恐れや不安が疑念になる。
それがなんなのか、どういうことなのかを知ること。
そのうえで対処する術を得ていくこと。

悩むのではなく考え続けること。
「私」が感じていることに、耳をすませ続けること。


まずは自分で試していく。
私がここに書いたことで、批判を受けるかもしれない。
そこで私はどんな反応を示すのか。
嘲られても罵られても、私は非戦を選び続けられるか。

そうである私であることを、私は考え選び続けていく。

友人達とも、何度も話を続けていきたい。
今日も話をすることでずいぶん励まされた。
それぞれの「個」に、しなやかな強さを感じている。
繊細であるとは、傷つきやすいという意ではない。

小腸の腸絨毛のように、
肉眼でみえず、ささやかであるようにみえても
その表面積はひろく、一時に多くの食物が同時に消化、吸収が可能となる。

こまやかに、しなやかに、強く。
この時代を生きていきたい。






Category : spirituality
Posted by チエ on  | 0 comments 

スピリチュアル・ケアとは、なにか。なんだろう。

私が今、学校でまなんでいるものは
「グリーフ・ケア」「スピリチュアル・ケア」と名付けられている。

「グリーフ」とは悲嘆。
日々の生活の中には「誰かにこんなこと言われた」とか
「落とし物やなくしものをしてしまった」など小さな悲嘆はさまざまにある。

大きな悲嘆は、重病を抱えたり、自らの死期を目前にすることだったり。
また愛する人に先立たれることだったり。
老いることだったり。
生きることさえも苦しみだと感じている人もいる。
私もそうだったな、と思う。


そのような状況にある人たちは身体的な苦痛や心の苦痛を超えた苦痛に苛まれる。
それはそれまでに経験のない痛みである。
そうした嘆きや痛みに対応し、緩和するものがグリーフケア、スピリチュアルケアと言える。

グリーフもスピリチュアルも、日本では浸透しにくいことばで、
そのケアをまなんでいると言ってみても、理解されにくい。

「スピリチュアル」ということばは、日本ではなにか特別なものだったり、
胡散臭いものという捉え方もされているように見受けられるので、
さらに使いにくいことばである。
私自身も、他者に発する時には非常に慎重になる。

スピリチュアル、スピリチュアリティ。

もとはもとはラテン語のspiritusに由来し、息や呼吸を意味する。
泥(アダマー)に神が息を吹き込むことにより、人間(アダム)が創造された
と旧約聖書「創世記」では述べられており、
神という大いなるものによって生かされているというのが、
いわゆる「宗教(多分にイスラム教、キリスト教などに代表される創唱宗教)」に生きる人の考えである。

一般的には「霊的な」「精神的な」という意味と解釈される。
おそらく日本語としては、「こころ」といってもいいと私は思っている。
「魂」ともいえるかと思う。

では、こころとはなんだ?魂とはなんだ?
私には「そうなんだろうな」と確信していることがある。
私が確信していることというだけで、それが正解というわけではない。
それがなんなのかはここでは記さないが、
みなさんに問いかけることで、ひとりひとり考えるきっかけになればと思う。

魂を癒すこと、痛めてしまったこころを慰めること。悼むこと。
ことばで捉えられるほど生易しいものではない。自分自身の全人格が問われる。

スピリチュアルケアって何?
「痛みから遠ざかったり、痛みを消し去ってしまおうと闘いを挑むのではなく、むしろ、痛みに接近し、まさに【魂の発信する叫び(メッセージ)】に周波数を合わせ、聴き受け止めようとする姿勢・あり方、非常に忍耐のいることですが、ここに、スピリチュアルペインのケアのポイントが凝縮されているように思います」



今を生きる人々すべてに必要なことだと私は思っている。
ケアされること。
「そんなん必要ないわ」と思っている人にさえも、
直接のアプローチはせずともひそやかに届きますようにと祈っている。

なので、こういう発信を時々していく。

私がグリーフケア研究所でまなぶようになってからのこと、
そして先日おこなわれた病院実習でのことも、
相対した事例については書き出せないが、
私個人が感じたことをまたあらためて書き出していこうと思う。

IMG_7358.jpg
実習をさせていただいた病院の窓から。初日からしばらくは雨が続いた。

Category : spirituality
Posted by チエ on  | 0 comments 

舟越保武彫刻展 まなざしの向こうに

IMG_7401.jpg

舟越保武彫刻展、なんとか展示最終日に間に合った。
舟越さん、練馬で暮らしていた時期があったなんて知らなかった。
展示は年代を追うように構成されており、
舟越さんの想いが重ねられていくのを感じた。
脳梗塞を患われた後はとくに、それまでの滑らかさを表現できなくなった分
むき出しの生々しさ、猛々しい叫びのようなものが、私のからだにも力強く響いた。

「ダミアン神父」と「原の城」像の前ではしばらく立ち尽くしてしまった。



長崎に行ったおりには26殉教者記念像を何度も見ていたし、
デッサン展も見に行ったりしたが、舟越さんの彫刻のごとく感触があまりになめらかすぎて、
これまではひっかかりを感じてこなかった

でも、今日は違った。
これまでの私は舟越さんの彫刻を表面でしか捉えていなかった。

実習の中で、やっと私のなかにある大切なものを表現し得たからだと思う。
それは、神とか仏とか愛とか心とか、
魂とか霊性とか、宇宙などと言い表せるようなものたち。

「あけわたす」ということばが浮かぶ。
私にできることはもはやなく、あとは身を委ねるだけ。
あなたのよきように、私をお導きくださいと
細胞のひとつひとつから、天を仰ぎ見るよう。

崇高ということばさえ陳腐。
ただただ、こちらの醜さを見透かされるようで
からだから魂を飛び出させて、
ダミアン神父に取りこまれ、ぐるぐると洗濯されたい。

私のからだは器であり、魂はその器を棲処としている。
私の霊性は、舟越さんの像が水のごとく湛える霊性と水和する。
私は舟越さん仲介のもと、ダミアン神父と出逢っている。

美術館内に響く音は無となり、静寂がひろがった。
美術館が静かになったわけもなく
あれは、私がなくなった瞬間だった。


【舟越保武 彫刻展 /練馬区立美術館 より】
価値観が多様化し、身勝手な主張が繰り返される現代、私たちは静かに思索し自分自身と対話することや、他者への思いを巡らせることが希薄になってはいないでしょうか。舟越もそうした時代にあって、生涯「静かなもの」を大切にしました。その思いは宗教的なテーマや女性像ともあいまって彫刻作品という形を結び、まさに聖堂内の彫像のように静かに佇んで、見る者の意識を深く内面へと導くかのようです。

舟越は「静かなもの」と向きあってきた。「静かなもの」を求めることは自らを省みる姿勢と似ている。予めの形や概念から作品を表現するのではない。自身でもはっきり名付けようのないものを意識し、それは何かと問うところから制作を始める。舟越は自身に見える世界を彫刻で表現しようとした人だ。石から掘り出された女性像のまなざしの向こうには、そうした世界が広がっているのかも知れない。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。