空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

論理的ではなく、それはだめだ、とただ感じること



当時のSNSは新聞か。
そして、こんな番組をつくることのできた時代もあったNHK。
そんなに昔ではないのにね。
ずいぶんと、様変わりしたものだ。


原水爆実験禁止は日本の母親たちの署名活動が実を結んだものだと聞いた。
うちの母親も、この署名活動に参加したと言っていた。
そんな話は311の震災のあとに初めて聞いたので、びっくりした。
それまで、母がそういうことに多大な関心を抱いていたことも知らなかった。



(東京都多磨郡48歳)
「原爆の灰がいつなんどきふってくるかわからない世の中だもの。
何が起きたって仕方がないよ」
夫は新聞を読みながらそう言う。
「原爆をつくることをやめれば」
私がそう言うと
夫はあきれかえったように私をながめていた。
「仕方がない」といいながら
怒ることも驚くことも忘れている夫の
無力なあきらめを私は軽蔑した。

(横浜市南区28歳)
男性たちを軽蔑したまま放っておかず
逆に辛抱づよく励ましていこうではありませんか。




15日の国会での辻元さんの質問は脳天からシビレが来た。
実にただしいと思った。
閉会間際の辻元さんが感情的になっているのを見て、
揶揄している人の言うことを、私は信用しない。
だいたい、今回のことに関せずとも、
ただ遠巻きに見て非難しているだけの人のことを、私は軽んじている。

おんなの、論理的ではない「なんかいやだし、こわいし、やめて」という感覚は、
子を宿し、産み育てる本能的なものであり、
おんなの間でそれは直接話さずとも、共有しあえる感覚かもしれない。
私は、これまで妊娠出産を経験していないけれど、わからなくもない。

SNSの発達でそれが時に過剰になりすぎている部分のあることも否めないし、
私は分析型傾向があるので、時として女の感情的な部分を鬱陶しく感じることもある。
鵜呑みは嫌いだ。自分で咀嚼したい。
現代は、情報の取捨選択が必要だとは思っているけれど。

でも今日のような、あんな強行はやっばりダメ。
黙っていられない気持ちは私もおなじだ。

時代が変わり、手段は変わっても、
きっと、「それはだめだ」と感じるおんな(肉体的性差ではなく)のこころや、
その魂、精神は変わらないんじゃないか。

辛抱づよく、はげましあっていこうではありませんか。
互いに。

スポンサーサイト
Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

サロンと哲学対話

マッサージの仕事をさせてもらう場、
その小さな店舗空間を「サロン」と言ったりするけれど
いつもなんか違うなぁと思って、口ごもったりしていた。
まぁ、そんなこんなもあり、
私はマッサージの「サロン」という形態には馴染めなかったわけだ。
屋号は「空 くう」だしな。サロンじゃないしなという
誰に言うでもないのに
言い訳じみたようなことも思ったりしていた。




IMG_7139.jpg

けれども、ここはさ、
この空間はさ、
「サロン」って言っていいんじゃないのと思う。
ああ、昭和のかほりがするね。



昨日は、ここで
「14歳からの哲学」をもとに読書と対話の会を。

私が以前書いたブログから、
練馬で哲学対話の場をひらいている齊藤さんがお声をかけてくださった。
http://msentalife.wix.com/entalife

鷲田清一さんの本から、哲学カフェの存在を知った。
東京でも開催されているのかしらと調べてみたら
思いもかけず、こんなお近くにいらした。
なかなかタイミングがあわずだが
哲学対話、一度だけ参加させてもらった。


学校でもグループワークとして対話したりする時間があるが
私はもっと、小さくも大きな話がしたかった。
その小さくも大きな、素数のようにもうこれ以上割り切れないその「コトバ」
の網羅されている本が
「14歳からの哲学」だった。
これもまた、やっと出会えたと思った。


目次

 14歳からの哲学[A]

1 考える[1]
2 考える[2]
3 考える[3]
4 言葉[1]
5 言葉[2]
6 自分とは誰か
7 死をどう考えるか
8 体の見方
9 心はどこにある
10 他人とは何か

 14歳からの哲学[B]

11 家族
12 社会
13 規則
14 理想と現実
15 友情と愛情
16 恋愛と性
17 仕事と生活
18 品格と名誉
19 本物と偽物
20 メディアと書物

 17歳からの哲学

21 宇宙と科学
22 歴史と人類
23 善悪[1]
24 善悪[2]
25 自由
26 宗教
27 人生の意味[1]
28 人生の意味[2]
29 存在の謎[1]
30 存在の謎[2]




昨日は、そのはじまり。
まずは、ここに到る経緯などを互いに話す。
初対面ではないけれど
ほとんど知らない同士、
それでも、話は数珠のようにつながってゆく。


目次にあるような、「そのこと」について話をしてゆく時に
私にとって避けがたいのは、これまで生きてきた私自身の歴史の話。
そこを話す時には、すこしばかりひっかかりのある箇所がある。
もはやそれは、なんでもないことであるはずだけれど
どんな顔をして話していいかわからない時がある。
あ、これは気づいたなかった、忘れていた私だと思う。
もう一度、私に出会い直す、ということかもとも思う。


これから、ひとつひとつの章ごとに
ひとりで読んで、声に出してみんなで読んで、
それについてどう考えるかを話していく。
これから、どんなことばがでてくるだろうか。

私は、あらためて何を思い出すのだろうか。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。