空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

永遠の0

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


著者の発言にまるで賛同できずにいるため
本の購入は選択肢になく
図書館に貸出申込をしたのが確か去年の年末。
ようやく順番が回ってきて、拝読。

この作品がどうしてこうも話題になるのか
知るには、読む必要がある。

読んでみて、多くの人が手にとる理由はわかった。
私は泣けなかったけれど、ここは泣くよなってシーンがたくさんある。
エンタメ小説家と御自身で称しておられる通りに、涙必至場面盛り込み。
その涙は「感動」ということばとともに伝播される。

登場人物たちの意識が変化して行く様が、よく読み取られるし
本を読んでいる人の気持ちも同調しやすい気がする。

ハードカバーだと上下巻だっけ。
文庫本だと2センチほどの厚さになる。
分厚いライトノベル…。

証言する人たちがするするしゃべりすぎなんよな。
ちょっと滑らかすぎるし、軽すぎる。
その時の情景を思い出しながら話しているという感じではない。
話をする人の表情、間合い、場の空気感を読み取ることができない。
かなりたくさんの人が証言者として登場するから、
そこに個性をもたせるとさらに分厚い本になってしまうかなぁ…。


著者は、「この小説でもって、特攻を断固批判している」と言う。
確かに特攻を否定する場面も、
大本営のいきあたりばったりな作戦の無謀さを批判している場面もある。

けれども、この本から私が一番強く感じるのは
「戦争で亡くなった人は、私たちのために死んだんだ。そこを讃えよ」ってこと。
あかんあかん。
いや、そこはものすごいジレンマやけど、すり替えたらあかんのよな。
彼らが遺したものをみると、そりゃもうひれ伏したくなるけれど、
その崇高さは公に讃美されるものではないと思う。




NHKに「戦争証言アーカイブス」というサイトがある。
元兵士や市民など戦争体験者の証言を集めて公開している動画サイトだが
その番組を制作した太田氏はこう語っている。

「ミッドウェー海戦の敗北やカダルカナルの壊滅などを軍部は正視しなかった。
ある種の精神主義や楽観的な見通しに基づく作戦で失敗を繰り返し、
修正されないまま敗北を重ねていったことが、兵士たちの証言からも分かる」。

日本の戦争は同じ失敗を何度も繰り返していた。
太田氏はいまを生きる日本人も、戦争という大きな失敗体験から学ぶ必要があると語る。
高齢化する戦争体験者「伝え残したい」 NHK戦争証言アーカイブス・プロデューサーに聞く(上)

自分ならどうする? 戦争の「リアリティー」 NHK戦争証言アーカイブス・プロデューサーに聞く(下)


この本に関しては、本当にいろいろな人が感じたことを
ネットの中にあげておられるが、私が納得したのはこの記事。
『永遠の0』の何が問題なのか?

そして、関連記事としてこれをあげておく。
国内問題として首相の靖国参拝を考える




戦争で亡くなった方々に対しては、
高揚しながら「ありがとう」と讃辞を述べるではなくて
沈黙して「ごめんなさい」とこうべをたれるしかない。

「戦争証言アーカイブス」を見ると
決して「感動」などということばはでてこない。
小説の中にでてくる
宮部久蔵の行動はかなしくて美しい。
だからこそのジレンマだ。


小説を読んで「感動した」という方には、
ぜひとも見ていただきたい。
http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/

小説の中でのおもな証言は
ガタルカナルでの戦いと特攻についてのものだった。
関連する動画のリンクを貼っておく。

[NHKスペシャル]ドキュメント太平洋戦争 第2集 敵を知らず己を知らず ~ガダルカナル~
http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001200003_00000


[証言記録 兵士たちの戦争]重爆撃機 攻撃ハ特攻トス ~陸軍飛行第62戦隊~
http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001210028_00000

亡くなった人は讃美されて、生き残った人々は国賊と呼ばれる。
そんな理不尽を、すり替えちゃいかんのよ。

この本を読んで、戦争についてはじめて知ることになるならばいいと思う。
けれども、涙を流してすっきりして「感動した」で終わるなんて、ない。


スポンサーサイト
Category :
Posted by チエ on  | 0 comments 

特別ではなく、ふつうだと言えること

10313350_1005857876096061_8970334524605931868_n.jpg

夏休み。
気功の映像を撮りました。

風にたなびくまだ瑞々しい初秋のすすき、
流れる雲、時折顔を見せる富士山、
光を受けて輝く湖、
なんとも最高のロケーションで。



からだへのアプローチはさまざまにあるけれど
どれもこれも本質的には大差ありません。
「分けのぼるふもとの道は多けれど 同じ高嶺の月をながむる」
どこから月を眺めるのが好きか
ということだと私は思っています。

かんたんで、やさしくて
表向きにはかすかな動きなんだけれど
内側はダイナミック。

私が先生から教えてもらった気功は
おなかのなかから、むねのうちから、ふわりと花咲くごとく
かすかな快感をからだでかんじられる動きばかり。

しあわせ、とは。
「さきはひ」と古語ではいい、咲く+はひ。
「はひ」とは永く続くさま。現代の言葉で書くと「延え」です。
花盛りが長く続く様子。
花があふれ咲き満ちている状態なんて、
なんと躍動感にあふれたことばでしょ。

「豊かさとは、
“ちょっと・少し、わずか・かすか・ほのか、ささやか・こまやか…”
というようなことを“さやか”に感じる能力から生まれる」
と野口三千三さんはおっしゃいました。
気功も、からだのなかに、このからだを動かすチカラが働いていることを感じる時間だと思います。



そんな簡単なことでなにが変わるの?
と思うような動きですが
続けることで培われる力は
「立つ」「歩く」ことにつながっていきます。

ふにゃふにゃのあかちゃんは
もぞもぞとからだを動かしているうちに
少しずつ立てるようになっていきますが
あのもぞもぞとかはいはいの動きが
あかちゃんにとっての筋トレ。
おなじことをし続けていられたのならば、
わたしたちももっとやわらかくいられたのかもねー。
まだ立てないあかちゃんのいる人は、
最高の師匠がそばにいることになります。


ごくごくあたりまえにできている
「立つこと」「歩くこと」は
例えば、書道でいえば
横棒、縦棒、はらい、しんにょう(之繞)というような
基本的なこと。
これがなければ応用もありません。

「立つ」「歩く」ためには、がんばってはたらいてくれる筋肉があるわけで
この筋肉のはたらきこそが、わたしたちをいかしているいのちの力といっても
過言ではありません。
(もちろん、それ以前に、うごくためのエネルギーをうみだす酸素や
食べ物から取り入れる栄養素もおおきなちからではあります。
言い出したらきりがないほどに、わたしたちのいのちは
さまざまな方面から支えられています)
立たせてくれている、歩かせてくれている筋肉は
表向きの筋肉ではなく、深層の筋肉。
まさしく陰の立役者です。
ここの存在を忘れて、私たちは何気なく動いていますが
なんといっても、からだも組織ですから
ここへ意識をむけることで
「私の存在を忘れてなかったのね」と
やる気をだしてくれるようになります。

会社のなかで、だれがやってもいい仕事だとばかりに
ぞんざいに扱われるとイヤな気持ちがして働きたくなくなりますが
自分が社会で感じていることと、からだの各組織もおなじこと。

スピードが要求される時代ではありますが
でも、この私たちを立たせてくれる筋肉は
はやい動きだと使われないんですよね。

ゆっくり、じんわり
とうごくことで培われる筋肉です。

太極拳や気功が年配の方によいと言われるのは
そのあたりのことが理由。

そして実際、最近デイサービスの仕事に行きはじめて
感じていることですが、この訓練は
歩けなくなったり、立てなくなってからはじめても
ちょっと厳しいということ。
できれば、もっとはやくに
まだまだ自由に動けると思っているうちに
はじめたいことです。

介護予防という意味では、
40代から、養生していきたいところデスネー。

でも、ある程度負荷がかかっていないとやった気がせず
ハードルをあげた結果、
まるで続かないということが往々にしてあります。

立つための力は、東洋医学で言うところの「腎の気」。
生命力そのものを言います。

一回の大きな刺激よりも
毎日続けることで得られるさやかな喜びを。
一日5分でも続けられることを
と思って、撮影してきました。

これから編集して
いつ出せるかわかりませんが(笑… 11月初めにはと話しています)
またできあがって報告できる日を楽しみにしています。


10543648_1005857899429392_8480511528136593603_n.jpg

10615959_1005858086096040_4667672783327320668_n.jpg




マッサージをはじめた頃、
ちょうど15年前ぐらい前に
「聴いて、すごいから」と友人からこの曲のはいったCDを受け取りました。
それからもうずっとずっと、大切な一曲。
聴くたびに泣けるぐらい。


https://www.youtube.com/watch?v=4xFbPGlRo-8

旅のなかで、この歌を唄う人に会えました。
ごはんまでごちそうしていただいて。
この曲に励まされ続けてきたことも伝えることができて
私にとって、忘れられない一日となりました。

本当に、ずっとずっと励ましてもらった曲だから。



すごいのはこの歌で
これを「ふつうの唄」と歌えるのが、私のなかで感涙ポイント。
「特別」ではなくて、「ふつう」であると。

レサムピリリ、ふつうの唄、続けて聴くと、
この地でうけつがれつづけているみえないものにふれる心地がします。
鼓動にふるえる、わきたつ、あふれる。

あまりにもあたりまえにふつうにありすぎて、
あえてとりださずにきたものたち。
対象は、いつも私たちが気づかなくてもそこここにありました。
偶像でもなく聖者でもなく。

愛とは、そういうものを言うのだと
あえて「愛」と言わずとも
響きあい、存在するものだと
この日のことが、私に伝えてくれたと思っています。

ああ、私のなかで15年は続いていた旅がこの日
ひとつ終わったなと感じました。


水に感応しやすいのですが
富士山の周りの水、すごかったな。



Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

わたしの泥

10561581_1005979526083896_4670822310365486552_n.jpg


流しているようにみせて
気にしていないようにみせて
じつはものすごく
とらわれて
もがいて

どうしてわかってくれないのと求めてばかり
相手に変わることを望んでいたり
わたしの方がただしいんだと思ってきた

てばなすってかんたんなことじゃないね
拭えない、抗えない

わかってるんだけどね
むずかしいのよという
わたしの泥


ままにならない
ヘドロのような感情が
わたしにあることを
そして、それがなくなるようにと
うごいてきたけれど


40年もかけて学んだものは
その存在を認める、ということだった






Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

京都スケジュール

IMG_6193.jpg

暑い夏にパクチー。
写真見ているだけで食べたくなります。

◎京都スケジュール

5ヶ月ぶりに京都へ戻ります。

ご都合の合う方、
お会いしましょう~

8月30日 午前予約済 午後5時 脱力乃回
8月31日 予約可
9月01日 予約済
9月02日 予約可 
9月03日 予約済


大変申し訳ございません。
東京で、うけたいと考えていた講座があり
その開講日が9月1日だとわかりました。
急遽、予定を変更させていただきました。

施術の予約は埋まっていますが
脱力乃回は受け付けています。

次に京都に戻るのは
年末になります。
少し余裕をもって帰る予定です。
またお会いできますように…。



◎脱力乃回@京都の空

日時   8月30日 午後5時〜 
参加費  2000 円
参加可能な方、メッセージくださいませ〜。




◎練馬気功のひろば

・2013年8月24日(日)    
午後3時から5時まで

予約は不要です。
お気軽にお越しくださいませ。
詳細はこちらです。
http://slowbodyqoo.blog110.fc2.com/




マンツーマンで気功教室開催しています。
赤ちゃんづれでもだいじょうぶ。
http://soramoyo.blog43.fc2.com/blog-entry-684.html
メールフォームからお気軽におたずねくださいませ。


Posted by チエ on  | 0 comments 

「Martial art」「Healing」「Dance」

コンタクトインプロヴィゼーションというダンス
に出会った時に、武道とダンスは紙一重であるな
と感じたんだけれど
ここ最近みかけるさまざまな方の書き込みからも
武術と舞踊と治癒
が融合しだしているなと感じます。

漢字で書くといかついけれど、
「Martial art」「Dance」「Healing」
と書くと、そのつながりを見いだすのは
もう少し容易かも。

根本はおんなじ
そうと書くと、以前なら「それは乱暴だ」
と言われたり、自分でも思ったりもしたけれど
それはとらえているもの、見ているものが
表面的であったり部分であったりするからのような気がする。
直視はせずに、ものすごくどっぷり深く、幅広く、みていけば、
根本はおんなじとしか感じられないの。
根本、というよりもっともっと根源的なもの。

「わけのぼる ふもとの道は多けれど 同じ高嶺の月を眺むる」

一休禅師の句らしいけれど、ガンジーのことばとも通じるよね。

「道は違えど、どの道もやがて頂上に辿り着く。
世界の人々が目指すものは一つなのだから」

私もそうずっと思ってる。


「一つじゃないよね」「おなじじゃないよ。違うよ」
って言う人もいるけれど
この感覚は、もうことばだけでは説明しようがないな。
ことばにするとまだまだ陳腐。
こう書きながらその昔「Oneness」と言われて
違和を感じたりしたことを思い出します。
(Onenessとは、ニューエイジたちのいう
うつくしいものだけを集めた世界ではないのです。)

けれども、なんとかそれをことばで表現したい
というのが、私にとっての挑戦なのであります。

同じだけれど、見かけは違う。
だから、その違いを楽しめるのです。


Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。