Welcome to my blog

空模様

Archive: 2014年05月

 「樂」にみみをすます

「井のいち」のポストイベント「みみをすます」に参加した。耳先案内人は津田貴司さん。http://hoflisound.exblog.jp/数年前から、気功やマッサージの時に流す音は津田さんのつくったものを使っている。ここでこうしてお会いできてうれしい。朝7時、氷川神社に集合して石神井公園内にある三宝寺池のまわりを耳をそばだてながら歩いた。おおきな音、聞き取りやすい音は追いかけずにその奥の方にある音に耳をすませる。風によってこ...

 マンデラ 自由への長い道

「マンデラ 自由への長い道」を公開初日に見に行く。映画の初公開は2013年11月28日 。ネルソン・マンデラは12月5日にこの世を去りこの映画は奇しくも追悼映画となった。「アパルトヘイト」ということばを知ったのは小学校の授業だったのか、中学校だったのか。南アフリカでは人種差別が行われているということは、とにかく学校で教えられるのだけれど「人種差別」って、具体的にどういうことなのか案外、ピンときてなかったと最近...

 そこにたたえる水

東京にきて、まるまる4年がすぎた。もう4年か、まだ4年か。どっちの感慨もある。いまさらながらおもしろいなと思うのは関西に住んでいる時も神戸、大阪、滋賀、京都と移り住んだけれど地理的な不安を感じたことはなかったということ。こどもの頃から、地図を見るのは好きだったしたとえば、滋賀に住んでも、京都に住んでもなんとなくの地理を把握していた。東西南北を知って道を行けば、目的地にたどりつくということを、あたりま...

 ヴェニスの商人

遠藤周作さんの「沈黙」を読んで以降、長崎におけるキリスト教伝来から迫害の歴史を追い、いまはヨーロッパを中心とした、世界各地におけるキリスト教がもたらした暗い歴史をすこしずつ見ている。先日、ゆきさんから借りていたDVD「ヴェニスの商人」を見た。こどもの頃に読んで以来で物語のあらすじはなんとなく覚えている程度だ。高利貸しのシャイロックはアントーニオに金を貸した。返せるはずだったアントーニオの借金は不幸に...

 医は仁術

http://ihajin.jp/ようやく行けた、科学博物館開催の「医は仁術」展。見応えがあった。医療に携わる人はもちろん、「健康」「養生」というキーワードになにかしらひっかかる人たちにもみてもらえるといいと思う。ここ最近、長崎の歴史を追う機会があった。江戸時代、日本ではキリスト教禁令が敷かれ、鎖国政策がとられた。それは、単純に一宗教を排することだけではなかった。他国の思惑にはのらないという意思のあらわれでもあっ...