空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

あたらしい旅のはじまり

この春から、上智大学内にあるグリーフケア研究所の
グリーフケア認定課程、臨床コースを受講する。

グリーフとはgrief、
死別、後悔、絶望による深い悲しみや嘆きをいう。
ケアといっても、私が今実際にしているような
マッサージの方法やなんらかの手技を覚えたりするものではない。
しかし、ここで「グリーフケア」についての説明はまだできない。
できたら、この講座を受講する必要はないだろう。


阪神淡路大震災を経て、
身一つでできることをしようと考えたところから私は
マッサージを生業とするようになった。

マッサージはことばを介さずに
人と対話ができると思っていた。
ふれることは、ことばのない対話だと思ってきた。

東京に暮らしはじめて一年経とうかという頃に
東北で大震災が起こった。
マッサージで被災地に赴こうと思った。
けれども、実際に、現地で人にふれた時に
マッサージという「ことばのない対話」にも限界があると感じた。
もちろん「ふれる」ということにはちからがあると
それは今でも思っている。

しかし、本当に深い悲しみの渦中にいる人、
果てしない精神的な暗闇に潜り込んでしまった人には
ふれること以外に、なにかもっと必要ななにか、
ことばのちからが必要だと感じた。

被災地では
宗教者がみずからの宗教を超えて
(宗教への勧誘ではなくという意で)
信仰と生と死について説いたり、傾聴することで
人々のこころを慰めていると聞いた。
http://www.chugainippoh.co.jp/ronbun/2013/0209rondan.html
http://www.circam.jp/reports/02/detail/id=1998

能楽師の安田登さんが開催されている寺子屋で聞いたのは
人が「心」という概念を持ったのは今からおおよそ2500年前で
ちょうどその時代に、釈迦、キリスト、孔子が
多少のズレはあるけれども相次いでうまれ
仏教、キリスト教、道教が誕生したという話だった。
(こんな質問&回答も)
動乱の時代、心という概念を得て苦悩におちいった人々に
彼らの教えがぴたりとはまった。
そして現代にまで「宗教」というかたちでのこることになった。
彼ら以降、彼らを超えるような思想は未だ生まれていない。
そろそろ次のあたらしい何かがうまれるのではないかと
いうことも、著作「あわひの力」に書かれている。


近年、オウム真理教などの新興宗教が台頭し
宗教はうさん臭いもの
というレッテルが貼られるようになったが
長い時を経てなお廃れることなく伝わってきた聖者のことばには
なにかしらのヒントがあると私も感じている。

「空」を屋号としている通りに
私には仏教の思想が心身にぴたりとくる気がしていたが
遠藤周作さんの「深い河」や「沈黙」を読み、
遠藤さんの解釈のもとでならば
キリスト教も受けとめやすいと感じるようになった。

昨秋、古本屋で遠藤さんの「神と私」という本を手に入れた。
本の中に「グリーフケア」ということばがでてきた。
以前にもどこかで目にしたことのあることばではあったけれど
この時は特にひっかかるものを感じて、パソコンで「グリーフケア」を検索した。
検索結果で一番はじめに出てきたのが
上智大学のグリーフケア研究所だった。

翌春からの講座開講について記載されており
募集および応募はすでにはじまっており
第一次出願である小論文の提出締め切りは
12月初旬となっていた。

あまりのタイミングのよさにこれは
と出願することを決めた。
ここで、あまり深く考えてはいけない。
いいか悪いか、考えてわかるものじゃない。
私は宗教そのものではなく
生と死と信仰についてのことばを知りたいと考えていた。
ここで学べることは
それにとても近いのではないか
と直感しただけのことだ。

出願、受験というからには
一応、合否もあるわけで
それなりの受験料も払ったことから
気分はすっかり受験生だった。
気持ちもずいぶん引き締まるものである。

落ちたらなんとなく格好がつかないと
ほとんど人に話すこともなくきたが
二次面接を経て、二月中旬になんとか合格通知をいただいた。

一次の合格通知をいただいた時点で
すべての結果が出たら
「沈黙」の舞台となった長崎を訪ねよう
と思った。


そして、19日から一週間
長崎へ、ひさしぶりに飛んだ。

長崎での日々は濃厚で
遠藤さんの著作と相まって
長崎の重い歴史をたどる旅となった。
どこまで書き出せるかわからないが
これから少しずつ、ふりかえっていきたいと思う。


スポンサーサイト
Category : 長崎
Posted by チエ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。