空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

南青山「シュハリ」でのセッション

南青山の古民家サロン、「シュハリ」でも
施術をさせていただくことになりました。

表参道から根津美術館方向、
さらに青山墓地方向に歩いたところ
ひっそりとしずかな地域に
ふるい昭和のお家が残されていました。

20120529-IMG_1452.jpg


先月、はじめてセッションをさせていただきましたが
とてもきもちのよい風が通り抜けて
いい家だなぁとあらためて思いました。

京都の家も、帰るたびに
しみじみいい家だなぁと思うのですが
南青山のシュハリもおなじような空気感。
こんな場所が残っているのですねぇ、青山にも。

シュハリを主宰されているのは
Rikaさんとホーキさん。
Rikaさんのオリジナルセッションの他
空いた時間には、シュハリの作り場と称して
お香やウッドビーズのブレスレット作りなんかもできたりします。

シュハリのHP
http://ohl-r.com/



シュハリに集う方々にもご挨拶を。

chieと申します。
東京と京都を行ったりきたりしているボディワーカーです。


アメリカ西海岸、ビック・サーというところにあるエサレン研究所。
からだとこころにアプローチするさまざまなWS、
ダンスや絵画、音楽、気功、ヨガなどなどを受けながら、
地から湧く温泉に身を委ねることのできる滞在施設なのですが
そのエサレン研究所で続けられている、
カラダ全体をつなぐロングストロークが特徴のオイルマッサージをベースに、
野口整体、野口体操、気功のエッセンスをとりいれた
オリジナルのセッションをおこないます。

いっしょに、その日の気分や体調に合わせて精油で
かおりを作って、マッサージオイルとして使用します。
使っている精油は、フランスのフロリアル、イギリスのパープルフレーム
日本の飛騨高山で精製されるyuicaです。
余ったオイルはセルフケア用にお持ち帰りいただきます。


シュハリでの設定は以下をご参照くださいマセ。
http://slowbody.p1.bindsite.jp/shuhalli.html


南青山では、男性のご予約も承ります。
個人サロンでは、男の人の予約を受け入れてもられえるところは
数少なく、受けたいんだけれどなかなか探せないという声もよく聞きます。

オイルトリートメント難民の男性のみなさま
南青山へ、どうぞ遊びにおこしやす。
お待ちしております。

京都と練馬でもセッションをおこなっています。
いずれかでお会いできるのを
楽しみにしています。


¨♫*•.¸¸•♫*¨ *¨♫*•.¸¸•♫*¨ *¨♫*•.¸¸•♫*¨ *¨♫*•.¸¸•♫*¨

空-くう-
http://slowbody.p1.bindsite.jp/
スローボディのススメ
エサレン・気功・アロマテラピー・空間

・練馬気功のひろば
7月22日(日)13時から16時ぐらい
http://slowbodyqoo.blog110.fc2.com/



スポンサーサイト
Posted by チエ on  | 0 comments 

7月の京都スケジュール

7月の京都、以下のスケジュールで帰ります。

7月16日 午前10〜15時の間で予約可 午後予約済
7月17日 終日予約可
7月18日 終日予約済
7月19日 終日予約可
7月20日 終日予約済
7月21日 終日予約済

6月20日現在
以降は http://slowbody.p1.bindsite.jp/kyoto.html
でご確認くださいませ。

今回、滞在日数が少し短いので
予約を受けられる枠も少ないのですが
タイミングが合う方、ぜひぜひ
遊びにいらしてくださいね。

お待ちしております。


Posted by チエ on  | 0 comments 

現代版マヤカレンダー

20120521-IMG_1372.jpg


16日は、現代版マヤカレンダーのWSに参加した。
講師は、大阪から来られた秋山さん。
あすわのHP



暦は、やまとことばでは「かよみ」。
日をよむ、つまり太陽のうごきを読みとること。

天体の動きをよむことは、中国も日本も
いにしえから政治的におこなわれてきたし、
おそらく地球上のあらゆる民族のあいだで
行われてきたこと。
占いも呪術も、うさんくさいと思われがちだが
決して荒唐無稽な話ではないと私は考えている。


多くの人がマヤの暦について
一度は目にしたり、耳にしたり
したことがあると思う。
2012年に暦が終わる=世界終焉のように
語られる場面に遭遇した人も少なくないことだろう。

いわゆるマヤ文明は、
日本で言えば平安期のはじまりに最も栄えた文明で
実はさほど古い文明ではない。
なので「超古代」などと言われるのは
全く合点のいかない話だそうだ。
(wikiより:統一国家を樹立することなく、
各地の都市国家が合従連衡と興亡を繰り返し、
16世紀、スペイン人の侵入を迎えた。
1697年最も遅くまで自立を保っていたタヤサルが陥落、
マヤ圏全域がスペイン領に併合された。)

マヤで使われた暦は、何種類もあるらしく
また、マヤ文明の遺跡自体
全体の20%程度しか発掘されていないので
まだまだわからないことの方が多いらしく、
使われた暦の数もおそらく増えるだろうと考えられている。

わかっている暦のうちの一つ
直線的な流れをもって循環する1872000日暦が
確かに2012年12月21日あたりに
終わりを迎えるらしい。
けれど、またそこから新しく始まる。
だから決して、世界の終焉というわけではない。
(けれども、このあたりは実際になにかおおきい転換が
ありそう…なのだとか。)


また、「13の月の暦」の情報も
マヤ文明の暦と、話を混同されやすいものだ。
13の月の暦は、アメリカ人のホゼ・アグエイアス博士が
22年前に、マヤ文明期に使われた260日暦を取り入れ提唱したもの。
なので決して、=マヤ文明期に使われた暦、ではない。
その事実をふまえて、13の月の暦は
現代版マヤカレンダーという必要がある。

いわゆる太陽の紋章も、銀河の音も
ホゼ・アグエイアスさんが言いだしたものだ。
決してマヤ文明において使われたものではない。


これまでも、マヤカレンダーの話は
いろんな人から聴いていたし
誕生日を聞かれて、そこからあなたは「青い電気の鷲ね」と
言われたことが何度かあったが
そのたびに、それがなんなんだろうと思ったりしていた。
けれども昨日は、その疑問がようやく解けた。


なぜ、日本に住まう私たちが
マヤカレンダーを読み解こうとするのか
わからないけれど
実際、なんだかこれはすごいんじゃないかと
感じている。
なんとなくすごい
と感じるその感覚を、今は大事にしたい。

KINとは、マヤのことばで「日」。
私のKINは、55 
そして、銀河の音は3
太陽の紋章は
青い鷲-赤い空歩く人


今回のワークショップは川島なおちゃんからもらった情報から。
彼女は青い嵐。
行ってわかったのだけれど
私をガイドしてくれるKINの人だった。


暦を読むことは、占いとはまた違う次元のものだ。
(とはいえ、きっと“占い”ということばの解釈が
現代では相当軽く、いい加減な受けとり方になった
ということだと思う。)

ホゼさんのことばがいい。
(彼は去年なくなったそうだ。)

私がまとめたこの13の月の暦というものを
占い的な解釈のもととして使っているのであれば、
その方はこの暦が意味することを全く理解していない状態であるし、
あるいは理解しながらも、乱用していたとしたら、
それは全くもって間違った行為である。

ホゼ・アグエイアス博士




暦を読み解いて、なにかがわかることが
重要なんじゃなくて
“私たちは、宇宙の秩序の中にいる(cosmos)”
と実感し続けることが、大事なんじゃないかと思う。
シンクロニシティはあたりまえにおこる。
神秘的でも不思議でもない。

暦にこめられたメッセージを受けとり
流れに身を委ねていたい。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

気功教室のススメ

20110116-R0020270.jpg


気功教室に来てくださっている方が
感じたことをメールでくださいました。

********

気功の翌日の朝は、とても体が軽くて楽なのですよー!
特に、背中、足の後ろ側、お尻の伸ばしたあたりなど。
気持ちも、すっきりしています。
前回の翌朝もそう感じました。
軽い動きで、体の感じがものすごく変わってうれしいです。
家でも、出来るときに、フラフラゆすっていたのですが、
皆さんで気功すると、効果も不思議と、とても大きいのですね!
今回は、80歳の方の、『何も、頭で考えない』
というお話が印象的でした。
私も、考えようとはしなくても、
不安や焦りなど頭に浮かんできたら、どうするのだろうと
漠然と感じていたところなので、
みなさんの、良いお話が聞けてよかったです。
また来月、よろしくお願いします。

*********

そう。教室には
80歳の男性が続けてきてくださっているのですが
その方がいるだけで教室の雰囲気が
いい味わいなのです。
そして、また会場として使わせてもらっている
富士見台地区区民館のこの部屋がとても気持ちよくて。


マッサージもいいけれど
こういう、自分でもできること
が増えると、もっと日々は楽しいよね。

来月の気功教室は7月22日。
http://slowbodyqoo.blog110.fc2.com/blog-entry-49.html

その前にウチでのたりのたりする会
「スローボディのススメ」もあります。
よかったら遊びにおこしやす。
http://slowbody.p1.bindsite.jp/slowbody0.html

Posted by チエ on  | 0 comments 

Recharge

20120604-RIMG0193.jpg


6月2日から9日まで、京都に帰って
セッションをさせていただくかたわら、
長くあっていなかった人たちと、久しぶりに会うことができた。


長崎から今話題のピーチ航空(なんと長崎-関空間片道2200円だと。
普段はもう少しするらしいけれど、知らんかったよ…)で
阪神競馬場に競馬を見に来たゆみちゃん、コマツくん。
高槻の小料理屋の常連さんであり、
3年前福井のブナの森に連れて行ってくださったあべさん
気功つながりで知り合えた眼力強い谷口さん、
志摩にすむあやのちゃん。




あべさんには、少し無理を言って
山に連れて行ってもらった。
わたしもあべさんも午前中は仕事が入っていたので
午後からでも気軽にのぼることのできるポンポン山。
-ポンポン山登山の写真

あやのちゃんとは、雨の中のあじさいを見て
翌日は、あやのちゃんの職場である「志摩自然学校」のカヤックに
乗せてもらった。
-伊勢志摩をめぐる写真


去年7月に伊勢で急逝したかずさんにも。
かずさんが案内してくれたゆかりの地をめぐることで
再会してきた。



20120606-RIMG0221.jpg



震災から一年を経てようやく、
京都に帰るからこそ会える人たちに会いたかった。
仕事もさせてもらったけれど、今回はエネルギーリチャージ。
思いっきり遊ぶ。
こういう時間があるから、またあらたに
自分や誰かと向き合えたりするんだと私は思っている。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。