空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

桜と東京

20120413-IMG_1088.jpg


気持ちにもからだにも余裕ができたので
この春は桜をたくさん見に行った。

東京は、桜の樹が本当にたくさんある。
半端じゃなく。

古木が多く、幹が太くて
枝が水面や土手を這うようにきれいに垂れ下がる。
それが一本だけではなくて、何百本と並ぶ桜通りや公園が
いたるところにある。
やはり東京は贅沢な街だなぁと思う。

三鷹から吉祥寺、井の頭公園、
石神井川、光が丘、千川通り、神田川。
百本じゃきかない、おそらく千本近くの桜の横を通りぬけた。

20120405-RIMG0106.jpg

20120409-20110409.jpg

20120411-RIMG0128.jpg



東京はおもしろい。
とくに、新宿が居心地よく感じる。

関西に住んでいた頃は
新宿はひろすぎるし、人が多いしで
苦手に感じていたが
(コインロッカーに荷物を預けたはいいが
どこのロッカーかわからなくなった想い出あり)
ここ最近、新宿御苑から新宿駅東口にかけて歩いた時に
なんだかとても楽しい気持ちになって以来、
まずは新宿を起点に行動するようになった。
去年一年、通勤というものを久しぶりにしたのだが
新宿区西早稲田に通うということも新宿という街との縁起であったと思う。

新宿は多様な街である。
ヴィヴィアン佐藤さんもFacebookで書かれておられた。

「新宿」において、
西口一体は副都心という東京都の中枢でもある都庁各関係庁があり、
沢山のオフィスビルや教育機関が建ち並び、
一方東口では沢山のデパートや商業施設、
歓楽街である歌舞伎町では飲食街、風俗街、なども数多く存在し、
新宿三丁目にはいまも寄席があり、
新宿二丁目やゴールデン街という個性的な街もいまの残存し、
いっぽう新宿御苑や新宿追分という歴史の街でもあります。
新宿が昭和に入り栄え出す以前は、四谷の方が栄えており、
四谷や神楽坂などはいまもその独特な地形や町並みに
艶っぽさを残しております。
北側は早稲田や高田馬場という学生街、
韓流アイドルショップが軒を連ねる最近では
都内で一番元気のある大久保~新大久保近辺、
南は明治神宮。西は初台。。。と
「新宿区」は都内でも屈指の多様性のある区だと思います。。。

   

私にとってときめく新宿は
新宿の名の由来となった、宿場町の跡地、新宿通り。
追分という、江戸から甲州街道、青梅街道への分岐点に立つと
妙な高揚感を覚える。
江戸城まであとすこし。
「宿」ながら、宿場ではなく、ちょっと休憩したり遊んだりするための
仮の場だった内藤新宿。
江戸時代、信州高遠藩主であった内藤氏の中屋敷のあった跡地、新宿御苑。

大木戸、いまの四谷三丁目の交差点あたり。
そこから暗渠となり石樋、木樋による配水管を通り、
江戸市中へ分水された、玉川上水番所跡。



「水」と「あいだ」の街なのだ、新宿は。
いろんなものを溶かしこみ、内包する水。
どちらにも属さない間。
だから、今も新宿は多様なのだなぁと思う。

古い地図にそって、歩いてみる。
血が騒ぐ。
まわりの景色はほんの少し色褪せながらも
往来激しい、いにしえの人々のさざめきが聴こえるような心地がする。

京都も古い街であるし楽しかったが
時代に想いをはせる楽しさは、圧倒的に東京だ。

東京と京都、ふたつの都を行ったり来たりできる
自分の身の上を本当にありがたく思う。
なによりの贅沢は、私自身の動きなのかもしれない。

スポンサーサイト
Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

4月の予定

4月25日から、京都に戻ります。

4月25日 終日予約可
4月26日 終日予約可
4月27日 終日予約済
4月28日 終日予約済
4月29日 終日予約済 
4月30日 終日予約可
5月1日  終日予約可

4月6日現在です。
以降は、こちらを参照くださいませ。
http://slowbody.p1.bindsite.jp/kyoto.html

お待ちしてます~。

Posted by チエ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。