空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

Across the Universe , again.

三鷹の国立天文台に続いて
台場にある科学未来館に行ってきた。

立体的に、太陽と地球、月などの天体を
現実のものではないとは言え、モデルとして目で見ることができる
って、想像以上にエキサイティング。
この視点は、どこからのもの?
考えたら、わからなくなる。

幼い頃、小さな自分自身の物語を読む大きな自分を
私は思い浮かべたりしていた。
あの時の感覚と同じ。

 どこまでも細分化してみれば、どんな物質もすべて同じところに行き着く。
 それを素粒子と言う。

私の幼い頃の、あの不思議な感覚は
ここにつながっているのだ。





海の塩分濃度と血液中の塩分濃度がほぼ等しいことも
女性の生理周期が月の満ち欠けに例えられることも
満月新月の日に出産が多いことも
もうちょっとも不思議なことではなくて
あたりまえ、そんなの当然なわけである。

月や天体の影響を受けているのかどうか、なんて
そんなの考える余地もない。
私たちは、宇宙の構成単位の一つなのだから
そりゃ、そうでしょー
としか言いようがない。



太陽のまわりをまわる地球の中で
私たちは生きている。
そして地球の周りを月が回る。

太陽からのひかりを受け
地球上には、昼と夜ができる。
強いひかりを受けた地球は、月に影を残す。

そんな立体的な視点を
常に持つようになった。



こうして、月から見える地球は
こんなにも美しい。

そしてその美しく見える地球の中に
私たちがいる。

私たちの中にも、同じようにうごめくものがいる。


脈々とつながって、ここにいる
奇跡としか言えない物語を
きっと私はずっとよみつづけている。





あー、もう完全に
どっかいってるな。

私と話したら
今まで以上に、会話が成り立たないかもしれません。
ごめんなさい。

いっしょに宇宙に意識を飛ばせる人
大募集。
共に語りたい。



前にもこの動画のせたけれど。
もう、こんな感じ。
こんな感じなんです、今の私。






************

えーと。

10月から毎週やります、スローボディのススメ。
宇宙に共に行きましょう(笑)
こんな私の話を聞きに、誰か来て。

http://members3.jcom.home.ne.jp/slowbodyqoo/slowbody0.html






スポンサーサイト
Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 4 comments 

宇宙のつぶつぶ

三鷹にある国立天文台に行ってきた。


helio compassを見た時に
これを立体的に見ることができたら
さぞかしエキサイティングな体験だろうと思い
いろいろ検索してみたところ
国立天文台のHPにたどり着いた。
通常のプラネタリウムは2次元。
それが、国立天文台には3次元である上に
時間軸も自在に操ることのできる宇宙立体映像を見ることができるんだとか。
称して、4D2Uプロジェクト。
東京に住んだら、いちばん行きたい場所だと思った。


先日、立川にある国文学研究資料館へ「ポン教の神々」展を見に行ったのだけれど
同じ敷地内にある極地研究所で「北極・南極」に関する展示を見ることができた。
オーロラの映像を見たり、隕石に触れたり、その隕石のスライスを偏向顕微鏡で
見ることができたりととてもエキサイティングな場所だった。
そしてようやく思い出した。
国立天文台に行きたかったことを。

家に帰って、国立天文台のHPを見たら
3日後にある上映の申し込みが案内されていた。
上映は月に2回しかない。
実にいいタイミングだった。







yotubeの動画は平面だけれど
これが、4D2Uでは立体になる。

上映時間は20分ほど。
その間、息をのみつづけ、泣きそうになっていた。
立体なので、自分も宙に漂っている感覚になる。
私の視点も宇宙と一体になる。

まずは地球から飛び出て、地球を俯瞰する視点は
野口聡一さんと同じものなんだななどと思ったりしていたけれど
さらにずっと拡散しつづけ、太陽系、銀河、宇宙の果てまでいくと
意識も飛んで、アタマがくらくらした。

ngc300full_convert_20100913014810.jpg
星たちも、こうして小さな写真でみるとまるで模様のようだけれどさ。
クリックしたら大きくなるので見て。
大きく引き延ばしてみたら、独立した一つ一つの星になっていく。


この星粒の中で私はさらに見えないほどの粒だけれど
私の中にもさまざまにうごめくものがあるし
顕微鏡を使ってしか見えないさらに極小な粒が、地球の上にはある。
どこまでも果てしないひろがりを感じまくり
わーっと叫びたいような衝動に駆られる。

ああ、もうすごいスゴイ!
としか言いようがない。


宇宙の中で粒な私が、こうして考えて動いていることが
ものすごく不思議なことに思えてしようがない。

三鷹の国立天文台までは、練馬春日町の家から
自転車で行ったのだけれど
地球の上を走っていることが、なんだかリアルに感じられた。
そう感じながらも私の意識は、地球よりずっと上空で
自分自身を俯瞰していた。

肉体を持って果てより向こう側で宇宙をみることができる、
それを誰でもが体験できるなんて
いやー、4D2Uは人類にとって宝だと思う。

あれから、いろんな人に話しまくっているが
三鷹の国立天文台の存在を知っている人は
ほとんどいない。
もったいない話。


国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト

国立天文台

4D2Uは都内だと
千代田区:科学技術館
江東区:日本科学未来館
でも、見ることができるそう。

これからも、何度も見に行って
宇宙にトリップしつづけたい。
こんなお安い旅はない。





**********************
◎空からのお知らせ


スローボディのススメ

日時 9月29日(水曜) 11時から

場所 練馬春日町

料金 1500円

定員 3名


来月以降は、定例会としたいと思ってます。
月2回ぐらい。平日と土日とか。


ご飯を作ってみんなで食べるのがいちばんの目的。
からだを動かすためのリードは私にとっては「自身の学びの場」。
ものすごく贅沢な時間だと思っています。

お申し込みは、メールまたはコメントでどうぞ。


Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 4 comments 

10月の京都行きとスペースをお貸しする話

今記事は事務的なお知らせばかりです。
ごめんなさい。



◎10月の京都日程を決めました。

1日~8日までの予定です。

こちらを参照願います。
京都セッションのお知らせ



◎10月4日にスローボディのススメを予定しています。

 午前11時~お昼ご飯付き 2000円です。
 10月8日夜もします。
 夜7時から、1500円です。


セッション、スローボディのススメとも
ご希望の方は、メールでお知らせくださいませ。



◎京都のスペースをお貸しいたします。

8月から、京都の家を完全に仕事場として切り盛りしていくことを決めました。
京都があって、東京があって
その間で私はちょうどよく揺らいでいられるような気が、今はしています。
東京と京都、両方行き来できている私は恵まれているなぁと
しみじみ感じています。

今、ちょうどよいバランスなのです。


京都の家を、うまく存続させていきたい
と考えていますが
私が使うのはせいぜい月に1週間程度。
空けておくのも惜しいことなので
ご希望の方にお貸ししたいと思っています。

ただし、私の目の届かないところでの貸し借りになりますので
(大家さんがお隣に住んでいるので主に管理してくださっていますが)
私と顔見知りの方限定のお話です。

簡単なことはホームページに記載いたしましたのでご覧ください。

具体的なことは、個別にお知らせいたしますので、ご連絡ください。


スペースレンタルについて





とりいそぎのご連絡で
あまり愛想のない感じでこめんなさい。
いつものブログはまた近いうちに。


どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by チエ on  | 4 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。