空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

タオ・コード


タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫)タオ・コード―老子の暗号が語り出す 性の五次元領域から迸る秘密の力 (5次元文庫)
(2009/02/11)
千賀 一生

商品詳細を見る


愛をなまぬるく語るスピリチュアルは苦手。
好みの問題なので、好きな人には申し訳ない。
ただ、どうも私には
精製されすぎた美しさに感じられてしまう
背筋がこそばゆいものなのだ。

精製されすぎた美しさとは
例えれば、晴れた日ばかりを礼讃するようなものか。
雨の日も、雲が厚くたれ込める日も
そして人々が災害と呼ぶほどの荒々しさも
自然はどの瞬間にも完璧だと思われるほどに美しい。

わたしが好きなのは
直線より曲線。
クリスタルのカットグラスより
いびつにゆがみ、気泡の入った吹きガラス。
湿度のこもる、大地に根づく土臭さ。



愛ということばは、それぞれ
人によって捉え方が異なるので
たやすく口にすることを避けてきたけれど
この本が語る「愛」はまさに、私が考えてきたこと、そのもの。

気功をはじめてしばらく経った時に
性エネルギーこそが私達を動かす源だと
いうようなことを教わった。

誰かを好きだという気持ちも「性欲」から始まる。
そんな誰かや何かをいとおしく大切に思う気持ちこそが
私達を突き動かすエネルギー。

性をいやらしいとさげずみ、隠すことから、
私達の今ある現代は彷徨い始める。
私たちがうまれいずる源を、否定しているからこそ
ひずみが生じている。


気功の動きの中に、仙骨から背骨をゆらしていく動きがある。
1時間近くも背骨をゆらしてその動きの気持ちよさに身を任せていると
自分が自分だと認識するカラダとそのまわりの境目が溶けてなくなる心地がする。
なんともいえない恍惚感。
自然と一体になる境地をエクスタシーというのだね。
自然と一体になるこの境地を、気功の中では「天人合一」「人天合一」というが
この恍惚感がきっとそうだね。
気功のベースに、老子の思想が入っているので重なるのは当然。
この本を読んでまた新たに思った。




気功とか書道とか、現在中国という名を持つところを源泉にしてきたものたちに
とかくひかれつづけて来たのは、私の魂もここに端を発するから
という気がした。
前世とか、過去世とか
どうでもいいと思ってきたけれど
すべてしっくりと腑に落ちるのだ。

余談であるが
ともだちにリョヲちゃんという人がいる。
彼女はもともとフツウには見えないものが見える人。
彼女の口からはいつもおとぎの世界にいるような人たちの話が出でくる。
それを聞いて、ファンタジーなおとぎ話は、ただ単に想像の話ではなく
こういう見えないものが見える人によって
紡がれたものなのだなと思うようになった。

そのリョヲちゃんが先日、私を護ってくれている人を見てくれたのだが
私を主にサポートしてくれているのは
龍王麗(礼、という字も見えるとのこと)さんという
髪は頭上で団子状にまとめてある
白髪でひげをはやした仙人のようなおじいちゃん。
水墨画や書を嗜んでいるそうで
 川のように
 柳のように
 風のように
 春はうららに、夏はあおく、秋はたわわに、冬はしめやかに
 四季の移り変わりを愉しむ
 山移ろいし、蒼き風、響く音、響く振動
 響くぬくもり、響くあたたかさ
 流れはやきにとどまりし
 日は永く、雨は固まり、流れ潤す
というような漢詩を、詠んでくれた。
そして、
雨降って、地に水がしみこんで
そして川となり、海となり
また空に戻っていく、その循環の中、
どうあろうとも、最高最善のことが行われている
と伝えてくれた。
気功のクラスで、私がみなさんに語るようなことばが
たくさんでてきて笑った。


私を彩るものは、ここから。
この本に書かれていることを読んだ時に
私はこの感覚を「知っている」と思った。
もちろん見ぬ世界のことであるが
なんだか知っているのである。
懐かしい記憶。
そしてこれから向かいたい場所。
懐かしい未来
ということばを去年はじめて聞いた。
そのことばに包まれるものたちを
今、体感している。

そしてこの本の中に少し書かれていたが
今、私が一番関心を持っている「踊り」。
能動的に踊りまくっちゃう場を持ちたいと思っている。
どこかの国のものでもなく、
きっと私たちの遠い先祖たちも踊っていたはずのものを。
決まったステップも何もない、
ただカラダが勝手に動いちゃう、そんな動きに身を任せる場。

そんな踊りの場を持つことにも、これからつながっていきそうな予感。

読んだだけで、
カラダの裡がざわめきたって、今自分がここにあることが
いとおしく思えてくる。
すべてが生き生きとして見えてくる。


いつまでも手元に置いておき、故郷に出会うような心持ちで
時折、頁を繰りたい本。




身体感覚で「論語」を読みなおす。―古代中国の文字から身体感覚で「論語」を読みなおす。―古代中国の文字から
(2009/11/19)
安田 登

商品詳細を見る



この本も、漢字の成り立ちから紐解いて
論語を読んでいく本。
今までそうだと思っていた事実にまた違う視点が加わる。
こちらもおすすめ。




スポンサーサイト
Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 10 comments 

ひびく・しみこむ

音も粒子だなぁと感じている。

肌にやわらかく響きしみこむ。
小さな粒、まるい音たち。


先日、レインスティックを手に入れた。
さらさら、きらきらとした透き通る水のような音がする。
はじめてその音を聞いた時に
瞬時に頭の中がからっぽになった。
そこらのものにはないほど少々値の張るものだったが
これをセッションに使いたいとすぐに思った。
音サンプル


わたしたちのカラダは
半分以上が水分。
そのカラダの中の水が
音に共鳴して
かすかにうごく。

まるい小さな粒がさらさらと
カラダの中を流れゆく。
カラダの中で響いて、すべてのものを包み込んで
流れてゆく。


音を聞くって
耳からだけではないんだな。

それは香りが、鼻からだけではなく
皮膚を通してしみこむのと同じように。

カラダにそっとしみこんで、全体をめぐってゆく。



20100729-R0019790.jpg

オリジナルセッションは
音にもこだわっています。

大きさの異なるシンギンクボウル、
きらきらした水音のレインスティック、
心地よい音を奏でる波動スピーカー
耳で聞くのではなく、からだに響き、肌にしみこむ音を
体感していただければと考えています。



************

→8月29日から京都に戻ります。
8月29日(日)終日予約済
8月30日(月)終日予約済
8月31日(火)終日予約済
9月1日 (水) 終日予約済
9月2日 (木) 終日予約済
9月3日 (金)10時~予約可 19時以降~予約可
9月4日 (土)17時~予約可

赤字の時間帯に空きがあるので、ご希望の方は
メールでお知らせくださいませ。

よろしくお願いいたします。


********************
精油を発注いたします。
ご希望のある方は、http://norarikurari.cart.fc2.com/を参照の上
ご注文ください。
8月3日までにお願いします。


Posted by チエ on  | 2 comments 

練馬の野菜とブルーベリー、そして京都の予定。

20100619-R0019531.jpg


私が暮らしている練馬は
畑地のたくさんあるところ。
練馬大根は、最近はほとんど生産されていないそうで
(長くて細くて、採集に労力がいるんだって。)
一番採れるのはキャベツだそうな。

写真は、野菜の無人販売所。
この辺りには、コインロッカーに野菜の入った販売所がよくある。
今の時期はロッカーの中にトマトやキュウリなどの夏野菜が
所狭しと押し込められている。

私は写真の販売所の風情が好きで、よくぶらりと立ち寄る。
夕方に行ったら、さすがに売り切れ。


20100719-IMG_0347-2.jpg


これからの季節はブルーベリー。
練馬区が栽培を推奨しているらしく、ブルーベリーを摘める農園がかなりあるようだ。

先日、20年ほどぶりに食べた生のブルーベリーは
熟していて甘く、とてもおいしかった。
記憶ではいまいちだったのだれけど。

摘んだブリーベリーを、さらにジャムにしてみた。
あまりにおいしいので、また摘みにいきたいと考えている。


意外にのどかなのだ、東京暮らしも。


**********


→HPを更新しました。
よかったらゆっくりのぞいてみて。
http://members3.jcom.home.ne.jp/slowbodyqoo/


→9月から東京の家でも、スローボディのススメはじめます。
少人数でじっくりじんわりていねいに動いて、
カラダのおもしろさいっしょに探っていきましょ。
ひとまずは土曜日のお昼に行いますが
曜日、日時などまたいろいろ設定してみたいと思います。
http://members3.jcom.home.ne.jp/slowbodyqoo/slowbody0.html


→8月29日から京都に戻ります。
8月29日(日)10時~予約済 18時~予約可
8月30日(月)終日予約済
8月31日(火)終日予約済
9月1日 (水)終日予約済
9月2日 (木)10時~予約可 16時以降~予約可
9月3日 (金)10時~予約可 16時以降~予約可
9月4日 (土)17時~予約可

赤字の時間帯に空きがあるので、ご希望の方は
メールでお知らせくださいませ。


どうぞよろしくお願いいたします。



Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

i am not a therapist.

私のやっていることはセラピーでもヒーリングでもない。

自分自身を表す肩書きに「セラピスト」や「ヒーラー」と
つけるべくもなく、私にとってはもうそんなことどうでもいい
とずっと思っているので
なにをやっているの?
と問われれば、相変わらず
「マッサージしたり、気功したり、おいしいものを作りたいと思っています」といっている。

HPをようやく更新したが
セッションのことも
もう「エサレンをやっています」というのは
なにか違う気がしてきて
「オリジナルセッション」
とした。


やっていることは
それまでと、特に変わってはないのだけど
ただ、セッションごとに
自分が整う心地は、ずっとずっと増している。

自分自身がセッションと称して動いていく中に
気功であったり太極拳であったり、というような
足腰内部の筋肉がゆったり動くボディワーク的要素が多分にあって
えーっと、私の方が元気になっちゃいました。えへっ
というようなことが続いているので
東京でのセッションは、値段を下げたままで続けることにした。


名前をつけることって
記号を他者と共有して、わかりやすくコンタクトするためのものだと思っているけれど
名前だけで、もうすでに経験してきた何かと
混同してしまって、体感もないのに
ああ、あれねと意識だけでとらえてしまうのは
もったいないこと。


深く息をするためのスペースを
カラダにも、意識にも。
それが、「空-くう-」だと
なんとなーくとらえていただければ幸い。


曖昧、混沌とした感じだけれど
そのもやもやっとした明確でないものの中から、
なにか同じ匂いを感じてくださる方と
出会えるといいな。



更新したHP、よかったら見てください。
http://www3.to/ring-hand

20100718-R0019717.jpg

連休土曜日は高尾山。
いい汗たっぷりかいた。
樹々の緑も空の青もそれはそれは美しくてまぶしかった。


Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 4 comments 

そっと背中を押す声

友人のスペースにてワークショップのリードをさせてもらった。

実は、基本的に、自発性がないため
自らの意思でと言うよりは
人から要請を受けて動くことばかり。

私自身で一石を投じたのは
「マッサージを始める」ということだけで
独立も、自ら進んでではなかったし
マッサージを教えるのも
気功を教えるのも
どこかで、自分には向いてない
と思っていたりする。
自分が知っていることは
みんなすでに知っている、
と思ってんだなぁ、私。
だから、私じゃなくても
と思っている。



でも実際そうなんだと思う。
みんな、すでに知ってるんだと思う。
意識としての自分が気づいていないだけで。

昨日のワークショップも
結局は、いつも自然にやっていることを
ほんの少しアプローチを変えてみるだけの話だから
そのポイントだけ伝えると、みんなするすると動けていた。
 できるんだよ
 実はやってみたらそんなむずかしいことではないんだよ
と私は、ほんの少し背中を押してあげたにすぎない感じだった。


ああ。
そうか。

だから、こうして誰かが声をかけてくれることで
「声に出して伝えることができるんだよ」
と私も気づくことができてるんだな。
そうか、そうか。

誰かから私も背中を押してもらっているのだな。

書きながら、あらためて気づいた。


先生と言われるのは
とっても苦手だし、いつも、そう呼ばないでとお願いする。
私も、みなさんのおかげで
「私にもできる」ということを
あらためて気づかせてもらっているから。


20100624-R0019577.jpg

自転車で20分ほどのところにある石神井公園。
東京の西側には、武蔵野の深い森がそこここに残っている。
その名残に出あうと、とてもうれしい気持ちになる。



さて、今夜から京都に向かいます。
京都のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 1 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。