空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

昼下がりの倍音会

みなさま、お元気ですか。

東京はただいま真冬並みの寒さ。
つめたい雨がしとしと降っています。


さてさて
引っ越しも無事に終わり
新しい生活を始めています。
(引っ越しの行程はすべて、お天気に恵まれました。
ありがたい!)

一昨日、ネット開通。
今日は転入届を出しに行ってきました。

引っ越し先の家も2階建てで
1階はなんとか片付けましたが
2階は段ボール箱収納部屋と化しています。
いつすっきりすることやら…ですが
このじっくりと「暮らし」を築いていく感じが
なんだかとても心地よく思えています。


練馬から都心に出ることなくすごしていると
東京に引っ越してきた
という感じはまるでなく
ずっとこのまま、何十年もここで過ごしてきたかのような気がしてきます。
とはいえ、家の中の動線も定まっておらず
外も、近所に買い物に行く程度で、
この辺りのことを何にも知らないんだけれどね。

ご近所のみなさんは、とても和やかで。
「このあたりは静かで、いいところだと思うのよ」
とご挨拶に伺った家で、何人かの方がおっしゃいました。
昔から住んでおられる方がそう言うのならば。

知らない土地に来てしまったという心細さは
まるでなく、むしろ
これからどんどんリアルにつながりを見いだせること
がとても心強く、安堵のため息がもれます。



あっという間に日が過ぎていきますねぇ・・・。


日が差し迫っているので
「昼下がりの倍音会」のお知らせを。

前回は月光のもとでの集まりでしたが
次回は、お昼間。
まどろみの中で倍音浴といこう、と考えております。

平日のお昼間、気持ちよくお昼寝しに(笑)
どうぞいらしてださいな。

お茶とお菓子をご用意してお待ちしております。


日時 2010年4月27日 午後2時~

料金 2000円 (お茶とおやつ付き)

場所 空 くう
   JR京都駅徒歩15分 地下鉄十条駅徒歩5分 京阪鳥羽街道徒歩10分
   お越し下さる方には地図をお送りします。

ご予約、お問い合わせはメッセージフォームか
HP記載のメールアドレスまでおねがいいたします。


MOJO横山(モジョライジング) :

口琴や、ディジュリドゥ、シンギングボール&各種民族楽器
http://www.mojorisingovertones.com/
を使って、オリジナル即興演奏をご披露いたします
(ソロライブですが、同時にいろいろな音が聞こえてきます)。
リラクゼーションや瞑想効果もありますので、ヨガをされる方にもお薦めです。

略歴:
2005年より、傾舞の純・天人とともに
瞑想鉄拳(倍音楽器と舞踏&傾舞のコラボレーション)を開始。
2006年の夏至、水屋神宮(三重県)、フランス・ブルゴーニュ、
水屋神宮分社行事(瞑想鉄拳with純/天人)、
2007年、松尾大社(京都)、山坂神社(大阪)、佐渡ヶ島にて、奉納演奏、
関東圏のヨガスタジオで、楽器のワークショップ&ライブ演奏&コラボレーション、他。
2007年、年間ライブ数、100回以上。
2008年8月~:前衛即興アート集団:BENTENのメンバーとしても活動。
ソロ活動(もじょらいじんぐ横山)では、第1回国際口琴フェスティバル、
「宵音舞」 即興演奏と即興舞~Improvisation Live~にも出演
他(http://mojorisingovertones.seesaa.net/ http://www.mojorisingovertones.com/)






20100408-R0019192.jpg


横山さんからすてきなシンギングボウルをお預かりしています。

ハンドメイドで、とてもよい響きを持ったボウルたちです。

27日にもお試しいただけますので、興味のある方は遠慮なくお越し下さいね。

27日は無理だけれど、音を聞いてみたいと思われる方はお知らせを。
お会いできる日を調整しましょう。


スポンサーサイト
Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 2 comments 

またね。

20100408-R0019193.jpg

荷物をすべて詰め終え
この日記を書き終えたら、電源も落として
しばし、Macともおわかれです。


今日はみすずちゃんところへ髪の毛を切りにいって
終わった後はふたりで、夕暮れ時の鴨川にて桜吹雪とビール。

鴨川があるから
京都が大好きになりました。

手放しがたいと思ったものは
この川と、住んでいる家。
2月頃まではさみしさを感じていたけれど
でも、こうして引っ越しの日が近づいてきても
意外に、名残惜しさは継続しておらず
私の気はもうあちらへ向かっているのだなぁ
と感じました。



荷物が思っていた以上に多くて
(見積もり申請時より多いの・・・)
2tトラックに積み込めるのかドキドキ。
明朝、荷物を無事詰め終わったら
やっとホッとできるような気がします。

期日の決まった
やらなきゃならないことがあるだけで
なんだか落ち着かないもので
それが、ここにもう気がないと感じている理由かも知れません。



いろんな方から
メールやお便りをいただきました。
ちゃんとお返事ができずでごめんなさい。
東京から、またあらためてご挨拶しますね。


こうして、みなさんに想ってもらって
ものすごくシアワセな人だなぁ、私。


とりあえず、いってくるよ。
また会えるよ。

だから、さよならって言わないで
またね
というよ。


またね。
ありがとう、京都。
京都で出会えたみなさんも、またね。
本当にありがとう。

ずっと
シアワセでした。


これからも、シアワセであり続けるよ。
見ててね。


■□■□■□■□

今わかっていることを
書き出しておきます。


*4月の予定*

4月20日  京都

4月21日  京都

4月22日~26日 長崎

4月27日  京都「昼下がりの倍音会」 
     (横山さんにまたお越しいただきます。
      とってもステキな、気持ちよーい音色のシンギンクボウル入荷してます!)

20100408-R0019192.jpg

4月28日~  東京


*5月の予定*

5月26日~31日 京都

27日に妊婦さん向けのトリートメントクラスを行うかも、です。
スローボディのススメは28日昼を考えています。
この期間でのトリートメントご予約もこっそり承ります。

とりいそぎの速報なので、変更の可能性ありですが
興味ありという方はお問い合わせくださいな。


これからもどうぞよろしくおねがいいたします。。。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 6 comments 

Across the Universe .

引っ越しの日が決まりました。

トラックを持っている友人が手伝うよと言ってくれたので
頼むつもりでいたのですが
箱詰めを始めると想像以上に荷物が多く
一度に済ませられない気がして
プロに見積もりをお願いしました。

意外に安く行けることがわかったのですが
フリー便で、日にちの指定がこちらからはできないプラン。
つまり、そういうことで安いんですよね。

ようやく今日、連絡があり
4月11日朝9時までに荷出しを始めていただける
と決まりました。

契約をした4月初めの時点では
引っ越しは10日か11日。
そして荷物到着は2~3日後。
時間も2日前にならないと決まらない、という状況で
私自身もなんだか困惑気味で、不安定な心地があったのですが
(荷物を詰め終えたいんだけれど、詰めすぎちゃうと
生活備品がなくなってしまうし。
短いスパンでの、自分にとって必要なもの、必要でないものを選定できなくて
なーんか落ち着かなかったんだよ。)
ようやくバシッと定まった感じです。
あー、ホンマに引っ越すねんなぁ
という気持ちになりました(笑)。




大阪でマッサージの仕事を始めてからが
今に至るプロセスの始まりだったなぁ
と感じています。
前も書いたように、脈々と水が流れるように、
私の中で自分自身の物語を紡いでいる気がしています。

さらさら、ごうごう、ひたひたと流されて
どんぶらことたどり着いた先が京都でした。

そして大阪のスタートから
ちょうど12年を経て
東京へ移ります。
今度は、ぴょーんと
バネで飛ばされるかのごとく。


12年間、何度も自分の中にある不安や恐怖のタネを
見つめてきました。

先日、意識とからだと感情が乖離しているのを感じると書きました。

不安に陥りつつ、私の転機にはいつも
そっちに行った方が間違いなくエエって、
というどこからともなく湧き出してくるような声が
聞こえるのです。
(あ、実際に、耳で聞こえるわけじゃないよ。
なんかそんな感じのもの、です。)

意識としては不安の方を強く感じているので
そうやって相反する声を聞くと、自分自身が乖離しているように思うわけです。


でも、その声の指し示してくれる方向にたどり着いてみると
いつだって私にとってはちょうどよかったの。

そういうことに気づき出してからは
今だって、不安がないことはないけれど
まぁ、そっちの言うことをきいておけばよいんだなと
思うようになりました。



大阪の5年間は、様々な数多くのお客さんが入替わり立替わり来る店。
マッサージ技術の修行場でした。
その後の3年は京都の個人サロン。
場を作っていくこと、人と相対してくこと
を学びました。
その計8年の中から、自分ならばこうする
ということを体現させてもらえたのが独立してからの、この4年間でした。


それまでの8年間は
私は何でも一人でできるという自負がありました。
一人でやっている、一人でできている
という気がしていました。

でも、京都で本当に一人になってみて
一人では、うみだせるものがないと痛感しました。
自分一人でできることなんて、たかが知れているんだなと。
私の中にあるものを引き出してくれるのは
私とはまた違った誰かの存在があってこそ。

それは、一人ですごす時期があったからこそ
気づけたことでした。

1という数字
2という数字に潜むもの、を
体感できた気がしました。


一人も楽しいし
二人も楽しい。
一人はつまらないし
二人は窮屈。

それを理解するための
4年間だったような気がします。


木星の軌道にあわせたようなタイミングで
私のあらたなプロセスが始まろうとしています。

これから
どうなるのか
どうしたいのか

まだ、まるでわからないし
わざと考えないでおこうとしています。

ただ、したいなと漠然と思っていることがいくつか
あるという感じです。




昨日、いつもチェックしている
石井ゆかりさんの週報を、遅ればせながら見ました。
(いつも前週末にはアップされるの。)

水瓶座は、広い世界のことを考えます。
時には、地球の大気圏内よりも外側のことに興味を持ちます。
個人的な世界だけが安泰ならばよい
という思考停止を嫌います。
「自分」と、「広い世界」。
水瓶座の世界は、そんなしくみになっています。


でも、今はそこに、
もうひとつ、特別に強調されていることがあるのです。
それは、自分という個人と、相手という個人です。
これはあまりにも人間的で、あまりにも小さく、あまりにも限定的です。


ですがそこにも、無限の宇宙は存在します。
貴方はその宇宙の存在を発見しつつあります。
「広さ」は、物理的な物差しで測れる広さだけではないのだ、ということを
貴方は今、強く意識しているように見えます。
この、限定的で個人的で絶対的な「広さ」の中で
貴方は、新しい冒険をしている最中なのだろうと思います。




とありました。

一昨日書いた日記とリンクしていて
とてもうれしくなりました。



この移動は
きっと、次にまたなにかがあるというサイン。

京都を離れることは
もう、たいしたことじゃない。
ホントに、何にもわかんないけれど
ただ、この宇宙に存在している自分を感じることのほうが、
感情を大きく動かされます。


昨夜は、なんだか
眠いのに眠れず
この曲をずっと聴いていました。






ここ一ヶ月ほどで
バタバタと、いろんな人に会いました。
京都はせまいのでよくあることですが
約束をせずともバッタリ会える人が
数多くいました。
昨日も、今日も。

ホンマ、もう、あれだな、
私が考える必要は、ないんだな。


そして、物理的距離は関係ないんだね。
つながる人とはつながる。
去年秋に青森で出会った人とも、特にアドレスやらを交換せずにいたのに
共通の知人がいることが後でわかって
再会できそうだし。


なので、この引っ越しはおわかれではないのだよ。

そして、多くの人がそう言ってくれるので
うれしく思っています。

ありがとう。

この家にも、ありがとうを。

見守ってくれている両親や
今まで、関わりあってくださったみなさんにも
そして、これからいっしょになにかをうみだしていくパートナーにも

すべてに、ありがとうを。


また新しく、はじまります。


Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 5 comments 

Let's go to the space!

自分の意識とカラダと魂が乖離しているなぁ
とよく感じてきた。
大胆な臆病モノ。
それらの狭間に漂ってしまうと、時々ものすごくエライ感じになる。
統合させなきゃと思うと、ますます。

以前は『自分だと感じているもの=意識』に対して
もっとなんとかならんのか
と思ったりしていたけれど
(具体的には脳だ。脳の働きだなー。
でも、肉体が意識に与える影響も多大だ
っていうか、相互に関わりあっているんだし
切り離して考えられるもんちゃうやろ
と堂々巡りになる。)
そんな自分なんやから
魂としての私が、もっとカラダをいたわって
意識を拡散していったらええだけのはなしやん
と思ったりしている。
えーっと
相互にいたわりあって、『私が私だと思っているもの』を
喜ばせてくださいよ、ということですね、つまり。

なので、私の意識はただいま宇宙規模。
山直子さん@スペースシャトル「ディスカバリー」よりはるか彼方ですよ(笑)。


ものすごく感じるのは
自分の中にはものすごく豊かにこんこんと湧き出ているものがあるということ。
そりゃもうすごいの。
名前をつけられないほどの、なにか
ばかでかくて、繊細で、例えるならば、わき水のような。大気のような。
名づけられないので、知っているものにしか例えられないけれど
そのような、なにか。
(あのねぇ、これを、一般的には、いや、最近のスピリチュアル的には『愛』
って言っちゃうと思うんだけれど
愛って漢字でそれを表すのは不適当な気が、私はしているの。)

その、取り出し方がわからないと
苦しいと感じたり
もどかしかったり。

けれども、ここ数日で
それが私の中にも、膨大にあるとわかってから
いや、中と言うか、わたしそのものがそうだというか
そうそう
"すごいねん、私って"
と思ってる。
肉体としての私も
"すごいなぁ、あんた"って。
なんか他人をみるかのようだけれど、思ってる。

そうやねん。
私であって、私でないんよね。


これを、いかにことばにしていこう?
これから。

そのまま、今、発すると
まだまだ「ああ、とうとうイってもうたか」と思われるだけなので
(と言いつつ、書いちゃったよ。)
ちゃんと、大切に、感じていることをことばにしていきたい。

それが、私のまた新たにこれから始まる模索だと感じている。


20100330-R0019117.jpg




今日で、この家での仕事を、ひとまず終えます。

清明のこの日は、スローボディのススメ。
ゆっくり動いて、じっくり微細にカラダをなめまわして(笑)
おいしいごはんを堪能いたしました。

いい一日だったなぁ。



引っ越しまで一週間を切りました。
明日から、本格的な荷造りが始まります。
期日のある『やらなければならないこと』があるだけで
相当なストレスなのですが(笑)
なんとか、がんばりまーす。


また引っ越しギリギリ前にあらためて
お礼のことば、そして、これからのことを記したいと思います。
これからのこと、といっても、まだなーんも決めてないんだけれど
けれど、けれど、ちょっと『こうしていきたい』みたいなことはあるんだよ。
かなり抽象的なんだけれどね。

私にとっても、私のまわりの人にとっても
Happyだと感じる瞬間がたくさんあるように。

今日は、ちょっと飛んでいった話を書きましたが(笑)
これからの私も、さらにこんな感じで、
どうぞよろしくです。




追記

メールやらお便りやらくださったみなさま
どうもありがとうございました。

一人一人にちゃんとお礼のメール
そしてお便りを差し上げたいと思っています。

こんなところから、ひとまず一括のお礼でごめんなさい。

そして、どうもありがとう。






Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 2 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。