Welcome to my blog

空模様

Archive: 2009年11月

No image

 奇跡の脳(My Stroke of Insight)

奇跡の脳(2009/02)ジル・ボルト テイラー商品詳細を見る10月に亡くなったえりさんのブログにのこされていた動画を見て本を読んでみようと思った。脳解剖学者ジル・ボルト・テイラーさんが脳卒中を起こした自分を客観的に観察し左脳と右脳のそれぞれの仕事ぶりを学者としてとらえたもの。図書館でようやく順番が回ってきたものだが予約していたことを忘れるぐらい時間が経った。人気書。本の内容は、上のアマゾン書評、そしてこの動...

No image

 事件は会議室で起きているんじゃない。

最近、つぶやくことを始めてみました。ブログ更新していない間も、律儀にのぞいてくださっている方いつもどうもありがとう。なんとなーくなことを左隅の方につぶやいておりますのでのぞいて更新されてなくても、ちらと見てやってくださいまし。つぶやくといえば、有名な方たちも数多く登録しているTwitter。私も石井ゆかりさんのつぶやきを読みたいがために登録しておりますがその他、いろんな方のつぶやきを垣間見させてもらって...

 ディジュdeダイエット

この連休中、東京からてらじんが来てディジュリドゥのワークショップを開いていった。題して「ディジュdeダイエット」。てらじんとは、この春行われた7generationsWalkで知り合った。今では公私に渡って影響を受けるパートナーであります。ディジュリドゥというのはオーストラリアの先住民アボリジニたちの楽器。シロアリたちが食んでいったことにより空洞になったユーカリの木を使っていて唇や舌の形を変えて息を吐き出していくと...

 紅葉2009

11月の連休中毎年、京都にはおびただしい人が訪れる。中でも、東福寺は屈指の観光地。紅葉も見事だけれど、人の行列も見事。拝観のための長い行列に参加する気持ちは持てず奥のほうにある人気のない墓地へ向かう道を歩き少し離れたところから紅葉を愛でた。向かいの通天橋には人があふれんばかり。こちらの橋にも同じぐらいの人。人が多いところは苦手だけれどかく言う私も、こうしてここを歩いている。紅葉や桜、きれいなものを見...

 自然とともにある

ずいぶん寒くなって、11月らしくなってきましたね~。寒くなり始めると行動が鈍くなってきます。11月初めは家に引きこもってじっとしていたような気がします(笑)寒いの、苦手なんですよね。。。京都のこの家は半端じゃなく寒くて一人暮らしには、実に非効率なんですよね。ようやく寒さにも少しずつからだが慣れてきて動けるようになってきた感じです。14日に東京へ行って新しい家の掃除をしてきました。新居に泊まるのは初めてで...

No image

 Will You Be There

マイケルの「究極ベスト盤」と名付けられたCD集とマイケルジャクソン全記録、そして「LIFE」誌の追悼写真集。アマゾンから届いた昨日は終日マイケルデイ。自分には手が届かない人たちが自分たちにできないことをやってくれている、指し示してくれているというだけで、そこに希望や生きる糧のようなものを見いだせて、自分自身も輝きが持てることを信仰というのだとしたら宗教も、音楽も、芸術もそこに境目はないなぁと思う。名...

 馬場崎さんのタンカ

kotominaのゆうちゃんに教えてもらって東福寺の退耕庵へ、馬場崎研二さんのタンカを見に行って来た。http://www.babasakikenji.com/index.htmlタンカとは、チベットの仏画のこと。実物のタンカは、印刷物で見るのとはまるで異なるその繊細な色使いにため息が出た。馬場崎さんご本人も会場にいらして最後は少しお話をさせていただいた。といっても、タンカの話ではなくて馬場崎さんの出身地で、インドからの帰国後暮らしている長崎...

No image

 Man In The Mirror

I'm starting with the man in the mirrorI'm asking him to change his waysAnd no message could have been any clearerIf you wanna make the world a better placeTake a look at yourself, and then make a changeI'm gonna make a changeIt's gonna feel real good!Come on!Just lift yourselfYou knowYou've got to stop it,Yourself!I've got to make that change, today!You got to not let yourselfStand up! Stand up! ...

No image

 This Is It.

THIS IS ITを観た。マイケルの大ファンだったわけではないけれど一番多感な時にホントによく彼の歌を耳にした。(私は15歳の自分をいつまでもひきずり続け、ある意味今でも多感な15歳だ。ちなみにこの頃洋楽で大好きだったのは、カルチャークラブだった。)だから映像の中の歌もほとんど知っている。映像がはじまった瞬間から、からだの中が揺さぶられて細胞が騒いでしようがなかった。映像だけで、これだけの躍動感。コンサートの...

No image

 カレー食べようぜ♪

こんな時間ですが、夜なべってます。7日の彼のために。あ、違う。カレーのために。ーを打ち損ねたまま変換したら彼になっちゃった。ちなみに夜なべのなべって私は、「鍋」だと思っていたのですが1.夜、鍋物を食べながら仕事をすることから、「夜鍋」を語源とする説。2.夜なべは昼に夜を並べて仕事をする意味で、「夜並べ」を語源とする説。3.夜なべは昼の仕事を夜に延ばす意味で、「夜延べ」を語源とする説。4.夜なべは夜遅く...

 これからのこと

東京が好きだと書いていたら来てみる?というお声をいただいて来年、東京へ移ることにしました。おもしろいもんです。京都へ移って来た縁も相当おもしろかったけれど今回の縁も、いやぁ、人生って予想がつかないからこそおもしろいもんだ。私の頭の中では、機転にさしかかるたびに葛藤があるのですがまずはからだの方が「おもしろいやんかー」と動く気満々となります。重力に逆らわず、が自然なのだと思い知らされます。京都から離...