Welcome to my blog

空模様

Archive: 2009年05月

 夏至の夜・キャンドル倍音ナイトのご案内

先日、最近はまっていると書いたシンキングボウルの音と響き。また類は友を呼ぶというか、にわかにまわりに集まりだしたシンキングボウラ一。 一同に会して響かせあいたいねぇと、kotominaにて以下のような催しが行われることになりました。カラダの奥まで届く音と響きをぜひぜひ体感しにお越し下さいな。以下、kotominaからのご案内です。 *****  『キャンドル倍音ナイト』 *****  6月21日の夏至の夜。  み...

No image

 Shiawase Happy

イランイランを嗅ぐたびにキヨシローのことを思い出す。奇抜なんだけれど、実は誰とでも相性のいい香り。私はイランイランはキヨシローみたいだと思ってきた。ライブもそんなに行ったわけじゃないしアルバムだって、そんなに持っているわけでもないけれど彼が歌っている、しゃべっている、はにかんでいるその姿をどこかで見るだけでよかった。あんなにかっこよくてかわいい人はそうそういない。ついついyoutubeで映像を見てはじん...

 空を見上げる・第三回トリートメントクラス

トリートメントクラスの3回目、終了。今回は、4人のスケジュールがあわなかったために2人ずつのクラス編成で。今日は後半クラス。ひたすら、心地よくすごしてもらえたらと思っている。思う存分に心地よさを味わって、満喫してそして、その満たされた想いをまた別の誰かに伝えていってもらえたらと思う。人って、誰かにやさしくされることによって、やさしさ、あたたかさを知って冷たくされることによって、冷たさを知るんだと思う...

 共鳴する

一ヶ月ほど前、私がかつて仕事をさせてもらっていた店に来てくれていたお客さんから「妊娠しているのだけれど、信頼している人にマッサージして欲しいの。いいかな。」と電話があった。前の店を辞めてから3年が過ぎ彼女の名前も、聞いただけではまるで思い出せない不義理な私のことをちゃんと覚えていてくれて、そして行く先を告げてはなかったのに見つけ出してくれたことに、とにかくびっくりして、ありがとうとしか言えなかった...

 歩いてゆく、そのはじまり 十

5月10日夜中2時にキャンプ場を出発して満月の月明かりのもと、山頂に向かう。途中、月を見ながら歌ったり。4時前には山頂に到着。半分寝ながら、夜明けを待つ。4時半頃。線香花火の玉のような太陽が顔をのぞかせた。(9日の夜で、私のカメラは電池切れ。これは7Gのブログから頂戴しました。)見事なAll Last。満ちた月の夜。太陽がのぼり、また新しい朝が来る。終わりじゃない。いろんな課題を残したと思う。これからが、ホントの...

 歩いてゆく、そのはじまり 九

5月9日朝はゆっくり。夜のイベントに向けて、フラの練習をみんなでしたりしてすごす。昼前に、虔十の会の坂田さんに高尾の自然についてガイドしていただく。降り続いた雨の後の新緑は、今まで見た緑と名付けられた色の中で一番美しい色に思えた。水を抱える苔たち。この水があるから岩の上で、苔たちは森を作る。私はちいさな宇宙に溶け込む。朽ちかけた樹木の内部ではふかふかとした土がうまれていた。大好きな土の香り。この香り...

 歩いてゆく、そのはじまり 八

5月8日朝から強い雨。テントの底にも水がたまってさながらウォーターベッド。ぷかぷかとした感触が伝わる。さすがの雨に朝食の時点で歩くことを希望したのはほんのわずか。けれども、今日には高尾山にたどり着いてしまう本当に最後のwalk day。結局、出発の頃には大多数が歩いていくことを決めた。歩き出すうちに少しずつ雨は小降りに。   高尾に着く頃にはきっと晴れるよいつもと同じように、ただ歩いていくだけ。特別なことで...

 うさと服展@kotomina

雨ですね。この時期の葉たちは勢いがあって上には珠玉たちが転がります。この水玉たちを眺めるのが、たまらなく好きです。飽きないんですよね。またね、何枚撮るんですかーってぐらいあるんですよ。同じような写真が。ああーたまらん!この雨で、いろんな騒ぎがひとしきり落ち着きますように。今日は、施術を受けにきてくれたRちゃんと一緒に夕方からご近所のkotominaへうさとの服を見に行ってきました。kotominaはすっかり服屋に...

 歩いてゆく、そのはじまり 七

5月7日朝から強い風。雨も混じる。がんこ本舗さんから、相模川上流の上大島キャンプ場までのwalkは35㎞あまり。最後のロングウォーク。5月7日のコース相模川はとても大きな川。連日の雨で増水しているため、なんだかその流れを見ていると吸い込まれそうで少しこわさを感じた。自然のエネルギーに対する畏怖の念というか。時々歌ったり、覚えかけのフラを踊ったり。歩き続けるために、適度にみんなで遊びを入れながら。誰一人、弱音...

 歩いてゆく、そのはじまり 六

5月5日、6日のルート柳島のキャンプ場ではがんこ本舗のスタッフの方達が待っていてくださった。雨の中、さまざまなイベントを用意して。まずは昼食。東京町田、井上糀店のてっちゃんの味噌を使った春キャベツとあさりの味噌汁が脳天直撃のうまさ。バターを加えることでコク味が増して、絶品。雨でカラダも冷えていたので、心身ともに沁みた。昼食後は、味噌作りから。店で販売されている味噌も試食させてもらったけれどびっくりす...

 歩いてゆく、そのはじまり 五

5月6日お風呂と安眠のおかげでカラダもスッキリ。朝から雨。晴れた日は歩きやすいが、雨の日も好きだ。幼い頃、長靴や合羽を着て雨が降りしきる中を、はしゃいだあの気持ちが今の私の中にも残っている。この日は、海岸沿いを歩く。海を見るとホッとする。どこまでも歩いていけそうな気がする。海岸沿いには朝からサーフボードを自転車に乗せて、波乗りをしに来る人たちがたくさんいた。この辺りで行き交う人たちは実にいい顔をして...

 歩いてゆく、そのはじまり 四

5月5日朝から気持ちのよい道を歩く。苔好きな私としてはたまらない道。朝夷奈切通し。いい道だったなぁ。朝比奈切通しは、六浦と鎌倉を結んでいる。鎌倉幕府の守りを固める東の関門であったという。鎌倉には七つの切通しがあるそうだが、当時の面影を最も残す古道であり1969年(昭和44年)に国の史跡に指定されている。朝比奈切通しは 仁治 2年(1241)北条泰時によって切開かれました切通しを造った目的は軍事戦略上の理由から...

 歩いてゆく、そのはじまり 三

5月4日葉山から横須賀の田浦梅の里キャンプ場まで15㎞。この日の夕空はとてもきれいだったな。高台からの眺めもよく、とても穏やかな一日。連日30㎞を歩いていると15㎞なんてあっという間。5月3、4日のルート毎食、おいしいごはんが用意されて食事の前にはみんなで感謝の祈りを捧げます。一人暮らしを始めてから、あたりまえだけれど自分で作らなければ食べるものがないし、また、自分のためには実に適当な食事になったりしがちな...

No image

 5月16日のカレー食べようの会

5月16日はカレー食べようの会。今月、来月はちょっとスペシャル。月1度のスローボディのススメ@kotominaは朝から動いて、お昼のごはんを一緒に食べようという内容なのですが今月、来月と、そのお昼ごはんが「カレー」というスペシャルプログラム。動いた後のカレーは「んまい!」ハズ。ぜひぜひこの機会に、気功もカレーもダブルで試しにいらしてね。5月16日(土曜日)□ 10:00~12:00 スローボディのススメ@kotomina□ 12:30~...

 歩いてゆく、そのはじまり 二

5月3日高速バスに乗り京都を出発。早朝横浜に着き、野島公園でキャンプをしているみんなと合流。この日は、野島公園から葉山まで25キロのコース。逗子は、以前友人が住んでいて2度ほど訪れた地。ほんの少しひなびた感のある、光があたたかく穏やかな地だったと記憶していたけれどあれから7年近く経った今も変わらず穏やかなのがうれしい。この日お邪魔したのはインディアンフルート奏者、真砂秀明さんの田圃。真砂さんのCDはセッシ...

 歩いていく、そのはじまり 一

walkの間は、ただ歩くだけではなくて各地で暮らす人たちの話を聞いたりする時間がたくさんあった。比叡山では小森秀恵さんに比叡山の修行のことを伺った。光永圓道阿闍梨にも偶然お会いして、おことばをいただいた。滋賀の坂本では麦の家を主宰する山崎さんから自給自足のことや暮らしの中の美についてお話を伺った。最澄の生誕寺である生源寺では堀沢祖門先生に坐禅の指導を受けた。生きることは暮らすこと。暮らしとは本来シンプ...

 ただいま。

今朝、高速バスに乗って東京から京都へ帰り着きました。3日朝から11日夜まで「夢だけど、夢じゃない!」日々を過ごしてきました。歩くことで見えてくるものがたくさんあったしかけがえのないものたちにたくさん出会えました。自分で行こうと決めたことではあるけれど自分の意志だけではない、何かが働いているといつも感じていました。さすがにうまくことばにできません。壮大な話ですが宇宙は、私の一語一句も聞き漏らしていない...