空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

書・言葉

マッサージと書道はよく似ている
と思っていたけれど
今日は野口体操の本を読んでいて
さらにその想いを深くした。

マッサージから始める野口体操マッサージから始める野口体操
(2008/04/04)
羽鳥 操

商品詳細を見る


野口晴哉さんと野口三千三さんと
同時期に二人の野口さんが
からだについていろいろと語っておられるが
昨日も飲みながらMさんと
からだの内側から言葉を発して
からだを使っていくという点で
三千三さんのほうが、自分たちにとっては腑に落ちやすいよね
という話をした。

三千三さんは、漢字の成り立ちについて
狂ったように追い求めたと書かれていたけれど
(常に白川静さんの本を持ち歩いていたそうだ。)
言葉が、原初には神などの大きな存在に対する祈りをささげるためにあり
からだの内からあふれだしたものであるのであれば
それを表す漢字というものを解き明かしていく過程は
まさしくからだと密接につながる過程でもあるなぁ、と。
だから、私も言葉をいかに駆使していくか
ということをずっと求めている気がする。
言葉でどう表現していくかということと
からだのことを追い求めていくことは
同義なんだなぁ。

それで、私は書道をやめられずに続けているのだとも思う。
言葉もからだもとても密接につながっている。
言葉を、筆と墨を使って書いていくことも。

練習嫌いの私は、なんで書道を続けているのだろうと
思い続けてきたし、
書がそんなに好きなのかと問われると、
実はよくわからないのだ。
前の先生の時点で、書の稽古は実はあんまり好きじゃないみたいだし
もうやめてしまってもいいななんて思ったりもしたのに
どこか、自分の意識のもっと奥の方で
書を続けることを望んでいた。
自分でも不思議なのだ。
今の先生に出会ってから、
もっと原点を見つめたくなった。
書の原点にも、漢字の成り立ちがある。
いつかは甲骨文字や金文を書かなければ。
そう今日思った。
それが私の奥深くに組み込まれたDNAの命題のような気もする。


自分でも思ってもみない方へ
巻き込まれるように動いていく。
意識よりも先にからだが動く。
私の体もずいぶん柔軟になってきたんだなぁと思う。

スポンサーサイト
Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

R0016521.jpg

古い暦の上では、今日から(あ、もう昨日だ)
春です。
お正月。
あけましておめでとうございます。


お正月らしく、今日は着物を着ました。
帯をしめることによって腰が据わり
また鼻緒にぎゅっと力が入るところから
内股、さらに骨盤基底筋群がきゅっと引き締まる感じが
たいそう心地ようございました。

今日は昔の職場を訪れてきました。
今月いっぱいで閉店するらしく、最後のご挨拶。
(北野天満宮の方へまたあらたに出店するそうです。)

前の職場は鞍馬にあります。
店を訪れるのは2年ぶり。
入った途端、とてもとても不思議な心地がしました。
あのままここで仕事をし続けているような錯覚を覚えました。
時間の流れは本当に単純に説明できるものではありませんね。
私の、鞍馬をやめてからの時間はくしゃっと縮んで
そのままカットアウトされたようでした。


2年って、ついこの間であるけれど
その間にあったできごとを思うと、すごく遠い昔。
ここのところ、
そういう時空が歪んでいるような心地を
何度か味わっています。


その後は、鞍馬寺にあがって
ぼんやりと上空を眺めたり
山の水を飲んだら、カラダがスッとしました。

私が今こうしていられるのも
きっと、いや間違いなく、この宇宙のおかげ。
鞍馬に祀られているのは、そういったエネルギーたちなのです。

帰りがけ、土産物屋のおばちゃんに
久しぶりとばかりに手を降っていただきました。
私のことを覚えていてくれてどうもありがとう。
なんだかそんなことがやたらとうれしいのです。


寒いけれど、確実に春なのだなぁ。
縮こまっているようでいて
着々と準備は進んでいます。

私たちのカラダも春の芽吹きを待っています。
今日着物を着て感じたカラダのこと。
そして冬から春への話。

今夜はそのまま気功のクラス。
着物を着たまま、今日感じたことを
そのまんま伝えました。
今日は、ちょっと熱弁をふるった気がします。


新年。
また新しく始まります。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

R0016518.jpg

Posted by チエ on  | 0 comments 

芽吹きカレーを食べようの会

1月25日(日)です。

『新春 カレーを食べようの会』

 ・open 12:00~19:00
  カレーセット 1200円(カレー+珈琲または紅茶)


この間、カレーの中で
スパイスやら、レンズ豆やらから芽が出る
という話を書きましたが
先週作ったカレーのムング豆からも芽が出ました。
ムング豆って、緑豆なんですけどね。
もやしの原料の。
小豆の緑色版だと思ってくださったら結構かと。

3、4時間水につけて、そして煮立たせて少し崩れたようになったものを
カレーベースに投入したので、さすがにこれは芽が出ぇへんやろ
と思っていたのですが、恐るべし、豆の生命力!


少し話はそれますが
年末、紅白をみていたらポニョの主題歌が流れましてね。
アニメの一部も流れたのですが、
私が「私、ポニョに似てるって言われるねんけど
(あの、魚類だか鳥類だか両生類だかわかんないような状態で
波の上を走るシーンはいいねー。)」
と弟に言ったら、
「そんなん、昔からねーちゃんはジブリ系やん。」
と。
ジブリ系・・・。
・・・確かに。
古くは、アルプスの少女ハイジに似ているとよく言われました・・・。
子供の頃の私は、あんな感じでかなり天衣無縫でありました。


というわけで、芽が出るように
私はカレーを作っているときに
メイちゃんとサツキのように、夜な夜な踊っているわけです。
(・・・嘘だからね!)



 何のことかわからない方は
 この動画の後半5分からあたりをご覧くださいまし。
 このシーン一番好きだー。


それにしても、ホンマに
すごいな、豆!
熱されても芽が出るって、どういうことなんだろう。

よくわかんないけれども。

今回のカレーも、ムング豆のカレーにしました。
仕込んで5日め。やはり芽を出しております(笑)。

もうすぐ立春ですしね、春の兆しにはよいですね。
種から芽吹きの季節へ向けて。

豆のパワー、いただきにきませんか?

お待ちしてますよぅ。

Posted by チエ on  | 0 comments 

縁ある人とは会うようになっている

ozikais.jpg

昨日は、私がよく出入りしている
五島列島は小値賀島のかおるちゃんが遊びにきてくれました。
先週はやはり小値賀に住むレイナちゃんがのみさんの講座にきてくれました。
私たちの間には物理的距離感がまるでないようです。

かおるちゃんとは去年の夏、知り合いました。
レイナちゃんと一緒に暮らしている女のコです。

かおるちゃんにマッサージを受けてもらった後
私がバイトしている店にいきたいと言ってくれたので
ああ、これはSさんに連絡せねばと、すかさず電話しました。

Sさんは、私がバイトしている店の常連さんで
小値賀の隣にある野崎島の出身なのです。
野崎島は30年ほど前に住む人がいなくなってしまった無人島ですが
その野崎島を管轄しているのが小値賀島。
野崎島に残る天主堂と、学校跡地を利用したキャンプ施設を拠点に活動しているのが
レイナちゃんとかおるちゃんなのです。

ちなみに私がバイトしている店の女将は上五島の有川出身。

何も知らずに、ただおいしかったという理由だけで
この店で仕事させてください
とお願いしたのが単純な始まりだったのに
なぜかなぜか、この店は私の好きな島々に関係のある人たちが
集う店であって、本当に本当に驚きなのです。
しかも、野崎出身の人に出会えるなんて!
いまだにウソみたいな話だと思います。
Sさんは、少しこわもてな顔なのですが
島の話をするとくゃくしゃの笑顔になります。
私が小値賀に行くたびにいつもお世話になる
かずあんちゃんによく似ています。
かずあんちゃんをもう一回り大きくしたような感じ。
島の人の笑い顔は、みんなこんな感じなのかもなぁ。

縁ある人とはな、会うようになってるんや
Sさんは大きな声で言います。
私はそれを聞くだけで、なんだか泣きそうな気持ちになります。
今日も、胸がいっぱいになりました。
あまりにもうまくできすぎていて。

Sさんはいつも私に
野崎に連れてってーなと言います。
18歳の時に島を訪れたっきりだけれど、いつかまた島に
足を踏み入れたいと思っているといつも話しています。
今日、かおるちゃんと会ったことで
ますますその気持ちに拍車がかかったことだと思います。
なんかSさんは今年、島に行ける気がするな。
今年の夏は、女将とSさんと私とで
小値賀で会えるかも
なんて思ったりしています。
私は、女将の知り合いがいる上五島に行けるかも。

今日は高槻で島の話をしたけれど
今度は、島で高槻の話だね。

いろんなところに知り合いがいて
本当にありがたいことです。

今年の夏は、じっくりと時間をかけて
長崎、そしてそこからどんどん南下して
宮崎、鹿児島を巡る予定にしています。

あああ。
楽しみ。

五島の島々は
本当に美しいのです。
思い出すたびに、みたされる心地がします。

よかったら島々の写真を見てください。
http://picasaweb.google.co.jp/slowbodyqoo


Posted by チエ on  | 0 comments 

つながる・つなげる

先日、奈良の万葉文化館に
田中一村さんの絵を見に行った話を日記に書いた。
11月12日の日記


これがいいよ~
といろんな人に紹介したいことを書いたら
いろんなところにそのまんまペーストするのだけれど
私がHPを作らせてもらっている気功協会のブログにも
同じ記事を貼りつけた。
http://www.npo-kikou.com/(スタッフダイアリー)

それからしばらくたったある日
それを見たとある会員さんがお電話をくださった。
ちょうど私が気功協会の事務所にいる日に。

田中一村さんが世に知られる存在になったのは
NHK出版の大矢鞆音さんの尽力があってこそなのだが
この大矢さんとその会員さんは古い級友だったそうで
私が書いた記事のことを大矢さんに伝えてくださり
それならばということで、大矢さんが私に一村さんの画集と
大矢さんの著書をくださることになった。
そしてそれらを今日受け取った。

大矢さんは、安野光雅さん(この人の絵も大好きだ)の美術館の館長や
万葉文化館のプロデューサーもされている方だ。
田中一村さんのことをブログやらに書かれた人も多いだろうに
私の書いた記事にそのような対応をしてくださり
なんともありがたい気持ちになる。

人のつながりが
本当におもしろい。
ネットの中といえども、あなどれない。
ネットという世界だからこそ
自分が本当に望んでいるところにつながることが可能なのだと思う。
大事にしていれば、見つかる深い縁がある。



今日はバイト。
思いがけず、ぱんださんがお友達を連れて飲みにきてくださった。
そのお友達の方は、店の常連さんで週に5日はくるMさんのところで
勤めているという人だった。

私につながる輪

誰かにつながっている輪。
その二つが重なれば、大きな輪ができる。
そんなふうに、人と人がつながっていくのを見ることは
本当に楽しいことだ。


どうもありがとう。

今度はもっと飲んでいけよな。

Posted by チエ on  | 0 comments 

1月17日

14年前になるのだね。


HPのプロフィールにも書いているが
私が今の仕事を始めるきっかけのひとつとなったのは
14年前のこの日起きた大きな出来事。

神戸で幼少期を過ごした私には大きなショックで
何か神戸のためにできることはないか
と思うのだが、私にはできることが何一つなかった。
今はボランティアの体制も整えられているのだろうが
この時は、身一つで現地に行っても何の助けにもならなかった。
とてもつらかった。
もともといやでいやでたまらなかった会社の仕事が
さらにいやになった。



先日14日の朝、地震があった。
このまま大きく揺れだしたらどうしようと思った。
ニュースで見ても、何の情報も出てなかったので
調べてみたら、ピンポイントの京都南区が震源で
他には特別影響のない揺れだったようだ。

あの日の朝も、ぐらぐらっと揺れて
そのうちさらにがたがたと大きく激しく縦に揺れた。
眠りからたたき起こされ、きゃあーーと叫んで
私は頭から布団の中にもぐりこんだ。

あの揺れは体感として今も記憶に残っている。


私のカラダの中も揺り動かされた、あの日のこと。
忘れない。
忘れないでいる。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

ゆれる・ゆらす・ゆさぶる

気功クラスでする動きの中で
立ってつま先はつけたまま、かかとをとんとんと上下させて
全身を揺さぶるという動きがある。
私はこの動きが大好きだ。


この動きは
貧乏ゆすりといわれたりもするし
また、野口三千三さんがされていた体操として
「野口体操」という名前もついていたりする。
(ただし、三千三さんが名づけたわけではない。
三千三さんも名前をつけたりするのが好きではない方だったようだ。
野口晴哉さんと並んで、身体論関係では著名な方だ。)


野口三千三さんは
カラダを液体のつまった皮袋というイメージで捉えていたそうだが

 からだの中身が、足の裏から伝えられたエネルギーで
 細かい水玉になって少し浮き上がり
 やがてそれぞれパラパラと落ちていく・・・。
 こんなイメージでやるのも、とても気持ちがいいものです。


この動きのことを著書の中で書いている。

また

 身のこなし
 とは
 身を粉に為すことだ

とも言っている。

(三千三さんも、漢字や言葉の起源を追い求める方だったそうです。)
http://blog.goo.ne.jp/ngc3003/e/7c5c36858e62de1acd0567d5531046c8



からだを揺さぶることで
固まったものがほぐれていく。

そう。
まるでビンの中で吸湿して固まってしまった塩が
ビンを振ることで細かく、そして粒がととのっていくような
そんなイメージ。

私たちのからだを構成する60兆個もの細胞たちが
揺れて、秩序を持って並んでゆく。


何かかくれていたものが
飛び出す可能性もある。


本当にやりたいと思っていたこと。
ずっと忘れていた遠い日の感情。

埋もれていたそんな想いたち。


14年前のあの揺れは
私のカラダを激しく揺さぶったのだ。


Posted by チエ on  | 0 comments 

日本一わかるんじゃないか!(笑) のみさんの生理解剖学講座

R0016455.jpg

11,12日そして14,15日と2日程にわたり、
のみさんこと野見山文宏さんに静岡からお越しいただき
「日本一わかる!生理解剖学」と銘打たれた講座を
主催させていただきました。
http://www.eonet.ne.jp/~slowbodyqoo/nomisan.htm

どちらの日程もあっという間に定員に達し
誰もキャンセルされることなく当日を迎えることができ、
また、みなさんがきらきらとした顔で帰っていくのを
本当にうれしく見ていました。
集まる面々によって場が変わり、
それを感じとることも私にとってはとても興味深いことでした。


昔、私は
私の言うことなんて誰も聞いてくれない
そしてまた
言ったってわかってもらえない
などと思っていました。
私の言うことを聞いてもらうことで
なんだか相手の機嫌を損ねてしまう気がしていました。
会話を早く終わらせたいがために、余計にしどろもどろになり
うまく話せないと思うことから、口から言葉を発することに対して
いつも緊張していました。

そんなことから、書いて表現することを
好むようになったような気がします。

私の書いたことに関心を抱いてくれる人があらわれて
そして、このブログをのぞいてくださる方が増えて
私がのみさんの講座に行った記事を読んでくださった方々が
「なんだかおもしろそう」という理由だけで
お越しくださったことに、私は驚いていたし
受け取ってもらえたことにも、感動に近い気持ちを抱いていました。


講座の最後に
小指の先が変われば、世界が
いや宇宙までも変わるかもしれない
とのみさんがおっしゃったのですが
まさに、この言葉のなかの「小指」は「私」に置き換えられます。
私が変われば、周りの反応も変わる。
私が楽しめば、周りもなんだか楽しそうだ
とその楽しさの渦に巻き込まれにくる。
楽しさの渦は、きっとこの先も増幅されていくはず。


1月に入っても
今ひとつ明けた感じはないままでしたが
これで、一区切り。
6日前の私と今日の私はまるで違う気がしています。


昨年6月に初めて参加した大阪の講座では、
表現の仕方は違えど、私と同じようなものがのみさんのベースにはある
と感じられたことがおもしろく
今回の講座では、ああ、これは気功の動きを
解剖的にひもといてもらっている、
気功の動きとのみさんが説明されていることはまったくおんなじだと
合致したことが私の中で大きな収穫でした。

初めての時にはそう感じられてなかったんですよね。
思考として、そうだよなー
ということだけ。(かわいげのない生意気な生徒なんです・・・)
それが今回は、「動きとして同じだ」と体感できました。
特に、後半の日程では
これは気功そのものだと思いました。
のみさんの話を聞いた上で
気功の動きをすると
より立体的にカラダで捉えられる気がします。


マッサージの仕事を始めて12年になります。
独立して丸3年。
はじめは誰かの役に立ちたいと思ってはじめたマッサージでしたが
今は、自分を知るためのツールになったなぁと思っています。
この12年間は私が私になるプロセスでした。

昨年末でこのプロセスは
いったん終わると感じました。
これからまた新しい始まりです。
その始まりの時に
のみさんとこうしてすごすことができた数日は
私にとってとても豊かな肥やしとなりました。
この肥やしを糧に、またすくすくと伸びていけることと思います。


今回、集まってくださった面々も
これもあれも繋がっていて、まさに複雑系。
小宇宙的でありました(笑)。
私たちは、こうして複雑にかかわりあっている。
おなかの中からフツフツと笑いがこみ上げてくるような
そんな出会いがこれからもまだまだありそうです。
私が動くことで、この先がどんどん変化していく。
これからが楽しみでたまりません。


これからも、いろんなことをここにご紹介していきます。
ぜひ、この渦に巻き込まれにいらしてください(笑)。
お待ちしております。

ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

R0016468.jpg

Posted by チエ on  | 0 comments 

知ゑびす

一時、緑ヱビスばかり飲んでて
友達と飲みに行くにも
店先に
ヱビス・ザ・ホップあります
とのれんがあるという理由だけで
その店に入ったりしていた。

で、その店で緑ヱビスを飲んだことから
一緒だった友達もはまったらしく
あれからヱビス・ザ・ホップばかり飲んでる
と年賀状に書いてあった。

私は、
 最近はプレミアムモルツになった。
 量はいらないから、おいしいお酒が飲みたい。
と書いたら
さっきメールが来て

 妹の嫁ぎ先の両親が
 何故か毎年 私に、と
 エビスをくれる。なんで エビスなんだ?
 私が 好きだと誤報が流れてるらしく
 なら 思い切って
 「最近は、ホップが好きだ」
 と 伝達して貰おうかと悩んでいたら
 何故か ポン柑が届いた。ショック(涙)
 ベジタリアンになった、とか アルコールを摂らなくなった、とか 誤報かな?
 あ(笑) 酒の話ばかりしてた。

 さっき 【詠】の字を探すのに難航してたら知エビス!ってなってて
 これもアリだなと笑ったよ。


と書いてあって爆笑。
さすがキリちゃん、いつも笑かしてくれるなぁ。
(私の名前チエは、漢字では知詠と書きます。)


知エビス!

知ゑびす。
・・・いい!

今年からこの名前で行くか。



他にヱビスネタ2つ。

*そういや10日はえべっさんですね。

*先日、バイト先で
ヱビスビールのラベルの
えべっさんが鯛を2匹担いでました。
珍しいんだそうですね、2匹担いでるラベルは。
なので、空き瓶のまま飾ってありました。
なんでこんなとこに空き瓶が?
と思った私は片付けようとして
おかみにあわてて止められました。

http://www.life-talk.net/other/saying/kako/05_ebisu.html

ラッキーヱビスっていうんだって。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

1月の予定

★スローボディのススメ

日時 :  1月17日(土) 午前10時から
    
      1月26日(月)新月 午後7時から
     
      1回 約2時間

場所 :  kotomina

費用 :  2000円/回



★今年から新しく「気功教室」を始めることにしました。

  スローボディのススメとどう違うのー?
  と思われる方もいらっしゃると思います。

  スローボディのススメは
  香りなども使って、五感をふるわせ
  より自然に近づいていくためのレッスンを含みます。
 

基本的には水曜日。月3回行います。
午前11時開始で1時間30分です。
費用は一回1500円。
場所はkotominaにて。

今月は7、21、28日に行います。



ご予約、ご質問はメールでどうぞー。



★今月のカレー食べようの会は1月25日(日)です。
 お越しをお待ちしてマース。

★精油の注文も承ります。
 今月は1月12日までにどうぞ。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

課題2コマ

ペルーへ旅立っているMさんの代行で
某フィットネスクラブの気功クラスを受け持つ。
40分を2コマ。
私がいつも進行しているクラスはたいてい一回で90分だから
40分はとても短い。

昨日の夜、i-podにつめこんである気功用音楽を
どこからスタートさせたら40分になるかを確認。
(パソコンでできるんだけど、なにせ壊れてしまったからねぇ・・・)
どういう内容で進行させようか、ちょっと案を練ろうとしてみたけれど
だいたい私は段取りが苦手。いつもいきあたりばったり。
やっているうちに40分の采配もできるだろうと安易。

2コマは続けてで、通常Mさんは初級と中級クラスと設定していると言っていた。
続けて受ける人がほとんどだけど、別にやりたいようにやってくれていいし
おんなじことを2回やってもいいしと言ってくれていたけれど
同じことをやったって、受ける人も私もツマンナイ。
で、結局、音楽も変えたりしてやってみた。
新鮮でとても楽しかった。
40分って、いいなー。お手軽。

受けてくださっているみなさんの顔もほんのり笑顔でよかった。
他にどこの教室で?と聞いてくださる方もいて、ありがたい。

気功を教えるなんて
始めた頃は思ってもみなかったことだけれど
いつのまにかそうなっていて
ホント、いい財産になっているなぁと思う。

前は誰かの教室を引き受けることが
こわかったけれど
今は、わたしにできることをするだけでいいということもわかってきた。

私の好きなミュージシャン細野晴臣は、「受け手に徹している」と言っていたが
自分が自分が、と押していくことよりも
巻きこまれるように、「やってよ」といわれることをただ引受けていくことが
私にもきっとあっている。
あ、これまた大好きな内田樹もそう言っていたな。
私が好きな人はたいていそんなことを言っている。
そういうことを言ってくれるから好きなのか
好きな人が私にビビットなことを言うのか
もうどちらが先なのかわからない。
私自身は初めての場に少しビビっていても
私の身体はとても喜んでいる。

40分2コマ。
クラスを構成するいい課題をもらったなぁ。
これでお代もいただけるんだから、なんていい時間。


一人で仕事するようになって丸3年。
特別困ることもなく、好きなように日々をすごせている。
どこかで、自分のためだけじゃない何かに
還元しなきゃなぁと思う。
何がいいだろうか。


Posted by チエ on  | 0 comments 

始動

あけましておめでとうございます。
31日から実家に帰り、2日に京都に戻りました。

パソコンをたちあげ、OSのアップデートの案内が来たので
いつものように進めてシャットダウン。
再起動させようとしたら、OSがたちあがらなくなってしまいました。
およよ。
キーボード上の操作でも再起動できず
CDも受け付けてくれないのでクリーンインストールもできず。
お手上げ。

押入れに入れっぱなしだった古いWindows機を取り出し
わらをもすがる想いで再セットアップしてみたら
コト切れたと思っていたマシンが、さくさくと動きます。
どういうことだ?
何度やってもひゅるひゅるという音をたてて
落ちまくっていたマシンなのに。
とにかく、ネットなしでは私の仕事も成り立たないので
ありがたいことです。

一応まだ保証内なので、修理依頼の電話をして
入院をお願いいたしました。

当然これまでのデーターはクリアになるわけで
(ある程度のバックアップはとっていますが、ここ最近のは・・・とほほ)
新年早々、まっさらさらなところからスタートです。

大掃除も、年賀状作成も
取り掛かることなく年を越えました。
旧暦体制ですので、この一ヶ月かけて
いらないものを一掃していきたいと思っておりましたが
これはその第一弾ですねぇ・・・(笑)

よき年の始まりを予感しております。

ひとまず、西暦カレンダー上では2009年。
本年も、変わらずよろしくお願いいたします。



***********

のみさんの講座の件でご連絡くださった方々。

申し訳ございません。
上記のような理由で、メールアドレスを紛失してしまいました。
キャンセル待ちをしてくださっていた方々にも
申し訳ございません。

今のところ、キャンセルの動きはございませんが
のみさんにお会いしたときに
次回の開催に向けてお話ができればと思っております。
その際は、すぐにご連絡差し上げたいと思っております。
キャンセル待ちを下さっていた方へ
真っ先にご連絡差し上げたいと思っておりますので
再度メールをいただけますか。
お手数をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

*********


Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。