空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

五島列島

旅 2008年 10月号 [雑誌]旅 2008年 10月号 [雑誌]
(2008/08/20)
新潮社

商品詳細を見る


3日から、私が行く長崎、五島の島々。
その五島列島の特集を組んだ雑誌が今発売されています。
http://www.shinchosha.co.jp/tabi
いいぞー、新潮社!

写真もたっぷり。見所満載。
こんなオシャレな旅雑誌があったことを
今まで知らずにいたけれど、
こんなコアな特集記事を組む雑誌なら、これからもチェックして行きたいッスね。




私の長崎に対する思い入れは
このブログに「長崎」というカテゴリーがあることからも
おわかりいただけるかと。

よかよか長崎。

よかったら
私が旅に出ている間、雑誌でも眺めて
一緒に旅している気分を、味わってくださいな(笑)。


スポンサーサイト
Category : 長崎
Posted by チエ on  | 2 comments 

アルバートとまるちゃん

先日、まるちゃんのセッションを受けました。
その時のことを書いてみたいと思います。


まず
ふとんの上に横になって
目を閉じていると
まるちゃんが笛のような声で歌いだしました。
篳篥(ひちりきってこんな漢字なんだ!)みたいな音。
そのうち、倍音も混じってきました。

頭の中が空洞になって
そしてその空洞で音が共鳴し合う感じがあります。
さながら鐘の中にいるよう。
くわんぐわんと響いてきます。

ずっと聞いていると
すぅっと無意識の中に落ちていきます。
「私」としての意識はちゃんとあるけれど
カラダだけがじんわりと重くなって眠りに落ちていくような感じ。

無意識と意識
身体と心
そんな感じにわけられるもの。
けれど、ほんとはわけて語れないもの。

倍音を聞いていると
その境目に漂うような心地が味わえます。

音の響きと
カラダの細胞、いやいやもっとその奥、細胞を構成する水かな、
そう、音でカラダの中の水が共鳴、共振する。
何かがゆっくり起きだして
じんわりとカラダの隅々まで充たされます。


ちゃんと起きて、私のアタマは慌ただしくイロイロなことを考えたりしているのに
カラダはぐっすり眠ったようなさわやかさ。


その後、まるちゃんの目には見えないパートナー
アルバートとお話をしました。

私は、いろんなことを受け止められるし
受け止めて流すこともできるんだけれど
それでも少しずついろんなものを溜め込んでいるし
実は溜め込みやすいので、それは気をつけた方がいい
と言われました。
イロイロ溜まると腰から脚、下半身にかけて滞りやすいので
その流れも調整してくれたようです。


そうなの。
私、イヤなことが続くと腰に出るのです。
ここ最近は全然ないけれど
昔、ルーティンの仕事をしていた時は
イヤでイヤでたまらなくって、毎日イヤだーイヤだーと思っていたら
坐骨神経痛になりました(笑)。
しかも2回も。
その2回は、それぞれ別の仕事をしていた時でしたが
どちらも極限にストレスを抱えていた時だったので
ああ、私の目安は腰にあるのだなとわかりました。
あの痛さのおかげで、坐骨神経痛に悩む人のツボがわかります(笑)。





アルバートは、押し付けがましいことは一切いわず
ものすごーくユルーイ感じで今の私のことを
「いい感じだねーっ」と言ってくれました。
私が海のそばで暮らしたいという話をすると
「そうだねー、なんかさー旅館の女将っていうイメージだよね、チエさんは。
フツウじゃない宿ね。いいよねー。」
と言いました。
ふふふ。
そうなの。
私が将来したいのは、マッサージだけじゃなくてね
人をおもてなしすること全般がしたいのです。
マッサージはホントおまけ。
今もそうなんだけれどね。
来て帰るまでがワンセッション。
心身ヨロコブこと全てを提供したいのだなぁ。
結局、私のヨロコビはそこにあるのだなぁと
最近つくづく思うのです。
むずかしいことは抜きにして
もうね、うれしい楽しいおいしい気持ちいいがあれば
それだけで人はすこやかになれちゃう。
単純にマッサージだけじゃないなぁ、と思うと
私の興味の対象は少しずつ方向を変え始めました。
そんなことを感じ始めたところで受けることができた
まるちゃんのセッションでした。


さんきゅー。
まるちゃん
あーんど アルバート。

ヒーリングとか癒しとかに
私が胡散臭さを感じていたのは
そのコトバのせいではなく
それらを求める人の中に「依存」を感じるからでした。

誰かにほーんのちょっぴり背中を押してもらうことで
自分で立って、前に進みだせるようになることが
本当の意味での「癒し」だと思います。


アルバートは決して、「こうしろ」とか「ああした方がいい」という言い方はしません。
受け止める側次第でその意味も変わるようなことを言います。
そこがいいんだと私は思います。


へへへ。
すっかり、その気になっている私は
海の近くに住む私を思い浮かべて、妄想膨らませまくりです。

願い事が叶うコツは
 「そうだといいなぁ」となんとなく思い浮かべてみる。
 そして思い浮かべたことを忘れる。
だそうです。
私も、仕事に関してはそれだけでここまできてます(笑)。



まるちゃんは普段、東京の東中野で活動しています。
興味のある方はまるちゃんのHP http://waon-maru.com/
をご覧下さい。

まるちゃんは京都がとても気に入っているようなので
これからもちょくちょく京都に来ることでしょう。
またその時は、このブログでもご案内させていただきますね。


あー
アルバートと話をしてから
海がさらに恋しくなりました。

9月3日からは、長崎、五島の島々の海を
満喫して来まーす。
10日まで音信不通となりますのでよろしくです。



Posted by チエ on  | 0 comments 

不安なんて、ない

台風はなくて、雨雨雨。
私の両親の実家辺りも大変な豪雨
(豪雨だけでもすごいのにさらに「大変」がつく、そのすごさ)で
避難勧告が出されていた。

この夏はまたいつもと違うな
とは思えど、昔から言っているが
私は「異常気象」というコトバに違和感を覚える。
別に異常なんかじゃない。
事象としてはごく自然。
もう何が起こっても、おかしくはないんだろう。


人々の不安を煽って、何かの販売に結びつけている例がたくさんある。

自分たちが得るものは、もっともっといいものを求めてやまないが
反対に、自分たちから出て行くものには無頓着だ。
実にバランスが悪い。
出したものと同じ分だけかえってくる。
それが循環しているということだ。


栄養のなくなった野菜。
汚染された海産物。
蓄積する有毒物質。
人間のカラダに悪影響を及ぼすものの話。

やたらに不安を煽る物言いに
私はかえって疑問を抱く。
そのような話をする人たちも同じように話を聞いて、不安に思って
いろんな人にこの現状を伝えなければ
と思ったのだろうけれど
よかれと思ってやっていることだけに
対処がむずかしい。
自分がいつ何時も正しいという正義感は、なんとも厄介。
まったく余計なお世話だ。



いたずらに不安を煽ってはいけない。
そして、その不安の渦に飲み込まれてもいけない。

ずっとこのままであって欲しい
と思うから、そうじゃなくなるのが不安なんだろう。
変わっていくのが自然なことだと思えば、何の不安もない。


天候の不順や災害も、同じことだと感じる。

不安が不安を呼ぶ。
さらに渦が大きくなっていくもんだ。


その渦には、巻き込まれない。

起こっている現実にただ目を向ける。

それだけのこと。


Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments 

おはぎ屋

一日、何の予定もないお休み。
ずっとやらなくちゃと思っていたことを全てすます。
月末の振込数件と、夏の恒例バジルペースト作り。
一枚一枚葉と穂先、花を摘んで、松の実、にんにく、パルメザンチーズとともに
ミキサーにかける。
かご山盛りのバジルの葉から、ジャム瓶で2本ほどのペーストができた。
バターと塩で味付けしパスタにからめると絶品のうまさ。
夏の保存食作りはこれが最後かなぁ。


やることを全てすませたご褒美に
近所にできたおはぎ屋でおはぎを買う。
以前からお彼岸あたりには軒先に「おはぎやってます」「予約たまわります」と
はり紙のあった家だったが、今月初めにとうとう「おはぎ屋」として立派な店構えができた。
あんこ大好きな私としては見逃せない店である。

住宅街にぽつんとあるのに
近所の人に評判の味で、一日に軽く200個はでるそうだ。
ohagi.jpg

程よい甘さと塩加減。
おいしかったなぁ。
コドモの頃、ナダシンのおはぎで育った私には
うれしい店だよ。


南区にはコジャレた店はまったくないが
なかなか通好みな店はたくさんある。
お好み焼き屋、韓国料理屋、焼き鳥屋、ラーメン屋。
ディープな面々である。
そしてとうとうピンポイントなおはぎ屋!
ケーキ屋でもパン屋でもなく、おはぎ屋!
これはいい。
ぜひうちにこられた皆さんも、一度ご賞味あれ。

京おはぎ工房


*****

さてさて、9月3日から遅い夏休みをいただいて
毎度恒例、長崎に行ってまいります。
10日までお休みいただきます。
この間、メール、電話は不通になるので
お返事が遅れます。

またパワーアップして帰ってまいりますので
どうぞよろしくお願いいたします。



Category : 京都
Posted by チエ on  | 0 comments 

小松菜と京あげと黒目豆のカレー

curry200808.jpg

昨日はカレー食べようの日。
おかげさまでたくさんの方にお越しいただけました。
ありがとうこざいます。

みなさんにおいしいと言っていただけるのがなにより。
私にとってパワーの源となっています。

昨日のカレーは小松菜と京あげと黒目豆のカレー。
小松菜と京あげを一度煮びたしにして入れてあるので
ほんのちょっぴり和風テイストに仕上がりました。

黒目豆はあまりなじみのない豆だと思いますが
ホントに黒い目のような模様が入っているかわいい豆です。


来月からは少し早めに
今日のカレーは○○カレーです
と告知しようと思っています。
これまで3回やって来て、
基本的には野菜をペーストにして作ったルゥをベースに
肉類は使わずにきましたが
これから会がすすむに従ってイロイロバリエーションを変えたいな思うと
私は食べられないものがほとんどないのですが
人によっては、肉類が食べられない、キノコがだめなど
何のカレーかわからないから行くのを躊躇してしまう方も
いらっしゃるでしょうし、そんなことを考えると
やはりちゃんと「今月は○○カレーです」と早めに告知した方がいいな、と。


またそのうちレシピも公開いたします。
塩やスパイスの量などはいつも適当なので
大さじ何杯とか、書けないというのが実情ですが
それはそれでみなさんなりの味ができてよいのではないかと思っています。


来月は9月23日を予定しています。
またあらためて詳細をお伝えいたしますので
ぜひぜひご都合をあわせていらしてくださいね。
お待ちしてまーす。

Posted by チエ on  | 0 comments 

8月の カレー食べようの会 もういっちょ!

前もお知らせいたしましたが
少々変更があります。

夜の部に、6月末にkotominaで知り合った
まるちゃんも来てくれることになりました。

まるちゃんはチャネリング、ヒーリングのできる人。
アルバートという目には見えないパートナーとつながって、
いろんなメッセージを伝えてくれます。


カレーを食べようの会の夜の部には、
まるちゃんとアルバートを囲んで
お話会をするという話になりました。

なんかおもしろそうー
と思われた方はゼヒゼヒ遊びにいらしてね。


以下詳細です。

****

『カレー食べよう の会』 
8月24日(日) 11:00~18:00
参加費 1200円(カレー と 珈琲又は紅茶、デザート付き)
           


☆18:00~ 『オトナの カレー食べようの会』(予約制)
参加費
    *カレーセット  1200円
    *カレーとお酒、おつまみなど何品か、デザートのセット 3000円           
           
*アルバートとのお話会参加の方は別途参加費2000円をおねがいします。
        



☆まるちゃんより
 
『ハートほっこり おしゃべりの会』
 ~アルバートと過ごす夕べ~

アルバートとは私まるのチャネルパートナー(高次の存在)です。
私とはいつもハートの奥で繋がっています。

そのアルバートに私の体を一時委ね、
みなさんの聞きたいこと、知りたいことにお答えしていきます。

一般的に「チャネリング」というものと
基本は同じなのですが、

もっと親しみやすく、分かりやすくて、ゆるい感じです。

アルバートは愛と安心の存在です。

口調もまったりとして、時にはジョークも飛ばします。

不思議だけど落ち着いた楽しいひとときになると思います。

緊張せずに どうぞ 宜しかったら ご参加下さい。

お酒もちょっぴり入って、ほっこりしながら、

輪になって繋がる感覚で 楽しんで頂けたら・・・と思います。

よろしくお願いします♪


◎参加者のおひとりおひとりの質問にお答えします。

日頃のお悩み・気になることなど、その場でお伝え下さい。
(参加者の方の人数により、お一人様ひとつずつのご相談になる場合もあります。)

◎時間 1時間半くらい。


◎料金 お一人様2000円(コトミナ特別価格)


◎ご予約について

当日のご参加希望でも構いませんが、
なるべく予め連絡頂けると有難いです。

(コトミナ まで お願いします)

-----------------------------------------

◎アルバートもミクシィやってます。
(私が彼と繋がった状態で日記をたまに代筆しています)
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=8842912



◎私が普段セッションしているサロンのサイトです。

WA◎N(わおん)まるちゃんのナチュラルハートセレモニー
http://waon-maru.com/

宜しければ併せてご覧下さい♪


-------------------------------------

翌日25日午後13時よりコトミナにて個人セッションもさせて頂きます。
定員に達したので受付は締め切らせていただきました!

◎個人セッション

ナチュラルハートセレモニー(オリジナルエネルギーワーク)
&アルバートおしゃべりミニ相談セッション

◎1時間半 8000円(コトミナ特別価格)

ご自身の滞り(既に手放す準備が出来ている古い思考のクセや
変化したいという意識を邪魔している原因など)
を自然に流していけるようなお手伝いをさせて頂きます。

ナチュラルハートセレモニー(NHC)は、
歌や倍音、口笛のような音、を出しながら行います。

アルバートおしゃべりミニ相談セッションでは
個人的に気になること、何でもお聞き下さい。
可能な限りお答えしていきます。

※セッションを受ける方は必ずサイトのご注意をお読み下さい。
http://waon-maru.com/atten.html

◎完全予約制です。

ご予約は、

manmarunahikari@yahoo.co.jp  または

ミクシィ(まる)



まで直接ご連絡下さい。

お時間など詳しい事を折り返しご連絡致します。


よろしくお願いします♪

Posted by チエ on  | 0 comments 

正しい夏休みの過ごし方

vege.jpg

幼い頃は、夏休みは父母の郷がある愛知に毎年帰省していた。

父の家は農家をしていたので、大きな家で
仏間の大広間を走り回ったり、
家の横にある用水路で小魚を捕ったり、蝉を捕まえたり
時々は畑に行って、トマトを採ったりした。
心底、おばあちゃんのトマトはおいしいと思っていた。
縁側でスイカやトウモロコシを食べた。
父が「このナンバはこわい」と言ったりして
何が怖いんだろうと思っていたが
このトウモロコシはかたい
の意味だということが、もう少し大きくなってからわかった。

今はもうきっと遠いとは感じない場所だろう、
大きな川を目指して一人でテクテク歩いた。
ずいぶん遠くまで歩くような気がして、少し心細くなったりもした。
少しずつ赤く染まる夕空を眺めた。
こういう感じが好きだ
とコドモの頃も思っていた。

私の夏休みの原風景。


この間の昼間にした、スローボディのススメで
床でゴロゴロと伸びたり転がったりした後
みんなでお昼ご飯を食べて、スイカを食べて、昼寝をした。
コドモの頃の夏休みを思い出した。
「正しい夏休み」って、こういう感じだなぁと思った。

こういう夏休みの時間を、夏の間にもう一度過ごしたいなぁと思い
ゆうちゃんと相談して、もともと31日にする予定だった
「床板の蜜蝋塗り」の日に、そういうゴロゴロしたりスイカべたリ昼寝したりする時間を
プラスしてもらうことにした。

以下、ゆうちゃんからのご案内。


********************


 8/31(日)『うごいてやすむ 正しい夏休みの過ごし方』
        10時 ~ 夕方まで
        参加費 1000円

  10:00~ 床板にみつろうを塗る時間
         木もじぶんの手も。しっとりやさしい香りに包まれます

  おひる みんなでごはんの時間

  午後  しっとりつやつやになった床板の上で、おひるねの時間
      おひるねの後は すいかをたべましょう

  夕方 解散


 *みつろうを塗ったり寝転がったりするときに、多少みつろうがつくかと
  思いますので、汚れても大丈夫な服装でお越し下さい。
  または、着替えて頂くこともできますので、お着替えをお持ちくださいね。



暑い夏こそ気持ちよく動いて汗かいて。
うごいた後はすとんとやすむ。

うごいたあとはおいしくたべて たべたらおひるね そして おやつ。


8月最後の一日を。
『正しい夏休みの過ごし方』 してみませんか?

一緒に夏の一日をたのしみましょう!




私も参加します。
8月最後の日。
夏らしいことしてないなぁ
と思ってらっしゃる方、
よかったらどうぞ。




大学生の頃、大阪の淡輪でキャンプリーダーをしていた。
4、5泊しては家に戻るというサイクルで
夏休みの大半を海で過ごしていた。

毎日、海を見て、ワークが終わった後は防波堤でしゃべって。
夜はキャンプファイヤーの火を見て、夜空の星を眺めた。


そんなかつての日々を最近、少し思い出す。

今の家で過ごす京都の日々は、とても好きだけれど
何かが足りないという想いはまだ拭えていない。

私の毎日に必要なもの。
それは川だったり、海だったり、空だったり。

なんとなく足を止めてそれらを眺める時間があることを。
日常の中にそれらの音やにおい、空気をいつもいつも感じられることを。

そんなことを最近、私は切に願い始めている。



Posted by チエ on  | 4 comments 

8月の カレー食べようの会

8月24日(日) 『カレー食べよう の会』  at kotomina


11:00~18:00


参加費 1200円
     (カレー と 珈琲又は紅茶、デザート付き)
           

18:00~ 『オトナの カレー食べようの会』(予約制)

参加費 3000円
     (カレー・おつまみ・ビールやワイン・デザートなどなど)
       
ゆるゆると。。 お酒とともに愉しむおとなじかんなカレーの会です。



やっぱ、お酒も欲しいよね
と言った人がいたので(何を隠そう私です。)
夜6時以降は大人の時間で、お酒飲みながらだらりんと過ごすことにいたしました。
もちろんカレーも食べて。
夜の部のみ、来られる方は予約くださいませ。


お待ちしてまーす。


今までのカレー食べようの会

Posted by チエ on  | 2 comments 

合気道

土曜日に合気道の体験クラスに行ってきた。

合気道のことに関心を持ったのは
2年前に内田樹さんの本を読んでからだ。
内田樹さんは私の憧れの人である。→こんな人
内田さんの著書の中には合気道のことがしばしば出てくる。
つまり、なかばミーハー的関心からである。
(なかば、と書いたのはそれだけじゃないと言いたいからである。
内田さんは身体と精神のつながりを私のかゆいところに手が届く書き方で示してくれていて、
そりゃあもう気持ちEのである。
私の仕事上でも大いに役立っているのである。
特に、身体論についてはホディワークをする上で、
そこテストに出るよー はい、アンダーラインねー
ってな感じに受け取っているのである。)

2年前も、道場を探すぞと
気持ちの盛り上がりを見せていたのだけれど
結局、見つけきれず。
けれども、その火種はいつまでもくすぶり続けていた。


そしてするすると時は流れて
先日6月9日、矢加部さんと松尾大社の磐座を参拝しに行き
そして7月、矢加部さんの合気道ワークショップを
kotominaですることになった。
なんというか、そういうことになってしまったという流れで。
ミーハー的関心だけで、合気道の何たるかを知らずのままであったが
矢加部さんのワークショップを受け、ほんのちょびっと
そのエッセンスをつかむことができた。

闘わずして勝つ。
ぶつかることのない武道、合気道。
いかに自分を柔らかくして、そしてするりと相手から身をかわすか。
本当に、川に流れる水と岩の関係。
岩にあたる水はしなやかにかたちを変え、そしてまた流れて行く。
岩も少しずつ削れて丸くなっていく。
合気道って、そんな感じ。
(でも、合気道のことを語れるのは
きっとまだこれから長い長い先のこと。)


  矢加部さんのワークショップのことは、
  なんだか書けずにいますが
  また今月も行われる予定です。
  コチラを参照ください。→kotominaのブログ


矢加部さんのワークショップを受けた後
ミーハー的関心を越えたところで
合気道をやってみたいという熱が再燃。
新月の折、これは今までやりたいと言いながらやってこなかったことを掘り返すいいチャンスと
ネットで検索しててできたのが、行って来た道場だった。
いくつかあった中で、一番シンプルで見やすいサイトだったというのが理由。
(やっぱ、大切ね。コレ。)

今出川通沿いにある白峯神宮。
その内にある道場で、先生はフランス人。

初心者クラスでの体験教室、1時間半。
それだけで、上半身はやわらかいのに腰が安定してぶれない感じを味わう。
合気道に限らず、古典的と言われる芸事、武術には必須なこと。
これがなっていないと、いくら技を知っていてもまるで意味がない。
書道で言えば、縦棒横棒を書く、というようなこと。


いろいろな教室を体験して選ぼうと思っていたけれど
この白峯神宮の雰囲気がよくて、もうここに通うつもりでいる。
なによりもよかったのは、最後に説明して下さった方が
「合気道で、カラダのつながりを感じて欲しいのです」と
おっしゃったことだった。
それは、私にとっておそらくずっとつきることのない大きなテーマなのだ。


自転車で30分ほど、たまに上(京都では、カミと読みます。方角的には北。)
に向かうのはいい。南区とは確実に空気が違う。
帰りは、近衛通りにあるカフェでオムライスとコロナビール。
至福の時間。
実に清々しい一日だった。


いつかは袴。
私は、なんでも似合う自信があるのだが
(こういうのが根拠のない自信があると言われる由縁。
バカボンのパパのような腹巻きから峰不二子チャンの格好まで。)
間違いなく、袴は似合う。自信あり。


Posted by チエ on  | 4 comments 

something new

shimogamo.jpg

夕方から時間があったので自転車に乗って下鴨神社に行ってきました。
今日ももちろん暑かったけれど、鴨川沿いはいい風が吹いていて快適でした。

ここは大好きな場所。
歩くだけでカラダがゆるみます。



今宵は新月ですよ。
しかも新暦でも1日。
そして日食。日本では見られないけれど
なんだかスペシャルな感じがしませんか。
私はなんだか朝から
まぁ、別に何があるというわけではありませんが
妙にわくわくとしておりました。


そして、何か新しいことをやってみたいと思い
前からやってみたかった合気道の体験クラスに行くことを決めて
申し込みました。
明日、さっそく行ってきます。
(実は先日も、矢加部さんの合気道ワークショップに参加したのですが
それで勢いをいただきました。
また矢加部さんのワークショップについてもあらためて明日のこととあわせて
報告します。私が合気道をやってみたいと思ったのは、内田樹さんの影響なのですが
そのこともまたあらためて。)


気功もそうだけれど
合気道もきっと
日々の生活に落とし込んでいけるものだと思います。

マッサージと気功も私には深く関わり合っています。
まず、自分自身がラクになれること。
身体の動き、運び方がスムーズになり、疲れることがほとんどなくなりました。
日常の歩き方も、続けて行くと変わってきます。
気功の動きの中には、いかにラクにからだを動かしていくかというヒントが満載です。

合気道からは何が得られるのか。
楽しみにしています。


***

さてさて。
8月10日あたりにまたオイルを発注する予定です。
ご希望のある方は、メールくださいな。
お待ちしております。



Category : 京都
Posted by チエ on  | 0 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。