空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

気功クラス

パソコンの調子が悪くなって
去年いただいたmacをつなげているのですが
使い勝手が違うし、撮った写真の画像処理もできずで
なんとなくブログ更新も滞りがち。。。
新しいマシンを買わねばですが、
アナログづかいなので
新しいOS搭載のwinマシンに抵抗あり。
(手持ちのソフトも古いしね~)
macにしてしまうか、どうしようか。
いまだ思案中です。
去年から進歩してない・・・(苦笑)


さて、今日は気功クラス。
少人数にして大正解です。
ほんのり薄暗い部屋で、雨音を聞きながら
とてもいい雰囲気でリードする私も気持ちがよかった。

これぐらいの人数で
月一日だったのをもう一日増やせたらいいなと考えています。
今は夕方3時からだけれど、夜の部も設定したり。

Sさんが終わった後、
「なんだかとってもシアワセだー」と言って下さって
私もとてもシアワセな気持ちになりました。
(遠くから来て下さってどうもありがとう~ 
無事家に帰りついたかしら。
またどこかでお会いしましょう!)



10月の予定、9月中にお知らせします。
よかったら、都合合わせてお越し下さいませ。
お待ちしてます。




スポンサーサイト
Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments  0 trackback

ただいま

台風が近づき、船が欠航するおそれがあるとのことで
一日早く切り上げて、昨日帰宅しました。
(実際、15日の夕方から欠航だったようです。)

10日から15日まで6日間。
あっという間で、もうすでに夢だったみたいな気がしています。
ずっといいお天気で、えらくよく焼けてます。
日焼けした腕と島で撮った写真が島での日々を証明してくれています。


今日は一日ゆっくりさせていただきました。
島滞在でエネルギーを充電させてもらったので
明日からまたがんばりまーす。
よろしくお願いします。
nozaki.jpg

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 2 comments  0 trackback

遅い夏休みのお知らせ と みつゆき&清火コンサートのご案内

友達のみつゆきくんとさやかくんが
京都でコンサートをします。


このコンサートは友達のキハラユウコさんが主催します。
二人のことはたびたびココでも書いていますが
ぜひぜひ都合をつけていらしてくださいませ。
みつゆきくんとさやかくんの音は
粒子となってカラダの中にしみわたります。
多くの方に、ぜひぜひ体感していただきたいと
私も心から思っています。


  2007. 10. 13 (土)
  開場 18:00  開演 19:00 

  場所 Prangipani  喫茶フランジパニ

  前売 2000円 / 当日 2300円 (お茶付き)


☆ 緑が彩り ゆったりした空気が流れる町家カフェ 「フランジパニ」で
  おいしい珈琲 を飲みながら
  じんわり  しみこむ
  ハープ と ギター と ホーミー の響き ☆☆

 
みつゆき : アイリッシュハープ
  
24歳の時にアイリッシュハープと運命の出会いをする。
写真を撮るように情景から曲を授かり、
日記に書くよう心が動いたことを曲にして残している。
心が透明になっていく音色と集いあった方達の想像力で
一つの作品となる音楽会や、朗読と合わせる音楽とお話の時間など、
ともにつくりあげるひとときを持つことを喜びとしている。
現在は大阪梅田の自然食レストランnatural kitchen めだか
での定期コンサートやハープ教室などの活動を中心に行っている。  
http://www.little-healing.com


清火(さやか) : 歌 ギター ホーミー

旅をして歌を拾い、拾った歌をみんなに届ける
旅する歌うたい。
ひとや自然、宇宙とのつながりを感じさせてくれる
詞と音の世界。
清火のホーミーは聴く人のこころ、からだの奥深くに響き
変容させる力がある。
出会った人々の心の中に、種を播き、風や水を通し、明かりを
灯している。




 Prangipani 喫茶フランジパニ
 京都市上京区室町通鞍馬口下る森之木町462
 Tel.Fax 075-411-2245

 地下鉄烏丸鞍馬口駅から徒歩3分程度
 烏丸通と鞍馬口通の交差したところ南西角に鞍楽ハウディという 
 スーパーがあります。そのスーパーを左手に鞍馬口通を西に
 向かって進むと、すぐにフランジパニがあります。




<お申し込み・お問い合わせ>
ひとまず、私あてにご連絡ください。 
メールでもここにコメントでも構いません。



☆キハラユウコさんより☆

心地よくすてきな時間をともに過ごしましょう。

ぜひぜひお越し下さいね。





そして・・・
遅い夏休みのお知らせです。

9月10日から16日まで
五島列島に行ってきます。
またエネルギーチャージしてきます。

島は携帯がつながらないので
お電話もつながりませんし、
メールの返信もできません。
ごめんなさい。。。
また帰ったらあらためてご連絡いたしますので
メッセージお残しくださいませ。


Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments  1 trackback

ヨウさんの木削り教室

ゆうちゃんに誘ってもらって
ちおん舎で行われた滝本ヨウさんの木削り教室に行ってきた。

まずは、12時にちおん舎で集合して
ヨウさんのお友達の順三さんと4人で
びお亭にお昼ご飯を食べに行った。

「あらいぐまみたいな人やろ」
とゆうちゃんがヨウさんのことを言った。
確かに、大きなアライグマみたい。

ヨウさんは転々と場所を変えて、全国で木削り教室。
順三さんは、カリフォルニアで陶芸をされていて
来年あたり、日本で陶芸ツアーを催行する企画がある
とのことでその下見。




ヨウさんの木削り教室は
まずたくさんある木片の中から
これだと直感で感じたものを選ぶところから始まる。

そして切り出しナイフを使って、ちまちまと削っていく。

木と対話をしながら、その木がなりたい形に削っていく。

木目に沿って切り出すとナイフはすーっと流れて
逆らうと粗くなる。
木に従うというか、同調していく感じ。


削っていくに従って、表情を変えていく木。
ヨウさんが手を加えてくださると、また変わる。
楽しい。

削り終わったら、サンドペーパーで磨いていく。
次はとくさ(木賊)で磨く。
サンドペーパーでは出ないつやが出てくる。
最後は蜜蝋を塗って仕上げ。


特に何に使えるわけでもないオブジェ。
けれど、においをかいでその木目を見つめて
握っているだけでなんだかとっても落ち着く。

「削る時に、みなさんが感じた『楽しい』という気持ち。
そんな気持ちがたくさん詰まった木です。
その木を見て、誰かが何かをまた感じてくれるかもしれない。
誰かに皆さんの気持ちが響いたということです。
誰かが、その木を見て『欲しい』と言ったら
惜しいと思わずにその誰かに差し上げてください。
すると、また違う形で何かがあなたの元に入ってくる。
そういうものです。」
最後にヨウさんはそうおっしゃった。


削っている間も、自己紹介、質問コーナー
などなど円になって座ってみんなで話す時間があり
はじめましての間に流れる空気が穏やかになってくる。


一番最後には、歌を歌っているという淳子さんが
「ふるさと」と「アヴェ・マリア」を歌ってくださった。
とても美しい歌声に、思わずボロボロ涙が出た。


教室終了後、ご飯を食べようと歩き出したその後ろから
淳子さんとそのお友達が歩いてきていた。
よかったらご飯をいっしょに食べませんか
ということになり、4人で木屋町に。

全くハジメマシテ、だったのに
話しているうちに、共通の友人たちがいることがわかり
みんなで少し驚いて、そして笑いあった。
見えないモノがすぅーっと伸びていって、つながって
そして円になっていく。
こうやって、誰かとつながっていくことを
体感するたびに
生きてるってオモシロイ
って心から思う。



木削り、無心になって自分と対話する。
自己紹介の時に、子供のころ楽しかったことを話して
と言われて
私は、冒険が好きで近所の小山に宝物を埋めて
(今からすればガラクタなのだけれど)
わざわざ地図を描いたりして掘り出しに行く遊びが好きだった
ことを思い出した。

幼い頃の楽しかった自分。
そのワクワクと楽しい感じを、木を削りながら思い出す。

頭で考えずに
心で感じて。

とヨウさんは何度も言った。



私の削った木は
少しスパイシーな香りのする
木目の美しい木だった。
ヨウさんも、名前がわからない木だけれど
とてもいい木だとおっしゃった。

小さな観音さまみたいな形になった。
頭と蓮華座の部分に年輪の渦模様。
それがまたたまらなくかわいい。
手のひらで握っているととても気持ちがいい。

木を削る時間は
とても楽しい時間だった。

切り出しナイフを買おうか
と思っている。


そして、いつか
ヨウさんに来ていただいて
他のみんなともあの時間を共有したいと思った。


ヨウさんのHP
kikezuri.jpg

Posted by チエ on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。