空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

アンジェリカのエール

アンジェリカはセリ科の植物で、
大きいものだと2mぐらいの高さにもなるそうだ。

母が昔よく作ってくれたクッキーには
このアンジェリカの砂糖漬けを刻んだものがのっていた。
チェリーの砂糖漬けの赤と、緑色に着色されたアンジェリカ。
その配色だけで、昭和の光景とも言える気がする。

アンジェリカの精油は、その根から蒸留される。
アンジェリカの根は地中深く伸びて支え、養分を吸い上げる。

アンジェリカの精油は
決して万人受けする香りではない。
泥土の香り。
深く地とつながる。
アンジェリカのたくましい根が
体の中にも伸びる。

先日、イギリスからアンジェリカの新しい精油が届いた。

パチュリ、ベチバー、スパイクナード。
私は土臭い香りが昔から好きだ。
アンジェリカは
温泉に行った時によくある薬湯の香りに似ている。
パチュリ、ベチバー、スパイクナードの香りは
少し湿潤な土が私には浮かぶけれど
アンジェリカは、乾いた黄土。
乾いた中でも、しっかりと根を張りたくましく立つ姿が浮かぶ。
(実際のアンジェリカは水を好むので、水辺によく生息するそうだ。)


天の香り
という本を最近また読み返している。

アンジェリカの項には
「へこたれないでがんばれ!
まだ何も失っていないのだから、くよくよせずに前進しよう。
君は強いから決して倒れやしない!」
これがアンジェリカがその精油に託して伝えるメッセージだ
とあった。



この香りを嗅ぐと
下腹から鼠蹊部あたりに
意識がいく。

能や歌舞伎
また日本古来の武術も
下腹部に「気」を集めることを
旨としている。

下腹部に意識が集中すると
下半身全体が揺らがず
少しぐらいの衝撃にも耐えうる体になる。
体に揺らぎがなくなると
心にも迷いがなくなる。
つまり心身ともにぶれない。

ここで言う「体の揺らぎがなくなる」
こととしなやかさは別ものだ。
竹林を思い浮かべていただければいいと思う。
風に揺れるしなやかさと
地を這う強さ。


自信がありそうに見えて
なかなか一歩が踏み出せずにいる私に
いつもいつもココにフォーカスすることを喚起してくれて
前に進むことを促してくれる。
それがアンジェリカの香り。

スポンサーサイト
Category : 精油のこと
Posted by チエ on  | 0 comments  0 trackback

気功クラス始めます

前々からしようと思っていた気功のワークショップ。
なんだかんだと理由をつけて
のばしのばしにしていたのですが
最近、今のこのスペースをもっと使っていこうと
富みに思うようになり
この8月から始めることにしました。


日時:8月12日(日曜日) 3時から1時間半程度
料金:1000円
場所:空 -くう- 
   京都市南区東九条 地下鉄十条駅から徒歩3分
             JR京都駅から徒歩12分
   (ご予約くださった方には地図を送付します)

動きやすい服装でいらしてください。
着替えもO.K.です。




*******

私が行っている気功は
誰かや何かを飛ばしたりするものではなく
(よく聞かれるのです。飛ばしたりするの?とか。)
決まった型もなく、
自分が気持ちいいな、ラクだなと思う方向に
カラダを自由に動かしていくもの。
簡単かつシンプルな動きが中心です。


こうすると
ラクだな
気持ちいいな
ということにカラダが気づいていくと
生活の中での動きも変わってきます。


私が気功と出会えてよかったな
と思ったことは

自分から動いていく
やりたいことに全力で取り組んでいく
シアワセだな、気持ちいいなと思う方向に進んでいく

ことで

本当に自分が望む方向に道が開けて行ったこと。


誰しも、みんな
チカラを持っています。
カラダの内側に秘めている
本当の願いとそれをかなえていくチカラを
潜在意識とか潜在能力といったりします。

そのチカラというのは
カラダが緩んでこそ
ふぅわりと浮き上がってくるのだと思います。


誰かから何かをしてもらうのではなく
自ら動いていく
自ら整っていく。

ラクだなと思うこと
全力で取り組むこと
どちらにも気持ちよさがあります。
そう感じられるのは、自発的な動きだからです。

*******


自由にラクに動いていくのに
スペースに限りがあるため
定員を6名にしています。

メッセージ、コメント、メールで予約を受け付けています。

よかったら遊びにくるつもりでいらしてください。


ひとまず8月12日を設定していますが
定期的(月2回ほど)に行っていくつもりです。


普段はBGMはCDを使いますが
岡辺みつゆきくんを呼んでハープの音で動いてみたいな
とも考えています。

Posted by チエ on  | 2 comments  0 trackback

ライブ終了 極上の時間をありがとう

live.jpg


さかなくんと清火くんのライブ
昨日、無事終わりました。
遠いところから来てくださった方々
本当にありがとうございました。
玄関が靴でいっぱいになってはみ出さんばかりの人が
訪れてくださいました。

二人のお知り合い、ホーミーと馬頭琴を研究されているという
岡林さんも来て下さり(なんとウチの近所のお住まいとか)
3人のセッションも聴くことができて
なんとも贅沢な時間を過ごせました。

「空」と名づけた家があって
さかなくんとさやかくんの音があって
そして岡林さんの音でさらに全てが立体的になって
彼らの音を聴きに来て下ったみんながいる。
だからこそ、これだけの空間ができたことに
なんだか肌がビリビリしびれるほど感動。
私、ずーっとこういうことしたかったんだよなぁ・・・って。
ああ、ホンマに極上の時間でした。



清火くんとさかな君は旅人。
これからいろんなところに出没して歌っていく予定です。

もしお近くに彼らが訪れた際は、彼らの音に触れてみてください。
何か、形にならないものを受け取ることができると思います。

さかな君
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=hirasakana&s=7512

清火君
http://kazeture.exblog.jp/


また機会があれば
みんなで集える場を持ちたいと思っています。
今回お越しになれなかった方も、次回はゼヒゼヒ。

Posted by チエ on  | 0 comments  0 trackback

雨の日の花

梅雨らしいお天気が続く。
雨の日は落ち着くから好きだ。
雨音もいい。

なんて悠長に言ってられないほどの
大雨が九州地方では続いてるそうだ。
降り方が局地的で、極端だ。


7月も半ばに入りかけてようやく梅雨本番だけれど
あじさいはそろそろ終わりか。
雨に濡れた草花たちは艶っぽい。
どしゃ降りの中、シャッターを押す。

ajisai071.jpg

あじさいの花。
この色のあじさいが一番好きだ。

この時期に咲く、私の好きな花、白い槿。
雨に濡れてしっとりと美しい。

mukuge07.jpg




台風も近づいている。
雨で被害が出ているところもある。
週末の祇園祭も雨だろうか。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments  0 trackback

一瞬の出逢い

マッサージをするのに使うオイルは
来てくださった方の体調や気分に合わせて
精油をブレンドする。

決まりはほとんどない。
効能で選ぶことも、まずない。

ウチに来ていただいて
そしてお茶を飲みながら
30分から1時間ほど、日常のこと、仕事のこと、体調のこと
つらつらと話をする。
別に意図的ではなく、ホント、世間話する感じ。
その中からその方のことを「探ってるの?」と言われると
まぁ、そうとも言えるが
私としては、ただゆっくりしてもらいたいだけなんだな。
話をするだけで落ち着いてしまう人もいるし
まとまってしまう人もいるし
私が一方的に話をするだけの日もあったりするし
まぁ、ホント色々。
出会いも会話もライブなのだ。


体調とかも一通り聞くけれど
参考に一応聞くだけ。
だって、おかしいことが多いんだもの。
「胃腸の調子はどうですか?」って聞くと
「フツウです」との返答。
「生理の周期は?」
「あ、フツウです。」
フツウって、何よーっ。
あなたにとってのフツウなのか。
それとも世間的にフツウなのか。
・・・まぁ、こういう私も意地悪だね。
問題ないってことなんだとわかるけれどさ、
フツウって、フツウって、何?(笑)
言葉はよく考えて使いたいものです。
というわけで、胃が痛いとか言われても
それが、精油選びに関係してくることはあまりない。
精油を選ぶ際に、肉体的なことで大きなポイントがあるとしたら
肌に炎症があるとか、かゆみがある、妊娠している
それぐらいだな。


香りで何が変わるの?
と思ってらっしゃる方も多いけれど
その香りをキャッチする嗅覚は、本能と直結。
五感の中で、嗅覚は原始脳にダイレクトにつながっている。
(他の感覚は、新皮質と呼ばれる知的な解釈を経る。
いわゆる「人間」らしい行動につながる。)
匂いを嗅ぐことで何かの記憶が引き出されたりすること、
嗅覚が性欲、食欲に直結しているのも私がここにわざわざ書かずとも
みなさんにも経験があることで、ご存知の通りだと思う。


来てくださった方の話を一通り聞いた後で
その人に合いそうな香りをピックアップする。
どんな香りでマッサージを受けたいかも聞いてみる。
単純な言葉でいい。
スッキリする感じ
甘い感じ
何かキーワードになるようなこと。

そうした上で
特に、初めての方にはイロイロ香りを嗅いでもらう。
初めは「すっきりした感じがいい」と言っていた方も
嗅いでみるとイランイランのような濃厚な重い花の香りを選んだりすることも多い。
香りを知らないということもあるしね。
「頭で考えること」と「カラダが求めるもの」
は違ったりするのだ。
あと、香りは嫌いで
どの香りも臭いって言う人もたまにいるけれど
それは、知らない香りに対する防衛反応だとも言える。
オレンジとかグレープフルーツみたいな香りは
よく知っている香りだから、好む人は多いけれど
(実際、柑橘系は食欲にも通じるからね(笑))
嗅いだことない香りは「くさい」になっちゃう。
でも実は「わかんない」だけだったりするのよね。

私の香り選びは、なかなかおもしろいよ。
我ながら。


例1
先日来た人には
別に肉体的にも精神的にもしんどいことはないのだけれど
自分のカラダをなんだか感じたくてと言われ、
また話を聞いていても、彼女のここのところのアクティブぶりが好ましく思え
そのまま落ち着くことなくどこまでも伸びていって欲しいな
と思ったので
『フランキンセンス、ベイリーフ、ペパーミント、ライム』
と、どこまでも軽く飛んでいけそうなブレンド。
名づけて『ジャックと豆の木』。
(もし試してみるならペパーミントは一滴程度で。
ベイリーフとフランキンセンス等量。
ベイリーフは別名ローレル、月桂樹。
肉料理の臭み消しに使われる葉で有名だけれど
勝者の冠に使われることでも知られている。
賞賛、そんな意味でも彼女に使いたいなと思った香り。


例2
なんだかもやもやしているのでスッキリしたいと言っていた友人。
イロイロ嗅いでもらったところ、樹木系の香りがいいと
シダーウッドとティートゥリー、ティートゥリーレモンをピックアップ。
そうだね。
根幹を通ってドンドンと水も流れていく感じで
ジュニパーをプラス。
根っこがないとホントは吸えないけれどね、
でもアンタはもうこれ以上根は生やさなくてよさげだし
今はただ上昇したいよね。
お、すくすく育って葉も出てきた
ということでラバンサラ。
このままだとかなーりスッキリな感じ。
ちょっと、なんというかさ、花咲かせたいよね。
で、彼女が選んだのはクラリセージ。
お、小さな花咲いたな。
・・・でもさぁ、ちょっち小さすぎやしない?
もう少し、虫が寄ってきそうな花でもいいんじゃない?
そうだねー、そうだねー
あ、これがいいかも
とプラスしたのがネロリ。
おおー、豪華。
スンバらしい花が咲いたよ。

この日のブレンドができるに至った会話を再現してみたが
実に楽しい行程だった。




精油を「人」に例えてみたり
その元になった花や樹や葉、根茎のことに思いを馳せたり。

単に本に載っている効能に沿うだけが
精油の使用方法ではない。

もちろん、アロマテラピーの始まりは
肉体的なトラブルに対応するところからではあるが
疲れている時には、甘いものが食べたい
正反対に塩辛いものが食べたい
と、その人その時、それぞれで違うはず。
カラダが欲するものを感じるままに受け取る。
それが、その人のカラダに適しているということなのだ。

本に書かれていることをそのまま鵜呑みにするのは危険だ。
本に、疲れている時は辛いものを摂りましょう
と書かれていても、食べたくなかったら食べないよね。
それと一緒でいい。

今、何が欲しい?
カラダに聞いてみる。
選ぶものによって
自分の状態がわかることもある。

今ここにこれがあると
うれしいな、シアワセだな
そうカラダが感じられるところに
その人にとっての「適切」「適度」という言葉がはまるのだと思う。


ホント、香り選びが最近楽しくてたまんない。
その日、その時、その人の香り。
決まったレシピはない。
香りさえも、一瞬の出逢いだ。

人と人
香りと人
香りと香り

それが生まれる空間があること
私は心からいとおしく思っています。


Category : 精油のこと
Posted by チエ on  | 0 comments  0 trackback

Nyumba ya siriと月光草

昨日は、夕方からみすずちゃんとこに髪の毛を切りに行った。
東京に行く前に行ったきりだから1ヵ月半ぶり。
前回はカラーとカット。
それにパーマだと髪が痛むし
6月入ってからまた改めてと言っていたのに、もう7月だ。
パーマをあてたのは12月だったから半年ぶり。

8月から約1ヶ月、みすずちゃんは旅に出てしまう。
京都の寒い冬の間も、西表にキビ刈りに出てしまう彼女の営業スタイルは
お客さん側も重々承知をしている。
みずすちゃんが旅に出る前に切りに行かなくちゃ・・・と。
それがまかり通るんだよね。
店主が「こうしたい」と言って
そしてそれを許す人がお客さんとしてきている。
いい関係が結べているなぁと思う。

私はいつもみすずちゃんにお任せ。
チエちゃんの髪の毛は、こうだからこうした方がイイと思うよ
と、細かく見てくれるのでラクチンだ。
そして、他店のようにいろんなスタッフがいるわけじゃないし
洗髪からセットまでずっとみすずちゃんがそばにいてくれるので
これでみすずちゃんが、京都での営業をやめてしまって
他の店をまた探さなくちゃいけないとなると、かなり困るなぁ。
髪の毛洗う人、カットする人、スタイリングする人
他の店だとみんな別の人ということもあるし
交替する際に、かなり待たされることもよくあるのがフツウだものね。


私の髪の毛は、ウェイブが前よりも強く出て、夏に向けたスタイルに。
でも、みすずちゃんとこだと、コレぐらいのパーマスタイルは
すんごいフツーなんだよね。

みすずちゃんに
「ドレッドとかブレードみたいなんしかやらないのかと思われるし
フツーのもやってると思ってもらえるように写真撮らせて」って言われました(笑)

みすずちゃんちのスタイルは彼女のブログでどうぞご覧くださいませ。
http://nyumba.jugem.jp/
misuzu_taku.jpg




終わった後は、近くへ飲みに。
月光草という小さな店は、私の家近くにあったら頻繁に訪れたい
居心地のよい店だ。
(残念ながら、私がみすずちゃんの店から引越ししてからできたのよね。。。)

HPもないし、雑誌にも載ったりしていないので
知る人ぞ知る店。
知っていても、すぐ行ける場所じゃないしね。
(HPできたようです。→http://gekkoso.com/

gekko.jpg


みすずちゃんは、私と同い年なのだけれど
とってもカワイイ人だ。
昨日も案の定、飲んでネムネムになってヘロヘロと帰っていった。
勝手に写真載せたけどいいよね。


飲んだ後、自転車で帰るたびに
こういうの、シアワセだなぁと思う。
ささやかだけれどさ、
好きなように生きてるなぁって
それだけでホント、シアワセ。


Category : 京都
Posted by チエ on  | 4 comments  0 trackback

わくわく

昨日のバイトは暇だったのでお勉強会。
各メニューが注文で入った時の段取りを一通り教わる。
鍋に火をかける
その品にあったお皿を出す
などなど、効率よく手際よく、提供できること。
慣れないうちは、一連の作業を頭に描いてから動くことが大事と言われた。
スポーツでも一緒だよね。
フォーメーションを描くこと。
なんでも、おんなじだなぁと思う。


なんだか早く一通りできるようにならなくちゃ
という気持ちがあって、いつも少し緊張して仕事に入るのだけれど
「できなくて当たり前ですからね」という女将の言葉と
実際やってみて、それまで料理好きですって言ってたのを撤回したくなるほどの
不器用さを露呈することになり、一から勉強させていただきます
という気持ちでいっぱい。

家でやるのと全然違うのももちろんだけれど
もう「家事」をルーティンワークとしてやっていないと
どうしても無駄な動きが多い。
女将は「私は料理が嫌い。でも、かつては主婦だったからね。」と言う。
私も一時は主婦やってんけどな(笑)。
ちゃーんと朝昼晩と作っていた時代があったのだよ。
いまや、一日三食なんていずこの話。食べたい時に食べるっす。


それにしても、週一しか入っていない私に
いろいろ教えようとしてくださっていて、本当にありがたい。
一人で小料理屋を始めるまでのいきさつなども
私から聞かずともきさくに話してくださって
そんな話を聞けたりするのも、
私は自身の経験でしか学べないと思っていたけれど
こうして人の話を聞くことで、またより自分の中で立体感が出て、
なぜだか自分の経験の一つとして捉えられるような気がしてくる。
まぁ、私の経験と絡んで立体感が出てくるということなんだけれど。


今日はさっそく、昨日教わったジャガバターを作ってみた。
昨日は、塩を入れすぎて大失敗だったけれど、もう完璧。
バターとしょうゆとにんにくでたまらん香り。
自宅で出せるメニューがまた一つ増えてうれしい。


ところで、おととい借りた「自分のためのエコロジー」という本が
とてもおもしろかった。

自分のためのエコロジー 自分のためのエコロジー
甲斐 徹郎 (2006/08)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

自分の細胞がわくわくすることはきっと正しい
と書かれてあって
ああ、ここでもおんなじことを言ってる人がいる
と思った。

「つながり」を感じて、活かしていくこと。
そこここで同じ話をする。
これらが線になるのもそう遠くない。(願望)

Posted by チエ on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。