Welcome to my blog

空模様

Archive: 2007年05月

No image

 鍵がない

東京から戻りました。充実した5日間でした。お世話になった皆様、本当にどうもありがとう。*******昨夜、飲んで帰宅。今朝、でかけようとしたら鍵がない。一生懸命探してもない。このままでは遅刻だ。ええい、ままよと鍵をかけずに出かけた。ちょっとした買い物ぐらいならたいてい鍵はかけずに出てしまう。なぜなら、ウチはとても開閉にてこずる鍵なのだ。どうも噛み合わせが悪いらしい。めんどくさいからそんな理由だけで鍵はかけ...

No image

 みつゆきくんのハープ

ハープ奏者のおかべっちみつゆきくんも東京に行くそうな。東京近郊の方、よかったら彼のハープを聴きに足をお運びください。******5月26日13:20~15:20場所は東京都中野区のZEROホール。http://www.nakanoku-town.com/map/nk002601(中野駅から徒歩10分弱)参加費は食事代込みで3000円です。みつゆきくんの言葉から自分を癒していく決意は自分しかできないな、扉をあけていくのは自分だなと思います。ひとりきりになれる音楽を...

No image

 おやすみします

24日から29日まで東京へ行くためお休みいたします。その間、メールチェックはできますので何か御用があれば、メールでご連絡ください。ホームページにアドレスは記載しております。携帯、PCどちらへでも結構です。お急ぎの方は携帯へどうぞ。ではでは、行ってまいります。荷造りしなくちゃ・・・。...

 若冲

今日は相国寺。芸術鑑賞ウィークである。若冲を見に行ったのだけれどえらい人やった。宮内庁三の丸尚蔵館に収められている動植綵絵と相国寺所有の釈迦三尊像が120年ぶりに会する展示。本来は一体として見られるべき動植綵絵と釈迦三尊像。また動植綵絵33幅が一度に展示されること。相国寺にとっては意味あることではあるが(この相国寺承天閣美術館の展示室はこの33幅を飾るために設計されたそうな。)ただ絵を見る、という目的だけ...

No image

 平成の坂田藤十郎

じゅんこさんに誘っていただいて京都造形芸大へ「平成の坂田藤十郎」というドキュメント映画を見に行ってきた。なかなか踏み込めずにいた歌舞伎の世界。映画からの一歩だけれど、本当におもしろかった。うまく言葉にできずもどかしく日本という地は、本当にすばらしいモノを持っているのだなぁとあらためて思うのが精一杯。映画だけでもこんな気持ちになるのだから実演を見たら、その気に触れてビリビリしびれてしまうような気がす...

 松園・遊亀・不矩

前から気にはなっていた滋賀県立近代美術館に行ってきた。今、気になる展示がイロイロ。万博にある民族博物館の「聖地巡礼」相国寺の「若冲」東京でやっている「ダヴィンチ」そして忘れかかっていた「松園・遊亀・不矩」。じゅんこさんに「よかったよ」と言われああ、そうやん、コレも行きたかったんだと思い出すぐらいの健忘症な私。今日の一日に、どれに行きたいかカラダと相談してみる。民博は行きたいけれどな・・・若冲って感...

No image

 今日の教室

さっき途中まで書いたところで誤ったボタンを押してしまい書きかけの記事が消えた。ショック。気を取り直してもう一度・・・書けるかな。概して、一度目と同じような表現ができなくなるのだけれど。月曜日は高槻天神山での気功。この時期は呼吸器系の調整がポイントだというお話を伺う。横に寝転がって、まず両膝を抱えるようにしながら脚をゆっくり上に上げていく。手で足首を支えながら、太ももの裏側をじんわりと伸ばしていく。...

No image

 なんとなくそんな感じの詩

ピアノの調律は平均率といわれる方法で行われるそうだ。簡単に言えば、下のドの音を100サイクルとしたらオクターブ上のドは倍音で200サイクルとなる。ドからオクターブ上のドの音まで12の鍵盤があるので12等分に割り振って音階を作ることとなる。100を12で割っても割り切れない。できる限り理論上純粋な間隔の音階を作ろうとすれば純正調でオクターブ間の鍵盤は20個の鍵盤と46の音が必要になるという。これでも完璧ではないそうだ...

No image

 おかべくんのハープ

おかべっちという、アイリッシュハープを弾く友人がいる。おかべっちと出会ったのは2年前。友人が主催するイベントでおかべっちがハープを弾き私がアロマの話とエサレンセッションのデモンストレーションを行った。多分、半年にわたる企画の段階からイロイロ話をしたのがなんとなくお互いの心に残っていたのだろう。友人を介さなくても、会えるようになった。私の家でもハープを弾いてもらった。去年の9月には五島列島の宇久島で開...

 極楽

今日は、エサレンの同期生サトミンがマッサージしてあげるよと言ってくれてるのに甘えて彼女がいる朝潮橋のサロンへ行って来た。マッサージ、受けるのは久しぶり。どちらかというと、マッサージをすることで自ら整ってしまう私は誰かのマッサージを受けに行くということは滅多にないのだけれどここんところのゴタゴタバタバタが少し落ち着いてきたら、やはり疲れがドンと出てきてカラダが緊張状態にあったのとまた昨日のバイト初日...

No image

 小料理屋deバイト

今月から小料理屋でバイトすることにした。家計の足しにというわけではない。週一4時間なので、そんなレベルの収入にはならない。喫茶店(昔はカフェなんて言わなかった)ではいくつかしたことがあったけれど昔から、居酒屋バイトは憧れだった。こんなふうに、独立してマッサージの仕事をするようになりまさか、今になって小料理屋でバイトなんて確かに憧れではあったけれど、実際するとは思ってもなかった。先月、たまたま寄った店...

 高槻ジャズストリート

私のコレまでの人生の中で一番長く住んだ町は実家のある大阪の豊中で次に長いのは高槻。けれども豊中には愛着がない。もちろん実家に帰るとそれなりにホッとはするのだけれどなんだかなぁ、カラダのフィット感がないのだな。豊中という地に。高槻は、いい街だなぁと思う。10年住んだ街。駅前の商店街、城下町の名残を残した町並み駅から外れると、長閑な風景が広がる。正確には私が住んでいたのは隣駅の摂津富田だったけれど摂津富...

No image

 願いは叶えられる

久しぶりにのぞいたゴスペルの先生の日記にこんな詩が書かれていた。*********「ニューヨーク州立病院の リハビリセンターの壁に残されたある患者の詩」大きなことを成し遂げるために力を与えてほしいと神に頼んだのに謙虚を学ぶようにと弱さを授かったより偉大な事ができるようにと健康を求めたのにより良きことができるようにと病弱を授かった幸せになろうとして富を求めたのに賢明であるようにと貧困を授かった世の人の称賛を得...