Welcome to my blog

空模様

Archive: 2007年04月

No image

 ピタゴラスイッチ♪

ピタゴラ装置DVDブック 2 (2) (2007/04)小学館 この商品の詳細を見る今頃、な話題なんやろうけれど。ピタゴラスイッチの装置DVD2を貸してもらった。うおお。感動。これは、これは・・・トムとジェリーの世界だよね!ゴロゴロと玉が転がってトーストが焼けて、目玉焼きが焼けてああー めっちゃ好き、こんなん。ああーん。ちょっと調べたら、私が好きなのも当然な感じ。はまる、はまる。知ってる人は当然知ってるだろうしホント、今...

No image

 生と死とその種

多分、去年の春過ぎ頃から、私は「死」についてかなり書いてきた。確か、5月にキハラさんが来てくれた辺りから。キハラさんと話すことは「死」に関することが多かった。彼女が看護師だったことも大きいと思う。今までの記事の中でキハラさんというカテゴリを作ったりしたらかなりの頻度で死の話題のはずだ。今、5月の日記を読み返してみた。5月23日に初めてキハラさんと出会っている。その前の記事が、私と彼の出会った日だ。彼の...

No image

 京都の平熱

キハラさんにおもしろい本を貸してもらった。まだ途中までしか読んでいないのだけれど間違いなく最後までおもしろいと思える本。 京都の平熱 哲学者の都市案内鷲田 清一 (2007/03/21)講談社 この商品の詳細を見るこの感覚はあの、中沢新一氏のアースダイバーの時と同じだ。やっぱ、京都好き。住んでてラクチン。ええよなぁ。私が住んでいるのはいわゆる京都といわれる地のはしっこ南区なんだけれど、(伏見区もあるので正確にはは...

 素足

裸足ですごせるようになってきた。窓を開け放しても寒くない。気持ちがいい。空気の匂いも変わってきた。有機的な、水と土を含んだ香り。朝は、コーヒーとパンとスープ。この時期は開け放した窓から足を投げ出して小さな庭を見ながら縁側でぼんやりするのがいい。もうすぐ蚊が発生するから短い間だけれどこの開放的な感じをしばし堪能する。...

 島で出逢えたもの

竹富に行くと決めたのは2月の初めだった。私が属している気功協会の人たちと一緒に行く島への旅。久しぶりの青い海が見たくてという単純な理由だったのに、出発する頃には、行く目的がすっかり変わっていた。2月末、私にとって大切な人が突然、この世からいなくなってしまった。ヒトコトでは言い表せない日々が続いた。いろんな感情を味わった。その先にあったのが、竹富行きだった。いっぱいいっぱいだった頭の中をポカンとできれ...

 上賀茂神社の紅枝垂

この春は、上賀茂神社によく行った。桜もそろそろクライマックス。今日は、咲き誇っているだろう紅枝垂を見に行ってきた。上賀茂神社にはいい気が流れているなぁと思う。ここのところ、連日訪れてそのたびに思う。そして、近くの太田神社もひっそりとした、清浄な空間。来月には杜若の群生が見られる。京都の花を追う。なんて贅沢なことだろうと思う。http://fotologue.jp/ametsuchi/...

 もみじの若葉

まだ竹富のことを書ききっていないのだけれど。。。今日は、夕方から曼殊院へ。このあたりの長閑な雰囲気が好きだ。時間的なこともあるだろうが今日も、訪れているのはほんの数人。ハラハラと散る桜を見上げる時には私一人だった。もう桜の花は半分ぐらい散っている。風になびいて散る様がなんともはかなく美しい。時折、ザーッと風が吹く。 樹々がさわめく。芽吹いたばかりの薄緑色したもみじの葉が私を囲む。 風の音を聞きながら...

 京都の桜

父が定年退職を迎えた後両親揃って、よく歩いているらしい。しかも毎回とんでもない距離を歩いている。今は西国街道をえんえんたどっているらしく今日は長岡京から羅城門跡まで。今日で西国街道終点?起点?到達らしい。そして、そのまま、夕方ウチに立ち寄ってくれた。珈琲を飲んで少し休憩してもらった後車に乗せて、鴨川から賀茂川沿いを走り、上賀茂神社まで。すばらしい桜並木を横目に、とても気持ちのいいドライブ。本当に、...

 島の道

竹富の道は、白い珊瑚でできた道。毎朝、島の人たちがきれいにしている。本当にきれいな道。観光客のためではなくてこの、島を大事にするという感覚はずっとずっと昔からあってこうしてみんなで協力してやっていくことを「うつぐみ」という。島のビジターセンターに書かれていた言葉。石を積む時は削らないで組み合わせる。揃えるところは揃える。大きな石、小さな石、形の良い石。石一つひとつにそれぞれの形があり役割がある。ど...

 

いつ見ても、海はいいなぁと思う。波の音も、心地がいい。本当は、日がな一日海を眺めてビール飲んで時々寝るというのを思い描いていたのだけれど風が強くて寒くてできなかった。結局、水着も着られないまま。やっぱり、夏にまた来たいなぁ。http://fotologue.jp/ametsuchi/...

 島の食べ物

何を食べてもおいしかった。上の写真は、やらぼという店の名物「海老入り野菜ソバ」。1500円という強気な値段だけれどそれぐらい払ってもイイ。とってもおいしかった。海老は頭から尻尾まで、スープまで残さずいただいた。これにオリオン生ビール。昼食に2100円とは(笑)。あと、特筆すべきは島の台所「とーら」という店のおやつ。紅芋コロッケは絶品。サータアンダギーがあんなにおいしいものだとは知らなかった。おにぎりも、黒糖...

 島の草花

竹富は一年中花が咲いているらしい。行った時もいたるところ花だらけ。鮮やかでとても美しい。近寄って、何枚も写真に収めた。植物たちはみな生命力にあふれていた。クワズイモはいたるところで見た。街中のフラワーショップでもよく見かけるけれどたくましさがまるで違う。ポトスも、すごく大きくなるんだな。全てがおおらか。パワフル。http://fotologue.jp/ametsuchi/...

 竹富島から戻りました

昨夜、無事帰宅いたしました。4泊5日、ずっと竹富滞在でずいぶんとゆっくりさせていただきました。またちょっとずつ、旅の間にあったことを書きます。こちらに帰ってきたら桜が見事に満開。さっき、鴨川から高野川沿いの桜を見てきました。とってもきれい。明日もあらためてお弁当を持ってお花見に出かける予定。...