空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

高山寺

思い立って、高山寺に行ってきた。
13世紀初めに明恵上人が再建した寺院。
栂尾山にあり、後鳥羽上皇から「日出先照高山之寺」の勅願を得たことで知られる。
楓の古木が茂り、森閑とした境内は国の史跡に指定されており、
紅葉の名所として知られる。
栄西禅師が中国から持ち帰った茶種を
開祖・明恵上人が植えたという日本最古の茶園の伝承がある。
石水院(国宝)は、明恵上人の住居跡と伝えられており、
こけら葺の簡素なたたずまいで、鎌倉時代の住宅建築をしのばせる。
国宝鳥獣人物戯画、明恵上人像など数多くの貴重な美術工芸品を所有することでも有名。

kozan4.jpg


明恵上人は月をこよなく愛し、月を歌った歌が多いため「月の歌人」とも言われている。

 「あかあかやあかあかあかやあかあかや

     あかあかあかやあかあかや月」

写真は、国宝「石水院」。
その石水院で上の歌を詠んだ。
今でこそ国道が走り、簡単に行ける高山寺だが
山の中で、時期的なものももちろんあるが
京都の街中のお寺とは全く違い
ひっそりとした地。(世界遺産でも。)
当時はさらに静まり返って、街灯もなく
月はずいぶんと明るく見えたことだろう。



明恵上人の遺訓「阿留辺畿夜宇和(あるべきようは)」が気になり
帰ってから少し調べてみた。

 『人は阿留辺畿夜宇和(あるべきようわ)の七文字を持(たも)つべきなり。
僧は僧のあるべきよう、俗は俗のあるべきようなり。
乃至(ないし)帝王は帝王のあるべきよう、
臣下は臣下のあるべきようなり。
このあるべきようを背くゆえに一切悪しきなり。』

 
「僧は僧の『あるべきよう』、
俗は俗の『あるべきよう』。
帝王は帝王の『あるべきよう』、
臣下は臣下の『あるべきよう』。
この『あるべきよう』に外れるから、いろいろ問題が起きるのである。

私は後生で救われようなどと思っていない。
ただ、現世においてまず『あるべきように』あろうとするだけだ。
修行すべきように修行し、振舞うべきように振舞えばいい。
 
人は、祈りのためといって、お経や真言を唱えなくても、
焼香や礼拝をほしなくても、ただ心が正しくて、
『あるべきように』振る舞えば、一切の諸天善神が護ってくれる。
願いも自ずから叶う、望みもとげられる。
難しいことをしなくてもよい、ただ心が正しくあればよい。
心が汚れていたら、骨髄を砕くほどに一所懸命に祈っても、
欲心のままの祈りであったとしたら、地獄の業をつくるだけだ。
 
人はつねに浄玻璃の鏡に日夜自分の振るまいが映っていると思いなさい。
これは人に知られないだろうから、ごまかしてもいいやなどと思っても、
その鏡にはしっかりと映っているのである。」 
     
河合隼雄は、その著作「明恵夢を生きる」で
『「あるべきようわ」は、
日本人好みの「あるがままに」というのでもなく、
また「あるべきように」でもない。
時により事により、その時その場において「あるべきようは何か」と問いかけ、
その答えを生きようとする』ものであると述べている。

もう少し早く知っていれば
阿留辺畿夜宇和を書にして
今年の書展に出すところだったけれど
もう少し、白洲正子の明恵上人に関する著作や、
上記の河合隼雄の本を読んで
明恵上人の人となりに触れて
来年、実感込めて書けたらと思う。


その、今年の書展に出す作品が仕上がらず
気持ちが引き締まらず。
生みの苦しみ。

スポンサーサイト
Category : 京都
Posted by チエ on  | 8 comments  2 trackback

こじんまりカフェ

京都はカフェが多いけれど、
本当においしいお茶とケーキの食べられるカフェ
ってそんなに多くないと私は思う。
はやりのカフェスタイルは
オーガニックやナチュラルを前面に出しているけれど
そういうのも、もうなんだかちょっとうっとうしい感じ。
ホンマにナチュラルなら、
いまさらそんなん書かんほうが十分ナチュラル。
店側からナチュラルといわれると
ホンマか?と訝しがりの私は思う。
自然か不自然か、感じるのは客側に任せたらいい。


おいしいコーヒーが飲めて
一人でもゆったり落ち着けて
そして、丁寧に作られたおいしいケーキがある店。

先日、Kさんに教えてもらったmizucaは
そんなこうるさい客の私を、
うっとり静かに黙らせるカフェだった。
20070119.jpg


しかも、この店が
比較的私の家から近いのがうれしい。
(京都の南側には、居心地のいい店がないのだ。
この店も南側じゃないんだけれど)

近くには有名なカフェもあるけれど
私は断然コチラがオススメ。
でも、小さな店だから、みんなが大挙して行っても困る。
だから、教えたいけれど教えたくない(笑)。
(場所柄、あまりそういうことはなさそうだけれども・・・。)

また一人でもこっそり訪れたい、
そんな場所が見つかってうれしい。

Category : 京都
Posted by チエ on  | 15 comments  0 trackback

陰陽師

先日、入院している友人のお見舞いに行ってきた。
友人が退屈しのぎに死ぬほど笑える漫画が欲しい
と言っていたので、何がいいかと本屋でウロウロ。
かつて、腹を抱えるほど笑った漫画もあったはずなのだけれど
タイトルも作者もさっぱり思い出せないので
やっぱり私の好きな西原理恵子の「毎日かあさん」と
帯に「オススメ」と書いてあった森下裕美の「大阪ハムレット」
にした。

本屋で漫画コーナーをのぞいたのは
本当に久しぶりで、昔読んだ本で
もう一度読んでみたいのやら見つかって
なんだか気持ちが忙しくなった。
でも、新刊を買ってまでという気持ちにはなれないのよね。

毎日かあさんは、西原理恵子のヘタな絵で
自分の子供のこと、元ダンナのことを
ネタに描いたもので、シュールで時々ブラックで
でも全てを見渡す度量にホロリとさせられる、
その対比具合が好きだ。
まぁ、でも教育関係者やらには受けがよくないかも知れんな。

毎日かあさん3 背脂編 毎日かあさん3 背脂編
西原 理恵子 (2006/04/27)
毎日新聞社
この商品の詳細を見る




大阪ハムレットは、昔、少年アシベという漫画を書いた人が作者。
少年アシベは、ゴマフアザラシをペットにしている
アシベ君のお話だったけれど、かわいくて大好きだった。
話も甘くなくてよかった。やはり時々シュールな感じ。

もう一度お見舞いに行った時には
友人はすでに読み終えていたので貸してもらうことに。
登場人物がみんなコテコテの大阪弁で
しかもみんなぶっさいくなんだけれど、なんか憎めない。
思いっきり笑えるどころか、ちょっぴり切なくなってしまうような
話だったけれど、それが登場人物のぶさいくさゆえに
お涙頂戴具合が緩和されてよかった。
asahi.comの書評に、藤山寛美がいた頃の松竹新喜劇のような泣き笑いの人情ドラマ
と書いてあったけれど、まさにその通り。
大阪ハムレット (1) 大阪ハムレット (1)
森下 裕美 (2006/05/12)
双葉社
この商品の詳細を見る


と、久しぶりに漫画を読んで刺激を受けてしまい、
古本屋に行き、これまた久しぶりに江口寿史の短編集を買った。
江口寿史は、中高校生の頃大好きだった。
まともに続いたことのない彼の漫画だけれど
彼の漫画の影響で音楽を聴いてライブに行ったりするようになった
と言っても過言じゃない。
懐かしく、でもなんだか新鮮にも感じながら
あっという間に読んでしまった。

江口寿史と一緒に買ったのが、岡野玲子の「陰陽師」。


陰陽師 (2) 陰陽師 (2)
夢枕 獏、岡野 玲子 他 (1999/07)
白泉社
この商品の詳細を見る

おもしろいと聞いていても
なかなか手に取れなかったものだけれど
古本屋でなんと一冊105円。
思わず5巻まで一気に買った。

安倍晴明、カッコイイ・・・
今頃、やねんけど。
こりゃ、みんなが大挙してあの神社に押し寄せるのもわかる。
今頃、やねんけど。
(でもなー、今の一条戻り橋の晴明神社行ったら
ガッカリするのよ。
あまりに観光地化されてて。)

もちろん知っている地名がたくさん出てくるので
なんとはなしにその辺りを思い浮かべたり
(朱雀大路は、今の千本通りに位置するらしいが
千本通りは狭い道。朱雀大路は幅85mとあるから
今とはまるで様相が違う。)
華やかな絵巻物の世界とは違う、
平安の魑魅魍魎具合が伺えてワクワクする。


それにしても、岡野玲子が描く安倍晴明は
とても美しくて、ミーハーな私は
しばらく晴明さまにメロメロ夢中になれそう。
あらら。
こんなことに時間を取られてる間はないのだけれど
書は式神にやらせておくか
とか言ってみたい(笑)。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 9 comments  0 trackback

冬眠

去年と比べるとずいぶんと暖かい今年の冬。

とはいえ、木枠窓の我が家はやはり寒くて私は冬眠状態。
かなりエネルギー消費の少ない日々をすごしている。
そういや、去年、六甲山あたりで
バーベキュー帰りに、道を踏み外して転落、
それから約一ヶ月後ぐらいに救出された男の人の話が
ニュースになってたけれど
病院側から「低体温で、冬眠のような状態だった」と生還の理由を説明されていた。
その男の人の体温は22度になっていたそうだ。
通常は25度以下では生存できないそうで
しかも彼は、一切飲まず食わずのままだったそうだから
奇跡のような話だと紹介されていた。

それにしても、あまりに縮こまっていたせいか
今週初めから脚がむくんでいる。
冷えているのだなぁ・・・。
ふくらはぎも張って痛い。
手の指はしもやけ気味。
(去年からこの家に住むようになって、
何十年ぶりかにしもやけができた。
いまどきの気密性の高い家に住んでいる人たちには
信じられない話。)
私も冬は低体温になって、ずーっと眠っていたい。
まだ早いんだけれど
老後は暖かいところで暮らしたい
と京都で仕事をしだして思うようになった。
(今でも、冬は京都から逃げたい。)
京都の古い家は夏を旨としているからねぇ・・・。
北海道のほうが暖かいと思う。

このブログもお休みがち(笑)
冬は、全てにおいてペースダウン。

今年も書展に出す。
ようやくどの字を書くか決まった。
今、書のお稽古が一番楽しい。
3ヶ月休んだからこそ。

よーく休んだら、次の動きがとてもアクティブだ。
冬は、春になって暖かくなってから活発に動き出すための
充電期間。

というわけで、私の引きこもり生活は
もうしばらく続きます。

****
あ、小さな動きをご報告。

新しいお茶をいれました。
よかったら通販のページからどうぞ~。
リカバリープラスも今在庫切れですが
来月あたり入荷予定です。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 2 comments  0 trackback

just like starting over

今日は久しぶりに書のお稽古へ。
3ヶ月も空いたから、筆がうまく回らない。
なんか書きにくいなぁと思いながら書いてるから
それが全て出ている字になった。

書も、呼吸が大切だ。
吐いて吸う。
それが線に豊かさ、味わいをもたらす。

トータルするともう何十年もやっている書なのに
今頃、それを知った。
ゆっくりと息を吐きながら、丁寧に横の線を書く。
これも、気功と一緒だなぁと思う。

書も、お手本を見て
ただまねる、ではなくて
ポイントは運筆、連綿
筆づかいをみていくこと。
それを会得して、
自分で自由に筆が運べるようになっていく。


ゆっくり丁寧に
物事を進めてきたつもりだったけれど、
私にはまだまだ見えていないことがあったなぁ。
自分を客観的に見てきたつもりでいたけれど
盲点だった部分もあったなぁ。


久しぶりに
ゆっくりと筆を運んでいると
気持ちが引き締まった。


ちょっと緩んで
涙が出た。

また新しい始まり。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 3 comments  0 trackback

2007 新年

あけましておめでとうございます。

新年も3日もたてば、もうすっかり日常。
昨日今日と実家で過ごしてきました。
昔はスーパーも3日まではお休みだったに思いますが、
街中の店は年中無休、2日には営業開始というところが多いですね。
京都はわりと昔からのお休みを大事にしているのか
私が住んでいるあたりでは、
大きなショッピングモールは2日からですが
3日まではしっかりお休みというところがほとんど。
三が日ぐらいは日本中休んだらええのにと思うのですが
まぁ、働きたい人もいるか。。。


年末にプリンターが完全にアウトになり
賀状の用意がすっかり遅れ、
また引越しのドサクサでか、昔からの住所録を紛失。
出せていない人もおります。
ごめんなさい。
引越しのことがうまく伝わっていないのもあるのか
ウチに届く賀状も少なかった・・・(笑)
まぁ、こうして切れていく縁もありですねぇ・・・。

私は明日までお休み。
あさってから始動です。

今年は何が起こるのかな。楽しみ。
ではでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

追記
プリンターの購入、実に久しぶりなんだけれど
そのプリントの鮮やかさに感動。
技術の進歩ってスバラシイ。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 5 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。