Welcome to my blog

空模様

Archive: 2006年12月

No image

 シンプルなスープ

前の晩に、次の朝食べるためのスープを作る。私のスープは「飲む」というより「食べる」。野菜と豆がどっさり入る。明日のスープは、金時豆と銀手亡を入れる。紅白の彩りがきれい。セロリを入れると本当においしい。(そんなの、みんなにとってすっかり既知のことなんだろうけれど)既成のスープストックを使わずとも、いいダシがでて塩だけでもとても深みのある味になる。お正月は、これにもちをいれる雑煮もいいかもしれない。みな...

No image

 フラクタル

インターネットの中で繋がっていくのって神経細胞の樹状突起の形成によく似てる。今さらめんどくさいなぁとちょっと前まで思ってたmixiも最近は、これはすごいツールかもと改めて思ったりしてる。ネットの中って顔が見えない世界だから悪用はいかようにもできるけれどこうして、ネットワークが形成されていくことその動きが加速していく様を見ているのは本当に興味深い。一昔前に流行った「みんなつながっているねー」なんて言葉は...

No image

 Mac

秋頃から調子の悪かったパソコン。隣の大家さんにハードディスクを入れ替えてもらったりしてなんとか使ってきたけれどここのところまたとみに調子が悪い。ひゅぅぅぅんという音とともに突然落ちる。先日、気功協会でお役ごめんとなったブルーのiMacをタイミングよくいただけたのでなんとか急しのぎ。(タイミングよくというか、iMacをいただくことになって調子の悪さが加速した。・・・もしかしてさみしがってる?)この日記は久しぶ...

No image

 守破離

書のお稽古を休んで3ヶ月。書けるようになりたいという気持ちに反して属している会の書風への違和感とがあって時間がたてばたつほど、気持ちが薄れていった。今までお客さんだった人が師匠になったので「親しい人」気分がいつまでも抜けずにいたけれど数ヶ月前、やんわりと、師弟関係について戒めを受けた。師匠の家は、花街の中にあり師匠の家も昔はお茶屋だった。芸妓さんや舞妓さんたちとも親交がある。みんな、○○ねえさんと呼...

No image

 震動共鳴

月曜日はなんもしなくてもこの時間が好きだと思えたのに火曜日にはなんにもしてない時間がいやだと思った。一日のうちに何をどれだけやったかということではなくて一日に何度自分が震動したかということが私にとっては重要みたい。ここでいう自分とは肉体としてのカラダもココロもどちらも。細やかなバイブレーションが細胞にまで響けばというか、細胞のウチからも響けばなんだかすべてうまく行っている気がする。水曜日に気功のク...

 同窓会

今日、高校時代に属していたクラブの同窓会があった。私が通っていた高校は平成21年に近くの高校と合併するためなくなってしまう。合併といっても、名前もなくなるし学校自体もなくなってしまうそうだから事実上、廃校だな。学校がなくなってしまうその前にみんなで集まろうということになった。(幹事のお二人様、先生方、本当に感謝。)私が属していたのはバトミントン部。中学生の時からなので計6年やっていたことになる。クラブ...

 虎豆というらしい

結局、人は自然に習うことぱかりで人の手から作り出したものがどんなすばらしく見えても自然から生み出されるものの美しさにはやはりかなわない気がする。この豆の模様の美しさに、しばし見惚れる。かわいい。なんてかわいいんだろう。。。...

 写真の整理

今年の紅葉はとても美しかったけれど12月に入ったとたんの寒さであっという間に散ってしまった。もう少し楽しめるかと思っていたのに残念。一昨日、赤山禅院に行ったらほとんど枯野だった。東福寺はわずかに楽しめるといったところか。デジカメで撮った写真をみんなはどうしているんだろう。私は整理整頓が苦手・・・やるときはこりこりに凝るのだけれどやらないとなるとまったくやらない。(私の父は撮った写真を毎回とても見事に...

 江戸合宿

東京に行く目的となったのは気脈の会の合宿だ。その前の気功協会の会誌に今回のテーマが江戸だと書かれていたのも興味をひかれた一因。合宿の開催場所も本郷で私の好きな谷根千界隈。結局、風邪をひいてしまい宿は旧一高時代の寮であった旅館で寒いと聞いていたので泊まりはキャンセルにしてゆーこさんちから通わせてもらった。(結果としてヨカッタ。ゆーこさんイロイロ世話になりました。)気功の合宿と言っても特別な鍛錬もなく...