空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

zanpanoにて

cafe zanpanoのHPがないことだし
ここで、ちゃんとzanpanoの店情報も
書いておこうと思う。

いやー、実際
ここ1,2年で
ネットの使われ方が全く変わっていて
たいていのヒトは、雑誌等で店の情報を得た後
HPを見て、さらに詳しい店の情報を知ろうとするのね。

んで、「こんな感じか」とHPの雰囲気を感じて
その店に行ってみよう!という行動にでるみたい。

・・・いちお、自宅店舗のHPを作って5年が経つ私の見解。

だから、zanpanoもHPができるとよいのだけどなー
と思って、オーナーのにいやんに聞いてみると
欲しいけど、いますぐにってことではないみたい。
(ブログはタダやし、やってみようと思っているとは言うてはりました。)

というわけで、ネットで検索された方のために
店の情報をここで載せておこうと思います。


zanpa3.jpg


zanpa1.jpg


zanpa2.jpg



叡山電鉄元田中駅から目と鼻の先。
叡電の踏み切りと、東大路通りが交錯する
南東側、宮川ビルの2FにZANPANOはあります。

西陽が入る窓、叡山電車がゴトゴトと走る音
そのシチュエーションがなかなかいい雰囲気を醸しております。

営業時間は14時から夜の24時まで。
定休日は火曜日です。


私も自分の部屋のように使わせてもらってます。

私が昨日行った時も
私より先に来ていた女のコが23時過ぎまで寛いでいました。
「自分チみたいに過ごしてます」
と言ってたけど、まさしく私も。


メニューに関しては
またおいおい載せていきます。
昨日食べたのは、豚肩肉とソーセージと白いんげん豆の煮込み。
うまかった。
おなか一杯になりました。

暑かった昨日はかけつけビール一杯。
飲んだ後はちょっとウトウトしたりして。

全く何しに行ってんでしょ
って感じですが
こんな調子で、楽しみながらいきたいと思います。

****

zanpanoの奥のスペースで
マッサージさせてもらってたのですが
2006年いっぱいで辞めました。
来ていただいた方には感謝☆
またよかったら十条にも遊びにいらしてください。
ありがとうございました。

*****


スポンサーサイト
Category : cafe zanpano
Posted by チエ on  | 4 comments  0 trackback

cafe zanpanoにて

今日から、元田中にあるcafe zanpanoにて
マッサージやります。

今月初めからといっていたのにズレズレ(_ _)ゞ
西村京子ちゃんと交代でします。

彼女はタイ式マッサージ、
私は家で通常するのとは違って
オイルを使わない日本式の按摩スタイルでします。

先週が初日で、京子ちゃん。
今週は私。
マッサージ営業時間は金曜日午後6時から12時。
(はよ終わるときもあり。確認下さいナ)
ザンパノの場所、知らせようにもHPないんだな…
叡電元田中駅の近くで
踏み切りと東大路通りが交錯する南東側角のビル2Fです。

こんな直前のinfo.でスミマセン。
ちっと、キーボードの調子が悪くて
文章作成にストレスが…(苦笑)
またちゃんと案内作ります。
金額とかも明記せなねぇ。
(あ、でもかなりお得だと思います!)
よかったら遊びにいらしてねん。

Category : cafe zanpano
Posted by チエ on  | 4 comments  0 trackback

滋賀の蓮

hasu_shiga.jpg



滋賀の守山と烏丸半島に蓮を見に出かけてきました。

蓮は雨と低温に弱いそうな。。。
ここんところの雨続きと気温で少し元気がないみたい。


最近、キーボードの調子がまた悪くて
いくつかの文字が出てきません。
困った…
というわけで、今日の日記も言葉少なで。








Category :
Posted by チエ on  | 4 comments  0 trackback

むくげの花

むくげの花。
雨の中でもとてもきれいだ。

昔はあまり好きではなかったこの花。
でも今は、この白い花のすがしさに目を奪われる。

mukuge.jpg



午前中は気功の講座。
なんとなく重かった体が少し軽くなる。

帰り、伏見稲荷駅のベンチの広告にあった
合気道の文字が目に入る。
伏見稲荷駅ならば自転車で10分ほどでいける。
今度、道場を見学させてもらおう。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments  0 trackback

自然にあること

体験クラス後の、気功教室第一回目。

以前の先生の時から来てらっしゃった方
半分ぐらいが残ればいいほうかなぁ
と思っていたけれど、
ほぼ全員が継続して来てくださっていた。
ちょっぴり、ホッ。

まぁ、でも
正直なところ
自分の言ったこと、することが
そのままみんなの動作に繋がるところが
ちょっぴり恐くて
(残るのは)6人ぐらいだといいなぁ
なんて思ってた。
(これぐらいだと、今の私の技量でも
サークルの均衡が保てる感じ。。。)

ホント、みなさん
私のやっていることを
そのまま見ながらするので
(当然といえば当然なんだけれど)
私が動くと動く、私が動くのをやめるとやめる
って感じで
なんか、そういうのがチト恐く感じたのだ。

私は、結構
自分勝手に動いてしまうほうだし
(あ、もちろん一人でどこかに行ってしまうという意味ではなくて。
「なんとなくこうだよなー」と
そう詳しく聞かずとも適度に動けてしまうのね・・・。)
ここまで、みんな鵜呑みなんだなぁ
と。
うーん。
これがアタリマエなんだよな。

ああ、勉強になります。

それにしても、今日は
とてもスムーズに1時間10分が過ぎて
先週と違ってどことなくみんなの顔も緩やかで
気持ちよく終われた。

帰って、半年ほど前に買った
クロワッサン(気功特集号)を引っ張り出してきて
言葉の使い方の復習。
コレとコレは使える
など、なかなか勉強熱心になってるワタシ。


ホント、いい機会を与えてもらったなぁ
とシミジミ。



ずっと降り続いた雨が止む。
帰ってから大急ぎで洗濯機を回す。

今年もまた各地で被害が出ている模様。
雨の降り方も、年々激しくなっている気がする。
ウチの家の古い窓も、隙間から水が入り込む。

続く大雨。

何度も書いてるけれど、
これは異常気象じゃなくて
自然の働きとしては正常なことだと私は思っている。
システムとしては完璧だ。

ああ、そういえば。
先日、2年半ぶりに会った人に
スローライフは忙しいもんなんだよ、と言われて
その言葉の中に少しのトゲを感じた私は
「スローもファストもなくて
その人なりのペースでいければいいんじゃない」と答えたら
「マイペースいうのは、人間のエゴだ」
と強く言い返されてしまった。
「自然の流れのままに生きるのがいいんだ」
と続けて言われて
「でも、人間も自然の一部やんか!」
と反論したくなって、やめた。

エゴ、か。


イロイロ報告したいこともあったし
その人が2年前に言ってくれたことで
感謝したいこともあったんだけれど
今は、話すタイミングじゃなかったかも
と思って、その場は別れた。


最近の私は、人間のその欲望もエゴも
自然な流れの一部なんだと思っている。


Posted by チエ on  | 7 comments  0 trackback

同じだ、やっぱり

連チャンで飲んで食べてという日々が続き
さすがに昨日の夜は、内臓がお疲れモード。
脚はむくんでいるし、足裏は固いししかも熱を帯びている。
昨日も友達に足裏を触られて(今、中医学勉強中のお二人に)
「なによー!この脚!!!」とのお叱りとともに
マッサージを沖縄料理屋の片隅で受ける。
腎臓も肝臓もすまぬ。
今日は断食。
全く食べないというわけではなく、
お茶と簡単なものだけ。



今日は夕方から書のお稽古。
書も、自分のカラダが緩んでないと
ゆったりとした呼吸の入った線は書けないもんだなー。
呼吸法を伴った筆運びを
今さらながらに教わり
また体の持って行き方も
書を習ってきて、もうン十年(昔のことも合わせて、ね)
たとうというのに、ホント、今さらながらのことを
教えていただき、今日だけでもスゴイ収穫。
ああー、ここんとこ、こういうことばかり続くな。

書道もやはり道-tao-で、武道と相通ずるものがあって
これまたアタリマエなんだけれど
やっぱり、ここも同じか!
とまた腑に落ちる。

書の師匠は、京都の花街育ちの人なので
踊りを小さい頃から習っていたという。
吸って吐いて、という呼吸が
緊張と弛緩をもたらすこと
踊りの中にそれを見出し
後々、書の中にも同じことがあるとわかったという。

弟子の中に長刀をしている人が何人かいるが
どのぐらいのレベルにあるか
字を見ればわかるという。
硬い字しか書けない人は、所作も固く
ある程度の段が取れてもそれ以上上達はしないものだ
と仰っていた。

ふわりとした息の入った字は味わい深い。

全方向、リラックスして挑め!
は、武道のある師匠がいわれた言葉。
武道においては、敵がどこから攻めてきても
ふわりと身をかわせるように
体が常に緩んでいる方がよい。
リラックスする、というのは全く緊張感がない
という意味でもないようだ。
体がしなやかにゆるんでいること。

この違いというのは、
体で感じるほかなくて
言葉だけ聞いてもわからないと思う。


ここに、私が求める全てがあるような気がする。
単純に、
みんなが求める、
簡単に口にする、
「癒し」
は、今あるガチガチの緊張から逃れたいだけの口上であって
「カラダを緩めること」とは
また違う方向にあるのだ。

Posted by チエ on  | 3 comments  0 trackback

祇園祭

16日は浴衣着て、友達と祇園祭宵山へ。


gion1.jpg

・・・設定を誤ってしまったので、今回画質が悪いです・・・。

gion6.jpg

gion3.jpg

gion4.jpg

gion5.jpg

gion2.jpg


提灯に灯された山鉾を見ながら
縁日の屋台をひやかしながら
そぞろ歩き。


お祭りはやっぱり楽しい。

今日は一日雨だったけれど
山鉾巡行はどうなったんだろう。
・・・と思っていたら、こんな記事が。
大雨の中、やはりちゃんと行なわれたんだね。
かなり激しい雨だったから大変だったことだろう。

15日も不安定で、時折雨。
16日も、待ち合わせの前に激しい大雨だったけれど
みんなで浴衣着て出る頃には晴れ上がっていた。
そして、今日は一日大雨。
私たちはタイミングがよかった。


そして、これで京都は本格的に夏が来る。


Category : 京都
Posted by チエ on  | 3 comments  0 trackback

宇治まで

今日は午前中は気功の講座を受けに木幡まで。
新しい功法を習う。
その功法自体は基本中の基本だといわれているものらしいのだけれど
私は全く知らないので、さらに基本から教えていただく。
昨日の講座では、型は型を超えるためにある
ということを教えていただいたが
型の意味、というかこういうことで型が成り立つ
というところも教えていただけると
なかなか奥が深くて興味が持てる。

午後からの仕事がキャンセルになったので
少し足を伸ばして、宇治まで行ってきた。
今日も本当に暑かった。
日焼け止めを塗らずに行って失敗。
三室戸寺から宇治上神社、平等院まで歩く。
写真はもう一つのブログにあるので
よかったらご覧下さいまし。
http://ametsuchi.exblog.jp/


雨があまり降らないままに曇り空が続く。
夕方から青空。
なんだかもう梅雨明けしたみたいよ。

時折雷がゴロゴロと鳴る。
激しく雨が降って、雷が落ちたら梅雨明け宣言となるんだろうけれどな。

sora20060713.jpg



キヨシロー 喉頭がんって
ええー!!


Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 4 comments  0 trackback

その感触

今日は、気功の学習会。
妊婦さんに気功を指導することを想定した内容。
受講生も私を含めて3名で、少人数でゆったりと。
高槻にある気功協会の事務所は
昭和の中頃に建てられたと思しき平屋で
とても風通しのいい空間で居心地いい。
しょっぱなから眠い私は何度も何度もウトウト。

終了後はみんなで南風楽天にランチ。
アジア料理屋の南風はユルイ風が吹く居心地のよい食堂。
タイ風チキンカレー、おいしかった。

今日はとにかく眠い。
電車の中でも寝て
家帰っても、その眠気が続いてうたた寝。

明日も気功研修の日。
ここんとこ、気功三昧。
イロイロ得たいものがあるしね。


こないだ、お風呂に入ったら
にゅるりとしたものを足の裏に感じた。
ん?なんかのジェルの塊・・・
目の悪い私には、足の裏に感じたものがはっきりと見えない。
が、色はわかるぞ。
その色の感じ。
まさか・・・。
げげー ナメクジ。
泣き泣きーーーー。
シャワーで流して排水溝に追いやったけれど
意外と、叫ばなかったなぁ。
叫んでもどうしようもない
ってことを
無意識に理解していたのか。

でも、あのにぉるにゅるした感じ
洗ってもなかなか落ちないのね。

実は2回目。
考えると絶叫ものだけれど
あまりリアルに捉えないようにしている。
目が悪くて見えないというのもたまには悪くない。

ただ、あの足裏の感触は
いつまでも残っていて
もう二度とゴメンだ。

そろそろ、目が悪くとも
じっくり床を確認してお風呂場に入るようになった。

ナメ、どこから入るんやろ。

古い家との付き合いの中には
こういうこともある。



Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 3 comments  0 trackback

祇園祭 鉾建て

今日は午前中仕事をして
午後からは書の稽古。

お稽古場には小4の女のコが来ているんだけれど
彼女は小学生にして、肩こり持ち。
そんな彼女が私の肩をすこし揉んでくれたんだけれど
ぎゅっとひっぱりあげて痛かったので
ちょっと貸してみ、と彼女の肩を触ってあげた。
「うまいなー」と言ってもらえた。
お褒めいただき光栄ですわ。
まぁ、いちお、これだけが私の取り柄でして(笑)。
彼女にかかると書の師匠も
「先生、うまいなー」となる。

そして、夜はみすずちゃんとひとみちゃんとびお亭へ。
自然食の草分け的存在の店だが、味もボリュームも満点。
このメンバーで外食って初めてだ。
いつもおうちご飯で満足だったからねぇ。


四条通は祇園祭の準備が整いつつある。
昨日も車で河原町通りを走っていたら
なんだか急に渋滞。
提灯を持った人たちの行列。
お迎提灯だったようだ。

今年は友人たちと祇園祭の宵山に行こうと言っている。
連休にちょうど重なってスゴイ人だろうけれど
やはり、あの灯りを見るのを楽しみにしている。


gion.jpg



祇園祭日程

Category : 京都
Posted by チエ on  | 4 comments  0 trackback

身体に繋がる快感

先日、キョーレツな外的要因でしか
快感を得られない人たち
について、ゆーこさんと話した。
彼女とは、本当に突っ込んで話をできるから
ラクチンだ。
そしてまた、特に最近は、私がどんなことを言っても
淡々と聞いてくれるのもありがたい。
そして、私と彼女は本当によく似ている。
もちろん細かく見れば違うところは多々ある。
だけれど、ベクトルの行方は同じ方向。
多分、「どんなこともアプローチが違うだけで
全部一緒なんだよねー」
って言い合えちゃうところがやっぱり同じなんだと思う。


自分のカラダを改造することでしか
自分の存在価値を見出せないのも
ボディピアスや、カラダを痛めること
強い刺激でしか快感を得られない人たちというのも
きっと、そのままのカラダを大事にされたり
やさしく扱われたり、扱ったりしたことがないんだろうね。
そのままのアナタのカラダを、その肌を
やさしくやさしく撫でられるだけで十分心地よい
と感じたことがないのならば
それは確かに不幸なことだ。

ここでいうここちよい感覚というのは
決して、性的な快感ではなく。
あ、もちろん性的な快感もわずかに伴うものではあるけれど
性欲に伴う快感ではなくて、ということだ。



そんな話を、内田氏にまたうまくまとめてもらった。

ゆーこさん、こんな感じじゃない?
私らが話していたことは。







頭で感じる快不快と体で感じる快不快。
人間は幻想で生きている生物だから、この二種類の快不快が
うまく識別できない人が多い。
どこが違うかというと、人口甘味料と自然の甘味の違いみたいなもの。
幻想的な快感、たとえば政治的イデオロギーや宗教的陶酔がもたらす快感
というのは「しびれる」んです。
それに対して、自然な快感、生物としての生存戦略にうまく適合した選択をした時に
もたらされる快感というのは「ほっこり」しているんです。
じわじわっと腹から温まるような感じで。

ダイエットをしている人がよく快感を感じるといいますね。
やりはじめると癖になるって。
でも、必要な栄養分の摂取を制限して快感を感じる生物なんて
人間しかいませんよ。

ダイエットやピアッシングやタトゥーのような身体的毀損が快感として感じられるというのは
人間が他の霊長類と違うという点ですから、確かに進化の徴なんでしょうけれども
どう考えても体に必要な養分の摂取を停止したり
皮膚に穴を開けたりすることが生存戦略上有利であるはずがない。
だから、身体的にはそういうふるまいに対して「不快」というシグナルがでているはずなんです。
それを幻想的で強烈な「快感」が打ち消してしまう。
そういう構造になっているんじゃないかと思います。

でも、そういう幻想的な「がつん」と来る快感は
他者と分かち合うということがないんじゃないかと思うんです。
非常に繊細な、脳内の電気信号のゆらめきみたいなものの効果だから。
弱すぎて、周りの人には届かない。

身体的な快感はもっと深く持続的で響きがいいんじゃないかな。
伝導性が高いというか。
だから離れている人も、それに影響されて体感が変わってしまうということがある。

にこにこと機嫌よく笑っている赤ちゃんをじっと見ていると
こっちも体の奥のほうから温かいものがこみ上げてくるっていうことがありますでしょう。
あれは赤ちゃんの生理的快感が響いているんだと僕は思うんです。
快感ってそういうふうな仕方で伝染するんじゃないかな。

内田樹/身体の言い分

Posted by チエ on  | 14 comments  0 trackback

薔薇が咲いた

bara.jpg


去年の11月、この家に住み始めた時に
庭にバラを植えた。
鉢植えでひょろひょろしたバラだったけれど
植え替えた途端、勢いよく伸びて
先日つぼみをつけた。
そして、今、緑の濃い庭の中、赤い花を咲かせている。


1年前の今頃は、ここでこうしていることを想像もしてなかったし
3ヶ月前も、今のこの気持ちを想像し得なかった。
コロコロと転がり続ける私の毎日。


しっかと根を張り、地から必要なものをおのれに取り入れて
美しく花を咲かせたバラ。

私の今の転がり方では、苔も生えんな・・・。


Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 6 comments  0 trackback

初めの第一歩

今日は、気功の体験レッスンの日。
私のデビュー記念日。
・・・なんてカッコイイものではなくて
いやー、やっぱり自分の家でやったデモクラスみたいに
うまくはいかなくて、反省しきり。
CDの調子も悪くて何度も音飛び。
みんなの視線も痛くて
とにかく緊張した。
動きを説明するのって、ほんとムズカシイ。

自身の体感を飛び越えているから
予定時間よりはやく動きも終わってしまう。
終了時間にはまだ10分もあるし
予定にはなかった動きまでやることに。
気持ちイッパイイッパイで、なんとか1時間10分が終わった。

終了後、先月から少しだけ話したことのあった
70を超えた男性が
「型にはまったのもいいんだけれど
自由な感じが私にはとてもちょうどいい動きだったし
音楽の選択もよかったです。」
と言って下さったのに救われた。

私自身はやりきったという感じもあったので
終わった後は心地よい疲労感。
帰りの電車内は久しぶりにうとうと眠った。



むかーし、勤めていたマッサージの店で
一番初めについたお客さんのことを思い出した。
あの時もかなりめちゃくちゃだったっけ。


あの教室で一番学んでいるのは私。
みなさん、スミマセン。

Posted by チエ on  | 5 comments  0 trackback

久しぶりの青空


20060706160558.jpg


東京から友人が来ている。
散策帰りに見上げた青空。




Posted by チエ on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。