空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

水をめぐる旅

nagare8.jpg


福井の小浜に行ってきました。

写真、結構重いし
なんかここに並べるのも
あまりにも個人的趣味の羅列になってしまうので
(あ、今でも十分なのに!ってことね。)
別ブログにしました。

ココから飛んでください。


GR-Dで撮った写真はこちらに載せて行きます。
よかったらドゾ。

スポンサーサイト
Posted by チエ on  | 2 comments  0 trackback

うっきー

立て続けに内田樹氏の本を購入する。
豆料理クラブのMLの中でその名前を見て
そして彼のブログに飛んで
彼の文章を少し読んでから
(ロハスについての記述だった。全く同感。)
ずっと気になっていた人。
その名前がまたいい。
内田樹(ウチダタツルと読む。)、
なんだか、大きな緑の樹が目の前にすっくと立ちそびえているような
心地のよい波動を名前から感じる。
(わ、ちょっと前までの私は『波動がどうのー』って言うのは
苦手だと言っていたじゃないか!)


先日、東京に行った時に
人待ちの間に立ち寄ったヴィレッジヴァンガードで
中沢新一の本と内田樹の本が一緒に並べてあった。
やっぱ、この本屋はセンスがいいなぁ。

そして買ったのは
先日の日記にも書いた
「健全な肉体に狂気は宿る」。

おもしろかったなぁ。
これは対談集だったのだけれど
この人の言葉は実に興味深い。
書いたものも読んでみたくなり
買ったのはひとまず「私の身体は頭がいい」。
そして、「身体の言い分」。
最近では、三砂ちづるさんと対談された本が出ている。
これもまた興味深い。


神戸女学院の文学部教授であり
合気道の師でもある人。

おそらく、武道をされている人は
自分の身体の微細な動きや
精神の統一性などを体感として捉えているのだろうけれども
その感覚を、こうして文字にして
書きあらわせているところがスゴイ。

だけど、本を読んだだけだと
すっと、あまりにもなじみすぎて、
彼のすごさは伝わりにくいんじゃないかと思う。
(あ、ウソウソ。
わかっている人はものすごくわかってる。
わからない人はわからないってだけ。)
簡単なことのようで、ここまで身体の感覚を
言葉にするのって、とても難しいことだ思う。

たとえば、風の流れを
水の流れを
天気の移り変わりを
言葉で表現しがたいのと同じように。

あまりにも自然。

おこがましくも、私は嫉妬する。

昔、村上春樹にはまった時も同じだったなぁ。
私の表現したかったことなのに!って(笑)
なんで、同じこと書かれちゃうんだろうって(笑)
悔しくて、嫉妬する。
だけど、同時に私はまだまだ言葉足らずだと痛感させてくれる。

自分の書いた文章を何度も読み返す。
なんておもしろいんだと自分で笑える。
と書かれていたが、私も自分で書いた文章を
たまに、よくできたなぁと何度も読み直しては
ホレボレすることがある。
全部が全部じゃない、たまにヒットがある程度だが
あ、同じ。
・・・そう思って、すぐに
バカだ私、と一人笑う。
こういう感覚は恋愛初期に近い。

久しぶりにカッコイイ大人と出会えた。

何か武道を始めてみたいな
と思う私はミーハーである。



今日は、気功教室のデモを行なう。
友達二人に来てもらった。
概ね、好評。
よかった。
気功を教えることは、自分の体感を語り伝えること。
毎回、自分が気持ちよく終われたらいい。

絶妙のタイミングで内田氏の本と出会えたとも思う。


新しくマッサージを教える話をいただく。
全く私は、自分の力で何かを切り拓いた経験はなく
向ってきた船にただ乗り込むばかり。
そしてまたどんぶらこと旅する。
人生って、楽しい。


Posted by チエ on  | 3 comments  0 trackback

気功の教室

来月から奈良・高の原で気功教室を受け継ぐことに。

7月5日は無料体験会です。

今月いっぱいはアシスタントという形で
といっても、何か手伝うということもなく
クラスに参加して様子を観察させてもらいました。

今までの先生Hさんは、今日までということを
事前に生徒の皆さんに言ってなかったし
今月からなんか見知らぬ人が来てるなーと思っていたら
来月からはアナタが先生ですか!
って、みなさんちょっとショックだったんじゃないかしらん・・・。

来月の体験クラスで様子見て、継続するか考えるって
人がほとんどだと思う。

ああ、ちっとプレッシャー・・・。

でも、昼過ぎに家に帰って
一度、声に出しながらメニューの組み立てをしたら
なんだかずいぶんと落ち着いた。
かける音楽の選択も。
やっぱり一番馴染みのあるEnyaよね(笑)。
(私が行っている気功教室では基本の動きのときはたいていEnyaがかかるので。)


お近くの方は・・・といっても
奈良の方はいないとは思いますが
近鉄高の原駅徒歩5分ほどのサンタウンにて
7月5日 10時50分からです。
よかったらどうぞ(笑)

Posted by チエ on  | 4 comments  0 trackback

ただいま

koishikawa.jpg



ただいま。
充実の時を経て、帰宅いたしました。

いい時間を過ごせました。
滞在中に出会えた方、みんなに感謝です。



昔は、一人でも生きられるもん
なんて奢った考えを持っていました。

だけれども、ここのところ、私は
一人でぼんやりと考えることが多くて
(いや、もともとそういう、一人でぼんやりということは多々あるのだけれど)
誰かの存在あっての自分、というのを切に感じるわけです。

あなたがいてこその私、というか。

そんなところに、たまたま時間つぶしのために買った本にも
私がずっと言語化がうまくできないままにも
求めていたことが書いてありました。


ネットワークが増殖して
体から繊毛みたいなものがでてきて
それがいろんな人とつながていって。
そういうゆるやかな共同性の中で、まわりの人が
自分をどんなふうなものとして受容しているか
自分に何を期待しているか、
自分をどんなふうに必要としているか。。
という仕方で自己をとらえていくというのが
一番たしかな自己把持だと思う。
               (健全な肉体に狂気は宿る/内田樹・春日武彦)



私はよくふらっと旅に出たりするのですが
(長期ではなく、短期的に。)
それは、いつも、自分をリセットしたいというか
自分の中に新しい風を吹き込みたくて
それはいつも、無意識的になのですが
自然とガス抜きがしたくなると
どこかに行きたい、知らない街を旅してみたい~♪(by中村雅俊)
みたいな気分になるのです。
それが、かなりの頻度で東京なワケです。

自然を求めるというよりは
人がそこに大勢暮らしていて
だけれども、誰も私を知らない
という感じが、心地よいの。
結局、私は「人」が好きなんだなぁと思います。
それが私にとっては自然な感じなの。



ああ。
いろんなものが抜けました。
もちろん欲望もあるのだけれど。
だけれども、それは、極自然にあるもの。

イロイロなものに後押しされてる気がします。

7月の私は、これまでとは
ちょっと違うよ。



私が、ガス抜きさせてもらったように、
よかったらガス抜きしに
ウチにいらして。

お手伝い、しますよ。


Posted by チエ on  | 11 comments  0 trackback

しばしお休み

shizuku4.jpg



東京に行ってまいります。
26日に帰宅いたします。


GR-Dで初撮り。
同じような写真ばかりでスミマセン。
ずっと見てても飽きないもので・・・(_ _)ゞ

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 4 comments  0 trackback

ラジオ取材

ラジオに出演させていただきました。

今まで勤めていた店でも
雑誌とテレビはお受けしたことがあったのだけれど
ラジオは初めて。
あ、でも、ラジオと言っても
レポーターの方がウチに来てくださったので
スタジオ出演ではありませんよ。

出していただいたのはこんな番組です。
ラジオカーレポートといって、外勤担当の政田マリさんが滋賀や京都の
いろいろな場所に行って、ナマでレポートするという内容。

11時半から10分ぐらい
マリさんが、ウチの店の雰囲気やらを説明してくださったり
エサレンってどんなマッサージか
という質問をしてくださって
私が答えるって感じで進んで
そこで一度打ち切り。
そして、マリさんにマッサージを受けていただいて
12時半からまたあらためて、その感想を伝えていただくという内容。

顔が出ないとはいえ、ちょっとだけ緊張したなー。

マリさんにしたマッサージは30分ほど。
あっという間。

マリさんの感想は
「なんかねー、通常のマッサージはぐいぐい押したりもんだりするじゃないですか!?
でも、このエサレンは、なでるって感じでした。
で、独得の間合いがあって、何秒かフッと、ナルセさん消えた!
って思ったら、またスーッと入って来てね。
その消えた瞬間、ナルセさん寝てるんちゃうか、と思いました(笑)」
「最初は足の裏から始まって、どんどんカラダの線に添って
その円が大きくなる感じ。
その合間合間に、間があって・・・」
すると、スタジオにいる森谷さんが
「やっぱり最後は添い寝してくれるとか?(笑)」と言うたら
「まぁ、そんな感じですわ」とマリさん。
なんとも笑える落とし方をしてくれました。
生放送なのに私も大爆笑。


放送終了後、何人かの方からお問い合わせをいただきました。
ありがとうございます。

ホンマ、楽しい時間でした。
貴重な経験(笑)。


20060621151707.jpg

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 3 comments  0 trackback

カメラ

gr.jpg



うふふ。
頼んでいたデジカメが届きました。

先日来た友達には、800万画素もいらんやろ
って言われたけれど、いやいや、画素数ではないのです。
その質感に惚れました。
(私、かなり質感にこだわる方なんです。)
そんなことだけで、他のデジカメが2台ほど買えるぐらいの
そのカメラを買ったのか、と言われると・・・
そうかもしれません(笑)
あと、銀塩写真に近い質感で撮れる(らしい)こと。
28mm広角であること。

特別、カメラが好きだというわけでもありません。
写真を撮るのは好きです。
でも、長い間忘れていたな、そういうの。
写真を撮る人が側にいたのに、不思議なんだけれど。
撮る人がいたからこそ、立ち入れない領域だと感じていたような気がします。
私がそう感じていただけなのですが。


ここのところ、薄らぼやけていた
自分の姿をちゃんともう一度捉えてみたくなりました。
自分が見つめるもののさらに向こうにあるもの。
なんだか、このカメラがそばにあるとできるような気がしてます。



***
明日、某ラジオ局が取材に来ます。
生放送。
恥ずかしいので、どこの局で何時からとか言いません。
なら、書くなって?(笑)
***

Posted by チエ on  | 3 comments  0 trackback

琵琶湖

biwako2.jpg
biwako.jpg



久しぶりに車でお出かけ。
琵琶湖の西、近江舞子のもうちょっと先辺りに連れて行ってもらった。


時々、無性に海が見たくなる。
海じゃないけれど、琵琶湖も北のほうに行けば
対岸はかすんで、邪魔なものも見えずで海みたい。
とても蒼くて、海風の匂いもして
さらさらと洗われる心地がした。

夜は気功のクラスへ。
さらにゆるんで
気持ちのいい一日。

Posted by チエ on  | 3 comments  0 trackback

蓮のこと

蓮を育てていることは前にも少し書いたけれど
ここで、その蓮が生長していく様を書き留めていこうと思う。

庭の蓮
20060617165721.jpg



ベランダの蓮
20060617165630.jpg



雨の滴。
写真を撮ろうとして、少し葉に触れたら
コロンと転がり落ちた。
思わず「あっ」と声をあげる私。
なんだか大事なものを落としてしまったような気がして。

shizuku.jpg


shizuku2.jpg


shizuku3.jpg


デジカメを買いました。
あ、でも上の写真は携帯で撮ったもの。

来週には届くかなぁ。。。

親バカな写真が続くと思われます。
よろしくお付き合い下さいませ(_ _)ゞ

Category :
Posted by チエ on  | 5 comments  0 trackback

外に出て

家で過ごすのはとっても好きだし
家でするマッサージも大好きなんだけれど
たまにはちょっと趣向を変えてもいいような気がして
智子ちゃんが繋げてくれた縁に乗っかってみることに。

来月から、元田中にあるCafeZanpanoに
時々マッサージをしに行くことにしました。

もともと、う平くんという男のコが
タイ式マッサージをしていたんだけれど
彼はこのたび、就職が決まり
アラスカに行くことになったそうで、その後任として
スペースを預かることになりました。
その、う平くんも私と同じ「なるせ」という名前だそうで
これも何かのご縁ね。
今まで、本やテレビなんかで「なるせさん」という名前の人を見たことはあっても
直接知り合う人では初めて。


Zanpanoは、西陽の入る居心地のいいカフェです。
叡山電車がチンチンと走っていくところも見えて
店内もレトロムード満点。
(なんでもカフェアンデパンダンと同じ設計者に依頼したそうな。)

自転車で行くには遠いのだけれど
(自転車で行ってるのか!という突っ込みはナシね。)
イロイロな音楽に囲まれて、私自身もリラックスしに
(これ以上リラックスしてどないするねん!という突っ込みはナシね。)
ちょこちょこ行こうかと思っています。

全部、好きなようにやらせてもらえるそうなので
案を練らねば。

よかったらのぞきに来てください。
何曜日の何時ぐらいにいるかとかは
またここでお伝えします。
・・・多分、私は雨が降ったらお休み。
あ、もちろんCafeZanpanoはやってますよ。

京都市左京区田中里ノ内町81 宮川ビル2F
カフェ ザンパノ (14:00~24:00)

今発売されている、Leafという雑誌のmook
「京都・滋賀のカフェ」という本にも載ってます。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 10 comments  0 trackback

The Manhattan Transfer@BLUE NOTE

今日はTさんからお誘いを受けて
夕方から、大阪ブルーノートへ
マンハッタントランスファーのライブに行ってきました。

大阪駅前はすっかり様変わりしていて
どうやってあのビルの地下に向かえばいいのか迷う始末。
かつてこのあたりで仕事していたとは思えない。

新しくなったブルーノートは初めてで
あー、なんだかこの「都会的」な感じはとっても刺激的。
(都会的、って言葉自体がもうイケテナイですかねー)

京都で過ごし始めて
もう街中のリズムにはついていけない
なんて思ったりしたけれど
やっぱり私はこういう刺激も好きなんだな
とあらためて思った次第。

たまにはオシャレして
姿勢正して、街を颯爽と歩くのも楽しいな。


マンハッタントランスファーのライブは
めちゃめちゃ楽しくて
彼らもとっても楽しそうに気持ちよさそうに歌ってくれて
もうもう大満足でした。
さすが大御所の貫禄と余裕。

やっぱり、なんでもそうだけれど
演出側に有り余る楽しさがあるからこそ
それを分けてもらえるんだなぁ。


帰りは、Tさんとちょっとだけ飲んで帰宅。
ああ、いい夜でした。


Posted by チエ on  | 6 comments  0 trackback

あなた自身の言葉

sho3.jpg


贅沢な話で
私が今住んでいるこの家は
仕事部屋も含めて5部屋あるので
そのうちの畳二枚の一室は、書道部屋にしている。
畳二枚といっても京間なので、多分今時の
ワンルームマンションの4.5畳分はある。

道具を片付けずにすむというのがうれしい。


もともとお客さんで来て下さっていたIさんに師事することになったのが
去年の春。
今じゃ、お客さんというより
師匠のウェイトの方が高くて、頭が上がらない。
公私ともども世話になりっぱなしだ。


sho2.jpg



実は本に載っているお手本の言葉は
あんまりピンとくるものがない。
今回のは中国明時代の陽明学左派の思想家「李卓吾」の言葉だそうな。
官僚の偽善的道徳至上主義を批判、能力主義を訴えたらしいのだけれど
容れられず獄死した人。

あなた自身の言葉ではない。

うーん。
私がこのブログに綴っているのは
私自身の言葉・・・だと思っている。

ただ語ると綴るでは違うな。

口に出すほうは、もっと流されている。

カラダの動きを観るのと同じように
口に出す言葉も、丁寧にしていきたい。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 5 comments  0 trackback

股関節にのる

先日、太極拳の講座に行ってきた。


講師の松村さんは3年ぐらい前に
F夫妻の結婚披露パーティーで
お見かけする機会があった。
その後、中医学の講座に参加させてもらった時も
お話はしなかったけれど
なんだかずいぶんと肩の力の抜けた人だなぁ
というのが印象だった。

後に、太極拳をやってらっしゃると聞いて
一度受けてみたいものだと思っていた。



つい最近、とある本に
スタイル美人は体を股関節にのせて歩く
と書いてあったのだが
それがどういうことなのか、先日の講座でなんともタイムリーに理解できた。

カラダも、普段、何気なく動かしているけれど
その動きを丁寧にしてあげたり、ちゃんと意識を向けてあげることで
本来ある自然な姿に整っていくんだな。
なんだか、大きな教室で、一人一人に目を配る先生のようだな
と一瞬思った。
自分のこと、気にしてもらえてる
と感じられるのはやっぱりうれしいものね。


自然は美しく見えるもの。
カラダを整えることでスタイル美人を目指そうというその本にも納得。
(ちなみに「魅せるカラダ/平山昌弘著」という本。
アプローチの仕方は違えど、言うてることは同じ。)

相手の手を払う動き、というのをしたのだが
私にはそれがアホの坂田の動きにしか見えなくて
最後はおかしくてしょうがなかった。
そんなアホなことを考えて笑えるのも
股関節がゆるんだせいもあるのだろう。

終わった後のお茶の時間も楽しかった。
アジア料理店「南風」のゆるい空気も
松村さんと岩崎さんの台湾の旅の話も
誰も、どこにも力の入らない感じ。
全てがゆるんで一体化して見えた。
そして、松村さんは初めてお見かけした印象のままだった(笑)。


講座が終わって1週間経った今も
股関節にのりながら歩くのを心がけている。
目指すよ、スタイル美人(笑)。


Posted by チエ on  | 7 comments  0 trackback

近所散歩

新しいお仕事の打ち合わせで外出。

その帰り、伏見稲荷駅で電車を降りて
稲荷大社へ。
ここはウチからも近所で歩いて20分ほどなので
たまに散歩がてら訪れる場所。

inari.jpg


門前の商店街の雰囲気も好き。
ウチの周りは何にもないけれど
伏見は、またいわゆる「京都」という雰囲気とは違った
情緒が残っていて、なんだか楽しい。

inrimae.jpg




携帯のカメラでは物足りなくなってきました。
デジカメ購入、前々から考えてはいたけれど
かなり本気になってきました。

蓮も咲いたら、携帯なんかでは撮ってられないしね。

Category : 京都
Posted by チエ on  | 2 comments  0 trackback

蓮の葉

hasu.jpg



梅雨入りしたらしい。
久しぶりに乾いた地面が潤った。


一階の庭と、二階のベランダで
蓮を育てている。
葉の上に転がる雨粒は見飽きることがない。


去年も、吉田の家で育てていたのだけれど
屋根つきのベランダでは、雨にあたらず
ダニにやられて枯れてしまった。
(自然に雨に当たらないと、やはりダメみたい。)

今年も、庭の蓮は
旅に出ている間に青虫たちの餌食にあってしまったが
二階の蓮は、日当たりもよくて
すくすく育っている。

蓮好きな人は多いと思うが
(あ、私の周りだけ?
大家さんにも分けてあげようかと思ったら
『ホトケさんの花や!』と言われ断られた。)
私も、蓮の絵が描いてあるグッズやらに相当弱い。
いつぞやは帯で、かわいらしい蓮の花をあしらったものを見て身悶えた。
さすがに今の私は、新品の帯に手が出せない。


蓮鉢にはたんぼの土を入れてもらったので
いつのまにかカブトエビが孵化して泳ぎ回っている。

蓮の花は、それはもう美しくて
心どころか全てを奪われる。

今年は咲けばいいな。
そうなれば、一日眺めていることと思う。

lotus.jpg

Category :
Posted by チエ on  | 7 comments  0 trackback

気功の教室

来月から、奈良の高の原で気功の教室を
引き継ぐことになった。
今日はその教室の見学に。
新しいことを始めることは、不安もあるけれど
ワクワクする気持ちも同じぐらいある。
教室を持つ、といっても
その中では私が一番新人。
教えていただくのは私のほうだ。




というわけで、来月から
水曜日午前中の予約はお受けできなくなります。
午後3時からでしたらO.K.。
・・・しんどくないのかって?
いえいえ、全く。
気功した後のほうが、カラダはラクなのです。


予約入らなかったら
午後から奈良散策できるなー(笑)


夜はひとみちゃんとみすずちゃんと
ひとみちゃんちで飲み会。
今日のテーマは失恋だった(笑)。
ひとみちゃんの失恋話は、
彼女にしたら真剣なんだろうけれど
かなり爆笑モノだった。
書いてええのかわからないので
なんで爆笑だったのかは今日は書かないでおくけれど
やっぱり、あの人は相当オカシイ!(笑)。
ホンマ、この3人で飲むのはラクチンだな。

自転車に乗って、帰り着いたのは0時過ぎ。
いい風が吹いて、気持ちのいいナイトクルーズになった。

Posted by チエ on  | 3 comments  0 trackback

時間

今日は午前中、Mさんが来てくださる。
楽天堂繋がりの方だけれど
楽天堂を通じて知りあう方は
一緒にいて心地いい方が多い。
今日も終わった後、お話をしていてホロリと涙が出た。


私がしているのは、
単純にかつてしていたような「体をほぐすためのマッサージ」
ではないな
と、ここのところ思う。
時間で何分いくらとか、いちお掲げているし
やっぱりベースのセッションタイムがあって
それを超えると時間単位で価格も変わるのだけれど
正直言うと
時間なんて、どうでもいいなと思ってしまう。

同じ一時間でも
楽しい一時間はアッと言う間で
苦痛な一時間は長く感じるのと同じように
時計では計れない、
その人その人で適正な時間の流れ方
が、あると思う。

このあたりが、最近、少々ジレンマを感じる部分でもある。

そしてまた、時として
私のほうが、マッサージすることによって
お客さんよりもうまくまとまってしまうこともね。。。

まぁ、おいおい
自分なりに「こうしよう」ってことが
また出てくるとは思う。



ここんとこ、古くからの友人が
遊びに来てくれたりするのだが
今日は、夕方から、高校時代の友人Hが
小5の娘を連れて来てくれた。
10年以上ぶり。
園部からで、家のこともあるから
ほんの一時間ほどではあるが
こうして、訪ねてきてくれるのもうれしいこと。

夜は久しぶりに丼飯。
豚肉、たまねぎ、にんじん、先日いただいた破竹を炒めて
オイスターソースと塩で味付け。
ベランダ菜園のパクチーが、ここんところ大活躍だ。

パクチー、こんなにおいしいと感じるなんて
もうすっかり夏だなぁ。

don.jpg


なんかこの写真、左の隅に写っているのは
私の指なんだけれど
太腿みたいに見える。
足湯に浸かる、ふとももみたいだ。
セクシー(笑)!

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 4 comments  0 trackback

旅日記 2

今日はずっと行ってみたかった太極拳のクラスに参加してきたので
そのことについても書きたいのだけれど・・・
旅から戻ってからも、日々新しいことがあるのだが
なかなかタイムリーに書き表せずにいる。

でも、この間の旅のことは吐き出しておきたい。
前書いた旅日記の続きが消えて
かなりショックを受けたが
気を取り直して、書き進みたいと思う。



しばしの休憩の後、フラメンコのワークョップ開始。

ファシリテーターは飯塚真紀さん。
私と同い年で(後で話したら誕生日も10日違いだということが判明。)
7歳年下の彼と一昨年結婚(ウラヤマシイ)、
現在スペイン在住10年になるフラメンカ。

しかし、一年前から舞台での魅せるフラメンコから離れ、
彼女が今住んでいるヘレス・デ・ラ・フロンテーラで
普通の人々が歌い踊るようなフラメンコを提唱していきたいと
一年に何度か日本に戻り、「フローフラメンコ」と題したワークショップを
開催している。


まず、フラメンコを聞いたことも見たこともないみんなに
真紀さんはフラメンコのライブ音源を聴かせた。
ギターの音、カンテ(歌)、ハレオ(掛け声)、パルマ(手拍子)
そして踊り手が床を踏み鳴らす音。
聞いてるだけで気持ちが高揚する。

続いて、スペイン人と日本人の気質の違いについて説明。
日本人は、自分のことを表現するのにまず謙る。
「私なんて」とか「ウチの子供は全然勉強しなくて」など。
しかし、会話の相手はそれを暗黙の了解で「そんなこといって
ホントは勉強しているんでしょ」といったような感じで受け取る。
反対にスペイン人は「私ってスゴイでしょ!」とか
「ウチの主人はかっこいいのよ!」と、自分をかなりオーバーに表現する。
これまた反対に暗黙の了解として「またまた、ホントは大したことないのに」
と相手は少し加減して受け取るのだそうだが。

フラメンコのハレオで代表的なのは「ole」だが
これは、日本に住む私たちでも容易に想像がつくように
「いいね!」という意味なのだけれど
(他にはbienなど、最高!もっといけいけ!
てな感じのハレオ・囃子言葉がある。)
周りのみんなのoleという囃子言葉を聞いて、踊り手たちは
そうでしょ、アタリマエよ、私を見て!という具合に
気持ちと踊りを高ぶらせていく。

このoleという言葉。
誰かから賞賛されて、その気持ちを
自分の中に受け取ること
そしてそのことによって自分自身を輝かせること。

日本人のように、へりくだることは
今はどこかに置いて
今この瞬間は、スペイン式で
自分を輝かせてみよう
ということで
真紀さんは一人一人に「ole」の言葉をかけていった。
私たちはそれを胸よりも高い位置で受け取り、
そして自分の胸に収める仕草をした。



まずはパルマ。
タンゴのリズムの4拍子で手を打つ。
1,2,3,4
その1を抜かして打つ。
1だけ打つ。
2と3の裏打ちと4を打つ。
3パターン。
足のリズムも4拍子。
手拍子と足の運びをあわせてみる。
そして輪になった中に、一人一人、
足と手を使って踊りながら、進む。

次は指の動きも加わる。
小指から親指を一本一本外側に回す動きと
内側に回す動き。

3つのグループに別れて
手拍子を打つパターンもわけ
そのリズムを、なんと
誰でも知っている「森のくまさん」という童謡にあわせていく。

歌いながら手拍子を打つ人、
裏打ちをとる人
スペイン語で歌う人
ハレオをかける人
思い思いにリズムを刻む。

そして、それらを融合させて
また一人一人、足を踏み鳴らし
腕をあげて指を繊細に動かしていく。
順番に、輪の中で踊り、下がっていく。
みんなすっかりフラメンコのバイラオーレ(踊り手)だった。

さまざまなハレオが飛び交い
そこはさながら北軽井沢のタブラオ。

一通り踊り終えた後は、座って
上半身だけで、腕だけで踊ってみる。
4拍子でリズムを刻み、踊り手は最後
1,2,3で全てを終わらせる。
3で幕を下ろすかのように足を踏み鳴らし
キッと顔を上げて。
それも一人ずつ輪の真ん中に出て
好きなだけ中心で舞い、3でキメる。

フラメンコなんて見たこともないという
年配の女性たちも、見事に場を押さえていた。
「私が止める!」という意気込みが伺えた。
みんなみんな、どこかで初めは
輪の真ん中で、一人でなんて絶対ムリ、踊れない!
と思っていたはずなのに
誰一人躊躇することなく、輪の中心に進んでいった。

それはきっと、初めに「ole」の賞賛を
きちんとそれぞれの胸にしっかり収めたからだろう。

みんなの顔はしっかりと
光り輝いていた。

このようなワークショップ、
何度か参加したことあるけれど
こんな短時間で、ここまでみんなの顔、カラダが変わるのも
めずらしいことだと思う。

この場は、誰を判断するものでも
批判するものでも
評価するものでもない
ということを
初めに主催のMさんが言ってくれたこと。
それが大きかったんだと思う。

そこでワークショップは終了。
みんな、かなりグッタリだったようだけれど
正直、わたしはまだ踊れる気がした。
真紀さんとTちゃんが適当に叩く太鼓の音に
思わず体が反応。ゆっくりとカラダを動かし
それがクールダウンとなった。



夜ご飯は、Mさんのお母さんが北軽井沢に住んでいて
その繋がりの人たちが作ってくださったおいしい料理。
玄米菜食が中心で、本当においしかった!

つづいて、フィエスタ。
CさんリードのSacredDanceを輪になってみんなで踊った。

Sさんと私は飲む気満々だったのだけれど
ハーブティーでなんだかまったりとお話が進み
意外と早くに陥落。
ホテルに戻り早々に眠りに着いた。
宿泊した紀州鉄道軽井沢ホテルもとてもきれいで、いい宿だった。




28日
8時過ぎに起きて、大浴場に目覚ましに行く。
朝食をすませて10時に、前日と同じ場所「海のマリー」へ。

前日の激しさに比べてゆったりとしたムーブメント。
また自分の伸びたいようにのびて
動きたいように動かせてもらう。
私は立ち上がって、背骨をゆるめる動きを繰り返していた。

3人一組になって、一人がやりたい動きをサポート。
自分では持っていけないところを補助する。
私とゆーこさんとTちゃんの3人は
やっぱり激しいのが好きみたいで(笑)
他の人たちとは違う、まるでパンクロッカーのような動きを
好んで繰り返した。
別の3人組になって、さっきとは反対に
一人が動きたいと思う方向を抑える。
拮抗することによる緊張を、後々の大きな弛緩に変えるサポート。


最後は、輪になって
手を繋ぎ、エネルギーの循環。
そして、「ah」という声を一人一人重ねて倍音となす。
それはそれは美しい音色。

みんなで感想をシェアしている間に
天窓から光が差し込んだ。
こういう時には然るべき手が差し伸べられるものだな。
これもまたとても美しいシチュエーションだった。

私は、この新月に開かれたワークショップを境に
今までつながれていたコンセントが抜かれて
このワークショップの間はunpluggedになった。
そして、京都に帰ると新しく入りなおすのだろう
ということをみんなにシェアした。
みんな、関東近郊からの参加で関西からは私一人。
「遠くから!」と言われたりしたけれど
時間とか距離なんて、実はどうでもいいことだと思う。
(いや、実際は、「会いたいな」と思った時に
ほどなく会える距離にいるというのが理想だけれど。)


この1ヶ月、イロイロあったけれど
もうこのことで自分を見失うことはない、大丈夫だと思った。
胸は痛むけれど、またこの痛みを新たに何かに転じさせることができると感じた。

昼はカフェフルールで野菜カレーをいただいて
別れを惜しみながら、私とゆーこさんはまゆの待つ高崎に向った。



まゆとは、去年、花背で開かれたエサレンのアドバンスクラスで知り合い
同じ部屋で4日間を過ごした。

ゆーこさんは、つい最近、別ルートでまゆと知り合った。
まぁ、この世界は狭いし、当然と言えば当然なのだけれど
おもしろい縁がつながり、ワークショップ開催の数日前に
北軽井沢から高崎は帰り道だし、まゆから「寄りな」と言ってもらえて、
私は泊まらせてもらうことにした。
帰りのチケット、ぶらぶらして帰ろうかななんて漠然と思っていたし
いつ帰るかとかも決めてなくて正解。
高崎から程近いまゆの家に二人で転がり込んだ。
翌日、仕事のゆーこさんは9時過ぎに帰ったが
私とまゆはその後、ワインを飲んでうだうだしゃべって眠りに着いた。
一年ぶりだけれど、マッサージを通じて仲良くなった人というのは
時空を越えるものがあるなといつも思う。

29日。
よく寝た!
ゆっくりと朝食をすませて、昼前にまゆの家から程近い温泉に連れて行ってもらう。
3時間ほど、温泉で過ごした後は、
家に戻り、ビールとおつまみで小腹を満たしシェスタ。
つまり昼寝(笑)
平日の昼間だというのに、このゆるさ。
こんなこと、日記に書けるかなーと笑いながら
まったりとした時間を過ごした。

5時前に目覚めて、交換セッション。
久しぶりにマッサージしてもらったなぁ・・・。
もう、この5日間は究極のリトリート(re:treat 新しく生まれ変わるって感じかな)だった。

9時ぐらいにまゆにビーフンを作ってもらって二人で食べて
ゆっくりしているうちに、バスの出発時間が近づいた。

まゆにバス停まで送ってもらい
私はコンビニでビールを一本買ってバスに乗り込んだ。


まゆには本当にお世話になった。
いろいろな気遣いを本当にありがとう。
また次は高野山で会おうね。


帰りのバスは
昼寝もしたし相当ユルイ生活をしていたので
眠れないかと思っていたら
驚くほどすんなりと眠って、気づいたら京都だった。
高崎-京都も近いもんだな。


奇しくも新月をはさんでいたというのもあって
この5日の間に本当に生まれ変わったような心地がする。


この旅の間に知り合った人々にも感謝。
またどこかで会えるとうれしい。

毎日、ストレスのない日々のようではあるけれど
こうして、新しく何かを取り入れることが
私には必要であるようだ。
おそらく、私だけではなく誰にとってもそうではないかと思う。

入るものと出ていくもの。
何かを捨てて
また新しく何かを自分の中に取り入れて行くことで
全てが循環していることを実感する。


海のマリーに咲いていた花。
私の大好きな紫色。
凛としていて、フラメンコダンサーのようだ。
fl.jpg







踊りについて、shioが先日書いてたので
それをトラックバックしてみた。
おもしろいのでゼヒご一読下さい。

・・・って、アレ?
こっちには表明されないの?
いちお、URL出しとこ。
まだまだブログのこと、理解してないなぁ(苦笑)
http://blogs.dion.ne.jp/bonkure/tb.cgi/3425468
あ・・・このURLて飛べないね・・・ゴメン。
なんか承認された後にこっちにも反映されるとか?
またわかったらあらためて(_ _)ゞ

*後日
トラックバックって、向こうに張ったら
こちらにも反映されるものだよね・・・?
うむー、よくわからん。
ということで、よくわからんので
こちらの「女神バウボとアメノウズメ」というタイトルの
日記へトラックバックです。
なーんて、アナログな(苦笑)。

*後日2
トラックバックって、やっぱり相手からも
トラックバックしてもらわないと
相互にはならないみたいです。
はははー。



Posted by チエ on  | 10 comments  0 trackback

行き交うもの

今日は色んな人がウチに来た。

朝はいつも来てくださるTさん。
そして、突然、大学時代の親友夫妻が一家5人で。
夕方からのお客さんFさん、
夜は、かつて一緒に歌ってたA。

大学時代の親友は
いつも突然来て私を驚かせる。
今日はゆっくりしゃべられなくてごめん。
ホントは話したいことがイロイロあるんだ。
いつもそうやって想っててくれてるんだな。
ありがとう。

かつて一緒に歌ってたAは
いつも恋愛で悩んでいる。
私に相談されても、ろくな返答はできないんだが。
自分を見てるようで、彼女への言葉は
自分に言い聞かせてるようなものだった。
さんざん飲んでしゃべって
彼女は寝入ってしまった。
まぁ、ゆっくり寝ていっておくれ。

旅日記の続きは明日書きます。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 0 comments  0 trackback

消えた旅日記

ま、まじですかー
書いた日記が消えました。
もう泣くーーーーー!
今日はもう書けない!
というか、もう書けないよぅ。
ショックすぎる。

Category : いつものこと
Posted by チエ on  | 3 comments  0 trackback

旅日記

25日
Iさんがお客さんとして来る。
マッサージを終えた後、京都駅で寿司をご馳走になる。
その足でおかべっちのハープを聴きにいく。
Iさんもおかべっちのハープの音色をとても気に入り
CDを購入してくださった。
その後、私は大急ぎで旅の準備を整え
夜、高速バスに乗って東京へ向った。
平日のバスはすいていて、乗客は私を含めて5人。
疲れているはずなのに、カラダがつらくてほとんど眠れなかった。

26日
朝6時、東京駅着。
ゆーこさんに連絡を取る。
まだ家にいるからおいでと言ってもらえ
練馬のゆーこさん宅に向う。
ゆーこさん出勤後は、ふとんをひかせてもらって爆睡。
気づいたら2時過ぎだった。

その後、散歩でもと思い外に出るも
氷川台の地下改札前でどこに向うか思案、
しばし地下鉄運賃表の前で呆然となる。
誰かを待っているのか、ただ路線図を見ているのか
駅員も怪しんだだろう。
15分ぐらい、その場でたたずんだ。

結局、まだ見たことない六本木ヒルズに向うべく
地下鉄に乗り込む。
向うべき方向と違う方向の電車に乗ってしまい
何度も電車を乗り継ぐ。
六本木一丁目で降りて、ブラブラ歩く。
東京は、坂道がおもしろい。
今回歩いた中で唯一心が躍ったのが
この坂道を下る時だった。
アースダイバーは持参せずだったけれど
この、縄文期には岬だっただろうあたりから
海にダイブする感覚。

六本木ヒルズは特に書く事なし。
東京タワーが見えたので
そのまま東京タワーに向う。
やはりここも岬の先端。情報発信地。
大勢の修学旅行生に混じり、下からタワーを眺めた。

その後、増上寺を抜け、浜松町を過ぎ浜離宮公園前。
京都では決して見ることのない、超高層ビル群を前に
口をあけて見入る。
なんてリアリティのないこの風景。

短い時間の間にも割りとよく歩いたし
しばしカフェで休憩。でも飲んだのはビール。
そこでゆーこさんから連絡が入り
新橋から新宿に向った。

夜は居酒屋で少し飲んだ後、豊島園の温泉へ。
9時以降は入浴料が安くなる。
いいお湯だった。

豊島園からは川沿いに歩いて家に戻った。
お風呂上りのビールを飲んで、1時過ぎに就寝。


27日
池袋でレンタカー。
他の同乗者二人と待ち合わせ。
TちゃんとSさん。
ハジメマシテ、なのにはじめましてじゃないみたいな二人。

この日は大雨。
ゆーこさん、車の運転おつかれ。
頼りないナビゲーションシステムに振り回され
右往左往したけれど、ワークショップ開始時間に間にあい
ほんの少しの時間で、ワークショップ開催場所の
「海のマリー」特製コーヒーと林檎パンをいただく。

こんなにも、リラックスした気持ちで
ワークショップに出たのは初めてかもしれない。
いつも、初めての面々を前に最初はいくばくかの緊張がある。
けれど、今回はそれが全くなかった。
というのも、きっと、ゆーこさんと一緒だということ
ファシリテーターのmatsumiさんにも、一度お会いしたことがあった
ということが大きかったと思う。
あと、mixiというコミュニティのポータルサイトがあるのだけれど
そこで主催のお二人のこともなんとなく垣間見れていた
ということも。


初めの2時間ほどは、matsumiさんのボディワーク。
まずは気持ちいいように伸びて行くところから操体法に流れる。
息をどんどん吸って行き、体もそれに伴って緊張させていく。
そしてもう吸いきれないというところまで息を吸いきったら
一気に体を落としてゆるめて、息を吐く。

二人一組になって体を揺らしあう。
一人は寝て、もう一方が足や腰を揺らす。
足→腰→頭の順に。

立って両腕をあげて、腰あたりまで同時に振り落ろす。
振り下ろす時に、「ハッ」と声を出す。
それがさしずめ、何か武道の鍛錬のようだった。
女ばかりの集まりとは思えない声が響いた。
この辺りからみんなの何かが吹っ切れ始めた。
体を動かすことと、声を出すこと。

また二人一組になり、二人で同じ方向を向く。
立った状態で後ろに倒れ、相手がその上体を支える。
一方は支えて、一方は相手に身を委ねる。
次は3人で。真ん中の一人は前に倒れたり後ろに倒れたり。
前で支える人、後ろで支える人がいる。
最後は10人ほどの輪の中に、一人が身を委ねる。
まるで、ボールか何かのように輪の中で交互に支えられる。
この、誰かに身を預けることの心地よさ。

二人一組になり、相手を後ろから支えながら
大事なものを扱うように、仰向けに横たわらせる。
大事に扱うこと、丁寧に扱われること。

二人で目と目を見つめあい、その時の気持ちをシェア。
目と目を見つめることは、自分を見透かされるようで
一瞬は恐くもあるけれど、じっと見つめていると
自分と相手との間に境目がなくなる。
何を見ているのかよくわからなくなる心地がする。
相手の顔は自分の顔みたいだとさえ思えてくる。
相手が自分を判断したりしない、ということが
互いに理解できると、相手と自分を区別するものがなくなる気がした。
こういうのも、今まではすごく苦手だったが
今回は、本当に何も恐れがない。

相手の動きにあわせて自分も動いてみる。
鏡のように。
好きなように動いていく中でも、相手の目を見続ける。
動きながらパートナーを替えていく。

最後は好きなように一人で動いて、フリーダンスに流れた。
もう、みんなかなりハイテンションだった。

歓声が上がる中、音楽が止んで
ボディワークのクラスは終了。
実に爽快だった。まだまだ踊れるってぐらい。

しかし、この後もワークショップは続くので
ここの時間はこれぐらいにおさめねば。

つづく。


mari.jpg

Posted by チエ on  | 5 comments  0 trackback

感情の解放

踊るのが楽しいと初めに思ったのは
アフリカの太鼓、ジャンベのライブに連れて行ってもらったときだった。

初めは座ってみていたのに
体が勝手に動き出して、気付いたら
翌日、筋肉痛に苛むほどカラダを動かしていた。


フラメンコは、あの憂いを含んだ旋律に
ずっと憧れていたのと
当時、勤めていた会社でのストレスを
飛ばそうと始めたものだったけれど
そのリズムについていけなくて
1年で挫折してしまった。

それ以来、というか、
私はずっとずっと昔から
リズムをあわせるということができなかったようだ。
今、ふっと思い出したのだけれど
中学生の時、体育の授業で
確か創作ダンスの時間だったか
私はみんなと同じようにカラダを動かしていたつもりだったのだけれど
なんだか違ったようで、体育教師(女)から執拗に叱られた。
当時は私が合わせられないからだ
と思っていたけれど
今、思い返すと、なんであんなに何度も、授業をさえぎり
名前を呼ばれて「違う!」と怒られなければならなかったのだろう
と思う。
あの頃から、私は次第に、色んなことを恐れ始めたような気がする。

恐れといえば
勤めていた会社で
上司に、誰も来ないようなところに呼び出されて
3時間ぐらいえんえんと、説教を受けたことがあった。
それも一度ではなく、何度も。
これも、今思い返すとなんでそれをオカシイと言えなかったのか
と思うのだけれど
当時は、その人が恐かった。
「完璧に仕事をこなせられない」ということに
どんどんとコンプレックスを抱くようになった。
人に見られること、全てが恐くなった。
今も、その片鱗はどこか自分の体に残っている。

フラメンコも、
先生が恐くて辞めたんだった。
そういえば。

できないこと
を、ひどく責められること
に今でも臆病だ。


マッサージで誰かに触れることよりも
私は、ジャンベという太鼓の音によって
自分のカラダに押し込めていた感情を解放する術
に気付いたような気がする。

自分が、その音によって動いているのではなくて
その音に踊らされている感覚。
そこに、「私」という意識はなかった。

そこから、私は躍るのが好きになった。
うーん。でも、
あれは踊り、というよりも
カラダを自由に、気持ちいいように動かしているだけかもな。
型にはまってこその美しさがある、ということも今ではわかるしね。


それにしても、
あの太鼓の音というのは
カラダ全体が揺さぶられる。
太鼓の音の波動がカラダにダイレクトに飛び込んでくる。
血液がどこかで逆流するかと思うような勢いで流れる。
自分のカラダの中にある心臓もドラムと化す。

考えすぎて深刻になったり
その考えがこびりついて離れなかったり
くよくよ落ち込んだり
したときは
カラダを動かすに限る。
どうして、そんなことにはまっていたのか
すっかり忘れる。


今回のワークショップは
ずっとカラダを動かしていた。
誰からも咎められず
非難されず、批判されず
自分が動きたいように、手脚を伸ばせる。

そんな単純なことを
涙が出るほどうれしく、心地よく思えるのは
きっと、これまでの緊張を
解き放つという喜びも含まれてのことだ。


全て循環しているなぁ
とつくづく思う。

つづく


Posted by チエ on  | 5 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。