Welcome to my blog

空模様

Archive: 2006年05月

No image

 ただいま

昨夜、群馬の高崎から高速バスに乗って今朝、京都に戻りました。行きのバスは、寝付けなかったけれど帰りはカラダがゆるんでいるからか特別、疲れは感じていなかったのによく寝ました。本当にいい旅だった。毎日、瞬間瞬間全てが気持ちよくて、満ち足りてた。帰りたくなかったよ~(笑)またあらためて、この旅のことを書きます。ひとまず帰宅のご報告。...

 明日から

明日の夜から、ちと旅に出てまいります。東京-北軽井沢-群馬。なんか週末もお天気はあまりよくなさそうですがまぁ、雨もまたヨシかなぁなんて思ってます。週末の北軽井沢ではこんなワークショップに参加してきます。→ココ10年ほど前、その旋律にひかれてフラメンコを習ったことがあるのだけれどどうも私にはリズム感がないようで一年間やっただけですっかり挫折。だけど、ずっとずっとフラメンコへの憧れはありました。そのフラメ...

No image

 Memento mori

今日来てくださったKさんは、看護師さん。セッションが終わった後はこんなことをシェアしてくださった。「今日は貴重な経験をしました。体全体をとても丁寧に扱ってもらえること。呼吸は肺でするものだけではなく、足先にも呼吸しているという感覚があること。そして最後、少しずつシーツにくるまれていく時に死を思いました。少しずつ、浄化というよりも、あれは死、ですね。肉体的な死ではなくて、生を終わらせていく感覚。あら...

No image

 maruruってありがとうという意味だって

今日は、彩ちゃんのライブに行ってきた。丸太町川端のmaruruに、仕事が終わった後自転車乗って。ばくさんのギターはかっこよかったなぁ。(なんて名前のギターか忘れた・・・)ああー、あの音はたまらんね。。。ホンマ気持ちいい音。彩ちゃんも、音楽活動、また始められて本当によかったね。楽しんで音楽続けていけること祈ってます。今日、maruruで初めて出会ったMさん。彩ちゃんつながりなんだけれど、なんかステキやったなぁ。も...

 美しきもの

お隣りの森さんに芍薬とバラの花をいただいた。すぐ枯れるよと言われたけれど、この気温のせいかいい具合にもっている。そして今日はおかべっちのハープを聴きにいった。ミケランジェロの彫刻を自然光で撮った増浦さんの写真にインスパイアされた新しい音を聴かせてもらった。ホテルのロビーにあるギャラリー。日常にあふれるさまざまな音の中で集中力を保つのが大変だと彼は言っていたし実際、気になる外野音ではあったけれど一瞬...

No image

 長岡京の畑

楽天堂の所有する畑が長岡京にあって今月からひとみちゃんがそこを管理していくことになり私も一緒に手伝わせてもらえることになった。そして、今日その第一日目。道路が混まないうちにと今朝6時半に車でウチを出てひとみちゃんを拾いに行き少し道に迷いながらも長岡京にたどり着いた。長岡京の光明寺というお寺の裏で竹林が広がり、里山の景色がまだ残る場所に畑はあった。かなり広い敷地を好きなように使っていいよと言ってもら...

 吉田山・茂庵

仕事と仕事の合間に、吉田山に登った。Tさんのお休みの日にあわせて、週末は雨だろうしもう今日しかない、と言う感じで。新緑の季節はもうおしまいですっかり木々の緑は濃くなり成熟した色を見せていた。吉田山に登るといっても、吉田山は丘みたいな小高い地。山じゃないな(笑)。こんな場所が街中から程近いところに存在するというのが京都ならではのような気がする。吉田山に上がったと言うよりはココに行ったと言ったほうがいい...

No image

 月の光

最近、知り合ったMさんにタンスと縦長の棚をいただいた。それが両方とも見事なほどに押入れにはまってくれた。一階の押入れは、通常ある真ん中の棚(なんか名前があるのだろうか)がなくて縦長で、何か棚を設置しないと上部が空いたまま。もったいない空間だ。それが、Mさんからいただいた棚とタンスのおかげで空間を有効利用できるようになった。ありがたい。このところ、色んな人の施しを受けてるな。人の間にいて、自分がわかるな...

No image

 豆でダイエット?

楽天堂で買っている豆で、銀手亡という名前の白いんげんがある。いんげん豆なんて、さやのまま食べるものしか食べたことがなかったけれど先々月の豆料理クラブ(月一で豆とレシピが送ってくる)のセットが銀手亡だった。水に戻すと、白くてふっくらとつややかなその豆はサラダによし、スープによしの絶品。ここ最近の私のお気に入りだ。が。先日、とある番組で白いんげんがダイエットに効果アリと紹介されたらしくおびただしい注文が...

No image

 massage

誰かに触れていてそのカラダをとても愛しく思った。次にどう動こうか考えることもなくただ、触れたいように触れる。動きたいように動く。感じるままに。円を描くようにどんどん広がっていく。見えない線で繋がる。ひとまとまりのあなたの体とそして、私の体。無意識の交わり。言葉は要らない。言わなくてもわかる。ただ、カラダから湧き上がるのは包み込みたい、私の欲求。そして、私をも包み込まれる私自身の無限の悦び。...

 水田家の食卓

2日、3日と綾部に行ってきた。先日行った楽天堂の豆ランチパーティで出会った農家の水田さんのところへ、作業を手伝いに。水田さんの家は、綾部でも福井に程近く車で20分も行けば日本海だそうだ。実は、私はずっと土いじりがしたくて10数年前(あ、いや、もう20年近くも前になるのか!)入った大学の学部は農学部だった。実際、浅はかな高校生だったので、入る学科の選択を誤り土いじりとは程遠い勉学(とはいえ、今から考えると程遠...