空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

ただ、そこにあること 〜練馬・気功のひろばより〜

月に一度ずつ、練馬と杉並で「気功のひろば」と称して、
からだをゆるめる場をもっています。

昨日は、脊髄損傷のため車いすに乗った方がご参加くださいました。
友人のFB投稿を介して「気功のひろば」のことを知ってくださり、
なんとなく「できるかも」と思ってきてくださったとのこと。私は、その気持ちが本当にうれしくて。

「私がしたい」「私がそうする」ということについて、あらためて思い出したことがあります。
京都に住んでいる頃、通っていた気功講座にがん末期の方が、看護師さんやご主人の付き添いのもと、
移動ベッドに乗ってこられました。
「寝ているだけで、みんなと同じ動きができるわけではない。なんにもできない」
というように他者の目からはみえます。
でも、その人は全力で「その場にいきたい」と望んだのでした。
そしてその人が「そこにいてくださる」ことは、
その講座の場に集った人たちにとっても、ありがたく尊いことでした。
その方は、それからほどなく亡くなられましたが、
その方の想いを知ることで「そこにいる」ことの大きさ、
かけがえのなさを感じられたことが、なによりのまなびでした。

幼い頃から優劣をつけられ、評価されたりしたりすることに慣れてしまった人は
「できないこと」にばかり目を向け「私には無理だ」「私ってダメなの」と無意識に口にしてしまうけども、
(また、自分にだけではなく、他者にもそういう評価を与えてしまうようになります)
「できること」「すでにあること」に目を向けるように意識をあらためて持っていきたいものです。



なにより大切なのは、だれに遠慮することもない「私がそうしたい」という想い。
昨日の気功のひろばは、
ハイハイをはじめた一歳児はみんなの輪の中を動き回り、
約90歳は「耳が遠くて、聞こえないんだよね」と終わり間際で言い、
車いすに乗った方も「最近あまりねむれてなかったのですが、
はじめうとうとと寝てしまったみたい」とのこと。
みんなしたいようにすごしてくれてなによりでした。

「ただ、そこにいること」が「できること」の究極なんだと思います。
「そこにあること」を喜びあえること。
ひとりひとりが「場」なんだなぁとあらためて感じた次第です。


DSCF4177.jpg

練馬・杉並 気功のひろば
http://slowbodyqoo.blog110.fc2.com/


スポンサーサイト
Posted by チエ on  | 0 comments 

元気の源、気功

気功をやっているというと
「人を飛ばしたりするんですか」ときかれることがしばしばある。
なにやらあやしいものというイメージはなかなか消えない。

確かに、練功(気功を練習することを練功という)を続けていけば
あやしいもの、常識ではないものにふれる機会もあるが
基本的には、自分のからだを日々整えていくことに他ならない。

お風呂に入ったり、歯を磨いたり、
掃除したり、ご飯を作ったりということとおなじ。
そのうち、排泄する、寝るといった
生きている者として「そうせずにはいられない、あたりまえの欲求」になっていく。


日々のことが地味であるように
練功に刺激的なことはない。
動きも小さいし、ゆっくりだし
人によってはつまらないと感じるようなささやかさだ。

けれども、自分のからだの、目では見えないはたらきをおっていくにつれ、
それが実にパワフルでエネルギッシュなことだと感じるようになってくる。
細胞のひとつひとつに血液がゆきとどき、同時に酸素が運ばれて
ミトコンドリアがぎゅるぎゅるまわって、からだを動かすためのエネルギーを
うみだしている、見えるわけではないけれど
そう感じながら、気功をしている。
…地味に楽しい。
でも、実は地味なのは見た目だけで、
からだの中ではスパークしており
かつ、脳内では広大な宇宙が広がっているのだから。


そういや、昔、ある人が
ミトコンドリアの動きってこんな感じだと思っているんですよ
と教えてくれたものが、これだった。
なんて名前だろうとずっと探していたのだけれど、やっと見つけた。


http://kintoreblog.com/powerball-use/#i-2

このボールの動きが加速するように
気功を続けることで、細胞中のミトコンドリアのはたらきが加速して
元気の源がうまれでてくる、と私は考えている。
ゆっくりうごきながらも、あたたまってくるからだを感じると
なおのこと一層。


私にとっての源は「自分の脚で立つ」ためのちから。
ずっとずっと死ぬまで、自分の脚で立っていたい。

この「元気の源」をうみだすなにかは、人によって違う。
私にとっては、気功だったというだけ。
いろんなひとのやっていることが、私には
「あれも気功、これも気功」と感じるだけ。
気功が絶対だとは思わない。
それぞれの方向から、「元気の源」が得られたらいい。


続けるということが実はなによりむずかしいことなんだと思う。
ハードルをあげずに、まずは簡単なことからはじめる。
そして、なにより「気持ちいい」と感じることだけを続けたい。

DSCF7546.jpg

こーんなかんじで、たたずんでいたいのよね。
この肩のちからの抜け具合、理想的。

(ちょっと前に、「ためしてガッテン」で
スタミナ源のミトコンドリアを増やす方法が紹介されていたのだそうな。
http://kanarikinic.com/2289.html
あー、これはまさしく気功っぽい…。
でも、このリンク先にでてくる「背筋をピーンと保つ」は表現としてちょっとむずかしい。
背筋を正すといっても、小学校で教えられる「気をつけ」ではないし。
ただ、背骨は積み重なっているだけ。そのまわりの筋肉がそれを支えるイメージ。)



Posted by チエ on  | 0 comments 

5月からはじめます。

これまでの「気功のひろば」にくわえて
平日の教室を設定します。

5月14日からはじめます。
ゆるむ気功


一週おきなので、私にとっても
地区区民館の予約をいれるのがややこしいのですが。。。


ご近所にもちらしを配ってみようと思います。。。

【曜日】
 水曜日:午前11時00分〜12時30分
 木曜日:午後18時45分〜20時15分
 月に2回ずつ

【参加費】1,500円/回

【場所】練馬区富士見台地区区民館
    大広間または和室


5月14日(木) 18時45分〜
5月20日(水) 11時00分〜
5月28日(木) 18時45分〜
6月4日(木)  18時45分〜
6月10日(水) 11時00分〜
6月18日(木) 18時45分〜
6月24日(水) 11時00分〜

2ヶ月先の予定までは決めました。
以降は随時、お知らせします。


参加ご希望の方はメールフォームからひとまずご連絡くださいませ。



Posted by チエ on  | 2 comments 

この世の理

昨日のシステマはタントウ功、そのままだった。
気功をやっている人みんな、今日のレッスンを受けたらいいのにと思った。

「タントウ、立つだけだけれどパワフルです」と言うだけじゃない、
どうパワフルなのか説明できるアプローチができるようになるんじゃないかな。

地味な功法なので、タントウだけをやる気功教室は少ないと思う。
でも、「立つ」ためにどれほどのちからを使っているか
それに気づくことのできるなによりの功法でもある。
(そうそう、最近スタンディングデスクを使っている人を見かけるけれど
私も時々立ったままパソコンを使うようにしている)

動物は立てないと、本当は生きていけない。
(もちろん、現代の人は医療があるから生きていけるの)
人が生きている基本も「立つ」こと。

立ち続けていると
からだのどこかに痛みやこわばりがでてくるけれど
そこにつまり偏りがあるということ。
微妙なバランスで立ち続けていることに気づく、
私を立たせるためにある筋肉に気づいてく、
その連続がタントウ功だと思う。

気功も、さまざまにある武術やボディワークも、
その名前自体は富士山に登る登山口のようなもの。
その山に登り、そして頂上に立つ、肉体を持つ人間の限界を知ること。
そのプロセスは、どこから登ってもそんなに変わらない。
その人にあった、道にあったものが得られる。

そのプロセスを経ながら、
この山が抱えている水や樹海や、そして山から眺める空、星、海。
もう数えきれないそのはたらきをみること。

北川さんは
「システマはとても大きいもの。自分は小さい。
その小さな自分のままでいるのはイヤなんですよ」
というようなことを仰っていた。
(後で、そのことばをあげてくれるといいな。
似たようなことは、ここに。この記事オモシロイよ。
システマ随想 第一回 「3つのレベル」
私にとっても気功はとてもおおきな、宇宙のシステムのようなもの
ととらえているからこそ、他をいろいろ試したい。

私は、「それ」を知りたいんだよね。
きっと生きているうちにはわかったということのない「それ」のこと。
だから気功という名前でくくられているもの以外のことを知りたい。
そして、あれもこれも「気功」だと言いたい。

北川さんも
「成瀬さんの場合はシステマも気功の一部、という風に受け取ってもらえればと思います。
いずれにせよこの世の理ですから」
と言ってくれているので、システマは続けていきたい。

システマは格闘技なので、気功ではやらないことがたくさんある。
もしかしたら、気功気功と言っていたのに
いつのまにか、システマシステマと言っている日があるのかも知れないが
富士山が美しい山であることには変わりがなく
それは宇宙のシステム、この世の理を学んでいることに変わりはない。


たとえば宗教も、ひとつの宗教のことだけではなく
さまざまにある教えについて知っていくことが
豊かさにつながるのだと思う。
知った上で、HOMEに戻るんだなぁと。
ここでいうHOMEは、気功とかシステマとか名前で表されるものでもあるし
まぁ、この世にうまれる前の「HOME」でもあるかな。


・…………・・………・………・………・

レポート効果で書き留めておきたいことがたくさんでてくる。
書き留めておかなければ忘れる。
忘れてもいいのだけれど、書き留めておけば
何年か後に「ほー」とあらためて新鮮な気持ちで受けとめることができる。

今は、見るもの聞くものが
「ああ、これは!」とうちふるえる連続なのだけれど
数分後には、あれは何で見たんだっけ
と、そこから掘りかえす作業が始まったりする。

みて、「!」となった瞬間に留めておかないと
だーだーと流れていってしまう、私の容量の少ない記憶。
よく年配の方に「まだ若いのに」と言われたりするが
これは老化だけの問題ではないと思う。
先生の仰ることをノートに書き留めながら、数秒前のことを
思い出せないなんてことは学生時代から私にはある。
これは、表向きにはみえないけれど障害なんじゃないかしらと今は思うことにしている。
みんながみんな、同じようにできるもんじゃないんだよ。

IMG_6735.jpg

先日、誕生日を迎えました。
お祝いのお花。うれしい。

Posted by チエ on  | 0 comments 

peak experience (transport & ecstasy)

IMG_6671.jpg

年内最後の授業で発言をしました。

S先生による宗教学の授業で、マスローの「至高体験」に話が及んだ際に
そのような経験をしたことのある人はいますかという問いかけがありました。

完全なる人間―魂のめざすもの完全なる人間―魂のめざすもの
(1998/09)
アブラハム・H. マスロー

商品詳細を見る


何人かの質問が続いた後、
みずから手を挙げたものの、ずいぶんことば足らずで
私としてはかなり残念な感じでした…。
緊張してしまいました。



気功をしている時によく感じるのは「ゼリーの中を漂っているみたいだな」。
それが、あの時はなぜか「羊水の中にいるよう」と言ってしまいました。

この、羊水の中にある感覚も、
ゼリーの中を漂う感覚と等しいのだろうとはとらえられますが
羊水の中にいるときのことは実際覚えていないことです。
こういう表現では、今まで誰かに言ったことがないし、
あんな大勢の前で言ってしまったことを少しばかり後悔しました。

でも、そのあとS先生は
「母親の胎内にいる時の絶対的安心感」について
私のことば足らずを補って話してくださいました。
気功をしている時に得られている湿潤感覚は、確かにその絶対的安心感のまっただ中、
すべてから大切にまもられている、信頼しあえている感覚です。
私と他を隔てるものはなく、溶けあっている。

気功では「天人合一」といって、人と宇宙は一体であると説きます。
この「絶対的安心感」が宇宙とひとつであると信じられている状態であるし、
それは宗教的至高体験とも等しいと私は思っていきす。
瞑想や禅が目指しているのも、おそらくここではないかと考えています。

脳内の知的に働く部分が休まると、自然とひとつになる感覚を得られることがあります。
例えば、美しい景色を見て呆気にとられる感じ。
一瞬、我を忘れる状態です。
それが一瞬ではなく、しばし及ぶ状態が
恍惚といったり、トランスといったりするのだと感じています。
それはむずかしい修業を経なくても得られる感覚です。
好きな曲が続いてファイナルを迎えるコンサートやライブでもこういうことはありました。


私は、ずっとそうだと感じてきたのですが、修業系の人に否定されたりして
もしかしたら違うのかも知れないと思って人前では言わずに来ましたが
残念発言ではあったものの、先生には否定はされず、あの日はうれしく思っていました。
そして、言わずにおこうと思ってきたことをああして人前で言えたこと自体は
私にとってはとても大きなことでした。



(「至高体験」というかどうかではありますが
その後読んだ安田登さんの著作「日本人の身体」にも
「無我」「無心」「忘」ということばであらわされていました。

私の「無我」「無心」「忘」は一瞬のこと。
もう少し長くつづくようになりたいものです…。)

日本人の身体 (ちくま新書)日本人の身体 (ちくま新書)
(2014/09/08)
安田 登

商品詳細を見る


Posted by チエ on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。