空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

久高島へ渡る

IMG_8356.jpg

沖縄の久高島を訪れてきた。

この島を訪れに至った話はここにおさめた。
久高オデッセイと地下水脈と私の課題

いつか行きたいと思っていたら、相方が学会発表で沖縄へ行くという。
それならば久高へいこうという話が、あっという間にまとまった。
あまりにもトントン拍子で、驚きつつも
扉開いたという気持ちもあった。



久高島で出会った人が「今はながれの変わるとき。
自分たちのいきている間にみることはなくても、あたらしいものがまたうまれくる。
今はそのはざまにいる。めばえはもうすでにある。それをただ見ているよ」と言っていた。
この話は、イザイホー(1978年を最後におこなわていない久高島の祭祀)の話からでてきたことだったけれど、
ここ数年でさらなる加速をともなって起こっていることとも同じ話だ。

今、また思い出すのは、内山節さんの
「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」。



この本で書かれていることについては、
2年ほど前、こちらに記した。




私自身のうまれながらにもった悲しみは、
自身の中にある地下水脈を掘り起こす術のなさを嘆く悲しみだったのかもしれない。
なぜ自分がかくも悲しみを感じるのか、よくわからなかったが
久高島を訪れて、やっとわかったような気がする。

おそらく、人のからだにふれること、人という存在について知ってゆくことは、
私自身にある地下水脈を掘り起こしたいという無意識のはたらきだった。
そして、まずは私の悲しみを肯定し、水脈を少しずつおもてに涌き上がらせてゆく過程だった。


予報では雨、よくて曇り。
私たちが訪れる前日までは雷を伴った土砂降りだったそうだ。
「島の美しいひかりを見せてください。お願いします」とこころの中でひそやかに祈った。
雨が美しいこともあろう。
私たちにとって適切であるならばと祈るだけだった。

R0011649.jpg

島の人が話してくださったことで私が受け取ったものについて、あらためて書きだしたいと思う。


スポンサーサイト
Category : 旅日記
Posted by チエ on  | 0 comments 

台湾の旅

15日から3泊で台湾に行ってきた。
海外へ出るのは、7年ぶり。
しかも初の海外一人旅。
国内はいくらでも一人で行き来できる。
台湾も、治安はいいし
きっと一人でも楽しいと思って。

誰かとの旅は、目的が似ているととても楽しいと思う。
何もかも同じ行動をしなくちゃダメな人だと疲れる。
よく見られるのは、女の子同士の行動で
例えば、互いに選択を委ねあうこと。
「何食べよう?」「どうしよう?」
「どこいく?」「どうしよう?」
と言い合い、なんとなく遠慮しあって
本当に食べたいものが食べられなかったり
行きたいところに制限があったりする。
そういうの、私は御免だ。
ここ行きたい、あそこ行きたい
と互いに言い合い
それが一致すればいっしょに動き
あわないなら自由時間をとって、別行動できる相手となら
誰かとの旅もいい。


私はガイドブックは何冊か熟読して
ネットのなかでいきたい店を探して
割合、旅の中で行きたいところが明確である。
そして日程の中で、余白の時間は意図的にいれて
考えていたスケジュール以外に起こる偶然も
楽しみたい。


今回の旅は、故宮博物院が目的だった。
中国最古の王朝、殷。
22代皇帝の武丁と、その后婦好の特別展。
ざっと3000年前の時代、
武丁は、亀の甲羅や牛や鹿の肩甲骨に
占いごとを文字を刻み、熱した金属棒を押しあて
割れ目で吉兆をよんだ。
その文字は、甲骨文字と呼ばれる。
殷墟からは、それらが刻まれた甲骨がたくさん出土している。
また婦好の墓は、1976年に未盗掘のまま発見された。
今回の展示は、それらが一挙に公開されるとというものだった。

最近、安田登さんのWSで甲骨文字を読む会が開かれ
大いに興味をもっていたところへ展示の話を聞いた。

故宮博物院は、収蔵品が多く
一度展示されると次はいつみられるかわからないというものも多いそうだ。
これを逃してはいつみられるかわからないと
もともとあった台湾行きへの興味とともに
旅への欲求が高まった。


つづく。

20120217-DSCF0238.jpg

Category : 旅日記
Posted by チエ on  | 0 comments 

旅で食べたうまいもん

夏限定の赤福氷。
お初。
氷の中に赤福餅が隠れています。
うまかったー。
赤福餅は言わずもがな。

20100814-IMG_0438.jpg


かずさんちからご近所のスーパーで買った伊勢の地産うたせえびでかきあげを作った。
塩で食べた丼がたまらんかった。

20100812-IMG_0400.jpg


月讀宮真ん前にあるつきよみ食堂
ここはいい店だったなぁ。
うどんもうまいし、うどん以外もいい。

20100813-IMG_0415.jpg



名古屋はひつまぶしのためだけに立ち寄る。

20100814-IMG_0457.jpg

20100814-IMG_0459.jpg


ああ、三昧だったなぁ。


旅から帰ってしばらくは、朝昼の飲食を控えた。
控えたというか、食べる気力がなかった。
暑すぎて。
内臓のお疲れがよくわかった。


Category : 旅日記
Posted by チエ on  | 0 comments 

伊勢詣で

夏休みに、大阪にある実家へ里帰り。
特に予定を決めずに車で思いつくままに動き、
大阪の豊中から高槻、京都を経て伊勢、志摩。
そして名古屋、諏訪湖、山梨の秋川とまわってきた。
山も川も海も、晴天も雷雨も
すべて満喫したいい旅となった。



友達のかずさんは、月讀宮の真ん前に住んでいる。
今回、とてもお世話になった。

かずさんが、参拝は早朝がいいよ
と言うので、朝5時半に内宮へ向かった。

20100813-IMG_0404.jpg

松阪に住むエサレンの同期みっちゃんとこに毎年遊びに行って
お伊勢さんに参拝していたのはいつも12月だったので
真夏の神宮はとても新鮮。
大好きな、むぅっと蒸れた土と樹々の濃い匂い。

冬の参拝は、きりりとした冷気の中で、
それはそれは身が引き締まる想い。
内宮の清浄かつ冷涼な空気で心身ともにみたされる。
夏は、太陽がいちばん勢いを増している時期なので
正直言うと、神宮におわす神々ではなく
太陽をこそ崇めたい気がする。
だって、内宮に鎮座まします天照大神は、
太陽を神格化した神であられますもの。

20100813-R0019851.jpg


20100813-IMG_0407.jpg

そういう意味で、夏の参拝は早朝に限ると思う。
5時半でも気持ちよかったけれど
来るならばもっと早く来なくちゃと思った。
参拝をすませた7時頃には、ダレダレな空気感。
背筋をすっとのばすのはむずかしい暑さ。



ものすごく気持ちがよかったのは瀧原宮
伊勢神宮からは離れているけれど
足を伸ばす価値ある地。



鳥居をくぐってここまで歩くだけでも、すっかりみそぎを受けた心地になる。

20100814-R0019864.jpg

御手洗場が、本当に清々しい。

20100814-R0019870.jpg


そうそう。
天岩戸のお水も、おいしかったな。
つめたくて、甘くて。
まさに甘露。

20100813-R0019854.jpg


月讀宮のおおきな木たち。

20100814-R0019858.jpg


(参拝順ではありません。思い出すがままに書き連ねているだけなので
行かれる方は地図を参照くださいましね。)



■□■□■□■□■
おまけ

wikiでツクヨミを調べてみた。

『書紀』第五段第十一の一書では、天照大神と月夜見尊がともに天を治めるよう命じられたが、のちに天上で天照から保食神(ウケモチ)と対面するよう命令を受けた月夜見尊が降って保食神のもとに赴く。そこで保食神は饗応として口から飯を出したので、月夜見尊は「けがらわしい」と怒り、保食神を剣で撃ち殺してしまったという神話がある。保食神の死体からは牛馬や蚕、稲などが生れ、これが穀物の起源となった。天照大神は月夜見の凶行を知って「汝悪しき神なり」と怒り、それ以来、日と月とは一日一夜隔て離れて住むようになったという。これは「日月分離」の神話、ひいては昼と夜の起源である。
しかし、『古事記』では同じようにして食物の神(オオゲツヒメ)を殺すのはスサノオの役目である(日本神話における食物起源神話も参照のこと)。この相違は、元々いずれかの神の神話として語られたものが、もう一方の神のエピソードとして引かれたという説がある。また、このことからスサノオと同一視されることもある。



子どもの頃、この話を読んで
なんだかすんごい気持ちが混乱したのを覚えているなぁ。
今読んでももおんなじ気持ちになる。
あの時は混乱としかいいようのない感じだったけれど
今は、なんというか気持ちが弾むというか楽しくなるというか
とにかくアメイジングな感じだとわかる。


そういや去年は宮崎を旅したんだった。
神話をめぐる旅は魅惑的。

Category : 旅日記
Posted by チエ on  | 0 comments 

滋賀・朽木

20100209-R0018916.jpg

滋賀の朽木に行ってきました。
7日は雪でしたが
その後はなんだかあたたかい日が続きました。
朽木も毎年かなり雪が降るそうなのですが
今年は例年とは違い、ずいぶんとあたたかい日が続いているとか。
今日もとてもなま暖かく、雪道を歩いていると汗ばんでくるほど。
帰るまでに雪もずいぶんと溶けてしまいました。


2月半ばですが
春の兆しを見つけました。

20100209-R0018941.jpg





20100209-R0018925.jpg


滋賀は山々に蓄えられた水がとうとうと流れるところ。
その水々がまたとても美しい。
いたるところで汲んで飲むことができます。
なんて贅沢。

晩ご飯は
朽木でとれたお米を、汲んで持ち帰った水で炊き
ふきのとうで作ったふきみそをのせていただきました。

ああ、最高。


日本には、心が洗われるような美しい場所がたくさんあります。
訪れる観光客もほとんどないひっそりとした場所ですが
こういうところがあることを、地の人たちは誇りに思い続けています。
なによりの宝だと思います。



Category : 旅日記
Posted by チエ on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。