空模様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by チエ on  | 

いいにおいがする

あたたかい日が続いて、湿度がでてきたせいか
香りの立ち上り方が、ここ数日でずいぶん違って感じるようになってきました。
もわんと湿り気を帯びた土のかおりがします。


香り、と書きましたが
におい
という方が好きです。

以前、某店でだされた料理を前に「いいにおい~」と言ったら
マスターに顔をしかめられ
「においっていうか~?」と言い返されたことがあります。

におい

臭いとも書くけれど
匂いとも書きます。

生活の中にあるかおりは
「におい」といって何がわるい?!
と私は思うのよね。


「もっとも人間的なもの、それは匂い・・」
という言葉を残したココ・シャネル。
ココ・シャネルは
「シャネルNo.5」というセンセーショナルな香りを作りました。

なぜそれがセンセーショナルだったかと言うと
いい香りを混ぜればいい香水ができるという定説を打ち破り、
アルデヒド類といった単独ではどちらかというと嫌な匂いを、
ふんだんに使った初めての香水だったからだそうです。

それ以降の香水には
いわゆる「くさいにおい」ととらえられている成分が
必ず入るようになったそうです。



このくさいといわれるにおいの成分は
足の裏や納豆の匂いとして有名な「イソ吉草酸」や
馬小屋のにおい「フェノレ臭」
便のニオイの代表「スカトール」
などなど。

けれども、
これら、凝集すると顔をしかめてしまうほどの悪臭も
少しずつ薄められて、ごくごく微量になると
えも言われぬ芳香と化すのです。

肥だめの匂いだって
(もう最近めったにないけれど)
風に乗って、薄められて漂えば
実は、何?このいい香りは!
となり得るのです、ホントに。


前から何度も書いていますが
「鼻が利く」ということば通り
動物にとって、嗅覚が鋭敏であるということは
自分にとって本当に必要なものを選びとるという能力に
直結すること。

臭いものにフタとばかり
消臭に躍起になる昨今の風潮には
空恐ろしいものがあります。
生活の匂いがなくなるということは
動物としての本能も消失するということにつながります。




単純に、男、女とわけるのも雑な感じで
申し訳ないのですが
男の人は香りに対して、無頓着な方が多いように思います。
ウチでトリートメントする際に
その人に適切なものを選ぶため、いろいろ香りを嗅いでいただくのですが
香りは嫌いとおっしゃる方がとても多かったように思います。
「柑橘系」はいい香り、
それ以外はたいてい「くさい」とおっしゃいます。

果たして、本当にくさいと感じているのでしょうか。

実はそうではなく、
「知らない香り」だから防衛反応が働いて
「くさい」と言ってしまうんですよね。
反対によく慣れ親しんでいる柑橘系は
なじみがあるから「いいにおい」に感じるのです。

嗅覚は、動物にとって最も原始的な感覚。
本能や情動や記憶を司る脳領域(扁桃体、視床下部、海馬)に直結しているからです。
ある特定の匂いを嗅ぐと
なにか、思い出したりするようなことがあるのはそのためです。

父方の実家が農家をしていたので
私の幼少体験の中には、
身近に、動物のにおい、肥えのにおい、土の匂いが満ちあふれていました。
いいにおいとは言いがたかったけれど、
それらのにおいは決してイヤではありませんでした。

今でも、懐かしいような気持ちになるし
私にとっては落ち着くにおいです。
つまり、これらの香りは
私にとっては「好き」で、「いい」と言えるものなのです。


某ワイン誌に載っていたのですが
イソ吉草酸を、おやじの足の裏の匂いといって嗅がせた時と、
納豆の匂いと言った時とで、
脳のどの部位が反応しているのかを示す脳イメージング(機能的MRI法)で比較してみると、
異なった脳イメージパターンが得られたといいます。

すなわち、同じ匂いでも「何を考えながら嗅ぐか」
あるいは「与えられる情報」によって感じ方が変化するということ。


私たちのイメージや、置かれた環境によっても、香りの捉え方は
まるで変わります。
その人その人の捉え方、表現の仕方が
におい、かおりのおもしろさであると思うのです。

画一的で、人工的な香りはつまらない
と感じるのはそのためでしょう。
そしていわゆる「いい香り」と人が言うものに対しても
私はつまらなさを感じます。




べチバーのにおいの深さに気づいたのは
いつだったでしょうか。
(ベチバーは先述の、シャネルNO.5にも使われているそうな。)
私はもともと、大地に根を張るようなベースノートの匂いが好き。
アンジェリカ・ルートも、バレリアンも好き。


アロマテラピーのマッサージを受けたことがある
という人でも
これらの香りのおもしろさを知っている人はまだまだ少数です。

湿った肥沃な土
乾いた土壌
そんな香りを嗅ぐと
足の裏がしっかりと大地に密着しているように思えます。
体感として伴ってくる気がします。


そして、べチバーは
ブレンドにほんの少し加えることで
すごく奥行きが出ます。
醸す。
そんな雰囲気が加わります。

昨日は、
べチバー
スパイクナード
パチュリ
マンダリン
というブレンドで
トリートメントをさせていただきましたが
心象風景としては、おばあちゃんちの畳とみかんが見えました(笑)。
色彩としては、イスラムやアラビアンな感じなのですが。
(この辺りは、あくまでも私の妄想なので
適当に聞き流して~。)




臭いものにフタばかりしていないで
鼻を利かせて、自分にとって必要なものを
選びとっていきたいですよね。


今後は、スローボディのススメの中で
「嗅覚」にフォーカスするようなこともやっていきたいな
と考えています。


(おまけ
映画「パフューム」のように
みんなであいまみれることになるかもと考えると
楽しいッス。。。なんちってね(ふふ



これ、相当気持ちいいと思うのよねん・・・。

スポンサーサイト
Category : 精油のこと
Posted by チエ on  | 2 comments 

perfume

先日、映画を見に行って来た。

映画を見る前に、ふらふらと入った店に
香水が数種類置かれていた。
人工的な香りはスルーするのだけれど
ボトルのデザインにひかれたので、試してみることに。

精油を使うようになって香水はつけなくなったが、
昔はよく買っていた。
今でも好きな香りは、BVLGARIの「pour Homme」。
メンズものだけど、ユニセックスな感じでいい。
着るものや化粧品にはこだわりはないが、香りだけにはあるのだ。
あんな小瓶でウン千円するものが買えちゃうのだ。
(けど、ずいぶん安くなったよねー。
10年前からすると、半額ぐらいになってる気がする。)

ウチに来てくださったお客さんに
「香りはお好きですか?」と聞くと
多くの人が
「香水みたいなきついものはキライです。」
と答える。
これは、香水が悪いのではなくて
香水の付け方を知らない人が多すぎるのだ。

香水は、服の上からしゅっしゅっとふりかけるものではない。
肌の上にのせて、体温で燻らせるものだ。
服を着る前に、
下から上へと立ちのぼるので、できるだけ腰から下のほうに。
肌で温められた香りは、ふたを開けた時のそれとはまるで違ってくる。


試したのはイタリアのスパのもの。
煎茶のような香りのものと、アーシーに甘い香りのものと。
数種類あったが、この2つが気に入って
両方を、片手ずつ、手首に落として楽しんでいた。
映画が始まる前、その香りを嗅いでうっとり。
この2つのブレンドが合わさると、さらに私好み。

カラダが溶ける感じって、あるよね。
私は、細胞壁がなくなって、だらんとゲル状のものが
流出した状況のようだとよく思うのだけれど
もっとわかりやすいもので言ったら、米粒がおかゆになった感じというか。
もう、ズルズルと流れてしまうような心地がする。

私が感じる「いい香り」は泥土のような感じのもの。
お客さんにも「ずいぶんマニアックな匂いが好きなんですね」
と言われるけれど、土の匂いは無条件にカラダが反応する。
湿った空気。草いきれ。雨上がりの後の土。

単純にフタをあけて飛んでくる香りだけじゃなくて
人の肌にのった時の香りは、一人一人違ってくるし
脳天を刺激するのは、やはり肌から立ちのぼったものじゃないかと。
やはり香りというよりも、「匂い」と言いたい。


ちょっと前、パフュームという映画があったけれど
あれはすごい映画だったね。
香りを嗅がされた人たちが、狂喜乱舞しちゃって一斉に交わりだしちゃうの。
エキストラスタッフは750人だそうな。
750人が、一斉に、だよ!
問題作だと言われてたけれど
ああ、でもわからんでもないのだなぁ。
鎧を纏ってしまった現代人にはわからなくなりつつある感覚だろうけれど
やっぱり嗅覚って本能を揺さぶるしさ、
なにか鍵を開けちゃうところがあるのよね。

映画が始まる前の私はズルズルダラダラグニャグニャだったもの。
わかるさ、あの扉が開く感じは。

香りがするだけで
なにかがそばにある感じがするなぁ。
香りを纏うというけれど
ホント、ヴェールとなって覆ってくれているような。
見えないけれどあるんだなぁって、確かに思えるのよね。


*******

今日試した香水は
久しぶりに買ってもいいと思えるブレンドだった。
ひとまず、家に帰ってコピーしてみた。
思い当たる精油があって、それで近づけるんじゃないかと。

煎茶
・ベチバー
・スパイクナード
・ベルガモット
・グレープフルーツ
・ライム

 もう少し、緑色っぽい感じが欲しいところ・・・

earthy
・ベンゾイン
・パチュリ
・クローブ
・ミルラ
・サンダルウッド
・パルマローザ
・イランイラン

 ベンゾイン主体で、他はほんの少しずつ。

Category : 精油のこと
Posted by チエ on  | 2 comments 

パチュリ

私がこうして一人で仕事をするようになる前、
大阪の店で勤めていた時
ほぼ毎日、電車に乗って大阪の街中まで出ていた。

電車を降りて、大きな改札を抜けると
目の前に小さな雑貨店があった。
私は毎日そこに立ち寄って
サンプルで置いたあったオイルを手首に塗って仕事に向かった。

何度嗅いでも、その香りは私を捉えて離さない。
カラダの奥底まで深く届いてくる香りだった。

サンプルを塗るためではなく
ただその香りを嗅ぎたいと思っていただけだったのだが
欲望は抑えられず、手首にクルクルと塗って店を出ていた。
ある日、そこまでするのならと思い、ようやくそのオイルを買った。
本当はもっと早く買えばよかったのだが
出勤前のブルーな気持ちをその店でなだめる
ということが私には必要だったんだと思う。


ロールオンという先端に転がるボールのついた容器に入ったオイルの
その名前はパチュリだった。


パチュリは、墨液のような香りがする。
この香りをつけていたら、店の人から「書道の練習したの?」とよく聞かれた。
昔のシルク製品には、このパチュリ(シソ科の植物。見た目はシソによく似ている。)が
防虫の目的ではさみ込まれていたそうで、年配の方々には懐かしく感じられるそうだ。


精油は酸化がすすむので、フタを一度開けると
使い切るのはできるだけ早い方がいいと言われるが
パチュリなどは熟成していく香りなので、反対に年月が経てば経つほどいいとされる。
私はどうも、この年月を経て深まる類いのものに
ココロを奪われるようだ。


パチュリ、ベチバー、スパイクナード、アンジェリカ
私が土臭いシリーズと呼ぶ精油たち。
ウチに来られた方々には、必ず嗅いでいただく。
単体で嗅ぐと独特で、好き苦手がはっきりわかれる香りだ。

嗅ぐことで、肚が据わる心地がある。
地に足がつく。
アースする。
大地に繋がる。



香りを嗅ぎに雑貨店に立ち寄っていたあの頃、私は今よりずっとずっと不安定だった。
頭でっかちで考えすぎていた。
その不安定さに、「落ち着いて深呼吸しなよ」と言ってくれたのが
パチュリだったんだと思う。

今も大好きな香りだけれど、あの頃よりは使う頻度が減った。



昨日、久しぶりに
ロールオンに、オイルを入れた。
入れたのはパチュリ。
ロールオンでブレンドオイルを作るとしたらやはりパチュリだ。
手首に転がすと、あの頃のうっとりした心地がよみがえる。




気持ちを救ってくれる香りがある。
香りで、気持ちが変わる。

あの時のパチュリが、私の原点。






Category : 精油のこと
Posted by チエ on  | 2 comments 

香りを運ぶ

HPで精油の販売を先月から始めた。
もうかれこれ一年以上、その会社の精油を使っている。
イロイロ試した結果、品質と値段が気に入った。
イギリスに住む日本女性がネット販売されていたものだが
その人が日本とイギリスを行ったり来たりしているうちに
欲しい時に手に入らないことがままあり
それならばと検索した結果、イギリスのその会社のHPを見つけた。
インターネットが素晴らしいと思うのは、こういう時だ。
なんとなーくの英語でも、メールだと伝わる。
直接取引をさせてもらえることになり、
それならばと、他の人にも共同購入的に声をかけてみることにした。

日本で売られているものが悪いわけではないのだけれど
中間マージンがかかってくるのは当然であるし
生産者との距離が遠くなればなるほど鮮度も失われる。
それはエネルギー的に見てもそうだろう。
不必要に過剰な包材、そして分析表など
その分にかかるコストも、当然精油の販売価格に関わってくる。

ケモタイプという言葉がある。
元来、ケモタイプとは、同じ学名であっても成分的に異なるものを言うはずだったのに
(ローズマリーやタイムなどは、土壌の影響を受けやすい。
ローズマリー・○○やタイム・○○と書かれたものの
○○の部分は主たる成分の名前である。)
いつのまにか、成分的に分析された精油という意味になっている。
成分表がついてこそ、しかるべき精油だと声高にいうアロマ団体もあるが
では、みんなちゃんと成分表を見ているのか。
今回のロットはこの成分が多いわね、などという判断がなされているのだろうか。
私が以前勤めていた店は、そのケモタイプ精油を使うサロンだったが
いつも化粧箱を開けるとさっさと成分表は破棄していた。
「ご家庭でも使用される精油はケモタイプでなければいけません」
と言っていたのに、その、成分表を読み取るチカラは与えていなかった。
私は、成分表は不必要だといっているのではない。
そして、ケモタイプである必要はないと言っているのでもない。
成分表の重要性を謳うのであれば
その成分表を読み取って応用するチカラを付与することが
一番大切なのではないか、と言いたい。
成分表がついている、だけでは何の重要性も持たないと思う。
(医療機関については、別。
ここでは、ごくごく一般の人が使うことを前提に書いている。)

私は成分的に精油を使う気は毛頭ないので
成分表がつくためにかかるコストは削減された精油を使いたい。
もちろん、禁忌成分が入っていることもあるので
成分的なことも知識として得ておく必要はある。
けれども、成分的なことをひとまず横に置いておいて
その人に必要なものは、そのカラダが一番わかっているのだから
香りを嗅いでみるということに勝るピックアップ方法はないのではないかと思っている。
私が大事にしたいのは、疲れた時には酸っぱいものが食べたいとか
甘いものが食べたいとか、そういった自然なカラダの欲求を引き出すことだ。


毎回、精油がイギリスから届くたびにうれしくなる。
遠路はるばるようこそ。
まぁ、日本で販売されている精油もほとんど海外からのものなんだけれど
こうして自分の元に直接届くと感慨もひとしお。
そしてちまちまと納品書を打ち出して、パックして、注文して下さった人の元へ
発送する。
この精油たちが、また届いた人の幸せの元となる。
その間に立てることをシアワセに思う。


********

精油の販売ですが、毎月1日と15日発注にしていましたが
10000円以上ご注文くださる方は、随時受け付けることにしました。
10000円未満の方は、14日と月末をめどにご注文くださいね。

今、ちまちまとショッピングカートの設定をしています。
とりあえず精油だけは全部入力したので、トップページメニューの
通信販売というところから飛んでみて下さい。
あとキャリアオイルとマッサージオイルを入力して終わるはずなのに
なかなかここから進みません・・・。

それからそれから、この間私はオモシロイものを発注しました。
ホピイヤーキャンドルといって、一応ヒーリング法となっていますが
ホピ族の耳掃除とでもいうか、耳にそれを入れて火をつけて吸引させると
ものすごい量の耳あかがとれるというもの。
何年か前におみやげでもらって試したところ、ホントにすごくて
もう一度と思っていたのです。
と書いたところでちょっと検索してみたら・・・
あの、そんな単純なことではない旨が書かれていました。
またもう一度試してみて、ちゃんと調べた上で報告します。。。
でもね、耳の中すっきりはホントです!



********

ブログを読んで、ウチを訪れて下さる方や
通信販売を利用くださる方が結構いらしてうれしい限りです。
お会いしたことがなくても、メールのやりとりができることを
本当にうれしく思います。

なんだか、最近
ますますこうして文字で自分の心象を表していくのが好きになっています。

そして、最近、私はものすごい勢いで本を読んでいるのですが
誰かが書いた小説を読んでいくにつれ、
少し自分でもコトバを使った「創作」がしたくなってきました。
自分の体験しか言葉に表せないと思ってきたのですが
もっと膨らませて、ストーリーを描くこともオモシロイだろうな
と思うようになってきました。

目指せ! 印税生活!!

・・・ではなくて(笑)
もっともっと、頭の中を
大きく、枠を広げて、描いてみたいなぁ
と思う、今日この頃です。。。

Category : 精油のこと
Posted by チエ on  | 2 comments 

精油使い

友人からのメールに
チエってアロマセラピストっていうより
精油使いのほうがぴったりって感じがするのは
私だけ?
とあり
あ、その呼称はうれしいなぁと思った。
なんか魔女っぽい。
だいたい、セラピストじゃないしな、私。



肉体的疾患に対応するためのマッサージではなく
多くても月一度程度のリラクゼーション。
とりあえず肉体的なトラブルを伺いつつも
私が持っている精油を一通り嗅いでもらって
いい香りだと感じたものをピックアップしてもらって
私が少し補正してまとめている。

その日の、その人だけの香り。

香りを作り上げていく作業が
最近、とみに楽しい。



お料理みたいだと感じる日もあれば
絵を描くみたいだと感じる日もある。


今日は
まだ冬眠しているという人に
春の香りを作ってみることにした。
今ぐらいの春のイメージ。

30mlほどのベースオイルに
 スパイクナード 2滴
 ジュニパー   5滴
 ベイリーフ   3滴
 サイプレス   3滴
 ラベンダー   1滴
 レモンユーカリ 2滴
ぐらい。(アバウトなんです・・・)

一昨日からまた寒くなって、昨日は一日雪が舞う寒さだったが
植物たちは芽を膨らませて、確実に飛び出す準備をしている。
ウチに潜ませている動きに、ひっそりと耳を傾けてみたい。

土の中にうごめくもの。
ぬかるみ。動き出そうとするカラダ。さらさらと流れ出す水。
薄緑色から黄色。

そんなイメージを表したら、上のブレンドになった。




スパイクナードは私の好きな香りの一つ。
土臭さがたまらない。
広い大地、というよりは
肥沃な土壌を思わせる。
ジュニパーは少し苦々しさを思わせる香り。
解毒や浄化の精油として有名である。
春先に苦いものを食べたくなるのは(菜の花のからし和え、大好きです。)
冬の間に蓄積した老廃物を排出させるカラダの欲求なのだそうだ。
ジュニパーの解毒作用は、この香りを嗅ぐと納得できる。
サイプレスは、収縮。
緊張と弛緩、暖かくなってきて緩む日とまだまだ寒さが訪れ緊張する日を
交互に繰り返し、カラダにも自然でリズミカルな動きが出てくる、
その感じを出したのが、サイプレスとジュニパーの組み合わせ。
この二つの組み合わせには、雪の下に流れる水のイメージもある。
ベイリーフは別名ローレル。
ハーブはラテン語で「褒め称える」という意味があり、
競技の勝利者に「月桂冠」をかぶせることでも有名。
ほんの少し甘くシャープなこの香りもまたたまらなく好き。
こういう香りには風を感じる。春の風を吹かせようと思った。
ユーカリやラバンサラでもよかったかも知れないが
私の好きなベイリーフを加える。
レモンユーカリは、ユーカリの一種でレモンのような鮮やかな香りがする。
この香りには、色彩を強く感じる。
ちょうど、菜の花のようなレモンイエロー。
ラベンダーは、その時によって使い方は異なるが
わずか一滴でも、入れることで香りが不思議とまとまり
みんなをまとめるのがうまい人だなぁ
といつも感心させられる。
色のイメージはもちろんうすむらさき。
朝もや。ベール。
薄い衣のような。
包み込むもの。

こんなふうに、私の香り作りは進む。



今日はおまかせだったけれど
お客さんと話しながらピックアップしてもらうと
私一人では思いつかないものができて本当に楽しい。



この間、来てくださった方は
一番はじめにベンゾインをいい香りだと選ばれ
次に気になるのが異国を思わせるサンダルウッド、
そしてグレープフルーツと続けた。
これだけでは私としてはなんだか物足りなく、
やはりここでもラベンダーを一滴。
これだけで、本当にえも言われぬ香りになった。
どの香りも基本的に好きだが、クリーンヒットとなるブレンドは
そうそうでるものではない。
その方が「グレーフフルーツは西洋っぽいイメージで
サンダルウッドは東洋っぽい。なんか東洋と西洋の融合ですね」
と仰ったので、私は「じゃあ、このブレンド名はトルコですね」と答えた。
トルコだけじゃなんだかつまんない感じなので
やっぱりイスタンブールとかにしようかと後から思った。
(注:後で調べてみたらグレープフルーツは西インド原産だった。
ブンタンとオレンジの自然交配種だそうだ。)


適切な使い方を知ることも大切だとは思う。
でも、効能とか、むずかしいことを知ったり
考えるよりも、いろいろ試して実際嗅いでみて
どう感じるか、が一番大事。

においを嗅ぐということは、動物としての本能を
揺さぶる。
いいにおいだと感じたら、勝手にカラダが反応する。


わからない
ならば
他の器官もがんばってくれることとは思うが
それでも興味があるのならば
その欲求は、追いかけてもらいたいと思う。





使い方、知りたいこと
もしあればどうぞメールで。

全部に答えられるかはわかりません。
私も勉強中なので。
でも調べられることは調べて、一緒に学んでいきたいと思っています。


次の精油発注は3月1日です。
もしご注文があれば、今月中にどうぞー。


gabera2.jpg

Category : 精油のこと
Posted by チエ on  | 0 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。