Welcome to my blog

空模様

 京都の家を手ばなすことにしました。

こちらのブログ、ずいぶんと長くご無沙汰してしまいました。すみません。このブログをのぞいてくださっていた方には突然のお知らせとなりますが去年の春にがんが見つかり治療を受けていました。その前の夏にも疑いがあったのですが疑いが疑いではなくなったということでした。さいわいなことに、昨年末の12月で治療は一旦終了。経過観察へと移行いたしました。今はとても元気に過ごしています。治療中も、とてもがん患者には見えな...

 空茶話会 〜詩をよむ会

詩を読みあって、感じたことを話す会をひらきます。この詩がどういう詩かを語るものではありません。詩をよんだあなたがどう感じたかを聞きたいと思っています。□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■【日時】2017年11月5日 13:00〜15:00(終了後も歓談の時間あります)【場所】練馬区富士見台「空 -くう-」(お申込みいただいた方に道案内いたします)【参加費】1,000円お茶とおやつご用意しています。【定員】6名ポケット詩集(1)...

 言葉にするということ

先日18日の読書と対話の会。参加者は9名。ファシリテーターと名乗る人がそこにいても、ただ存在するというだけで、そこに集った人たちの中で対話がなりたつ、安心、安全にことばが行き交うというのが理想。この日は「体の見方」の章を読んだ。「自分を体と思うのは、間違っているんだ。と、君は『自分』の章で思ってしまっただろうか。そう、この体であるところの自分とは何かを問うとしたなら、確かに自分はこの体じゃない」。こ...

 これまでにないことをやってみる 其の七

学校での発表が終わった。言い足りなかったこと、こう言えばよかったということ。終わった後にいただいた反応で湧いてくる。発表してみたからわかること。9月の学会発表をめざそうかな…と思ったりする。(さて、私はその頃どうしているんだろうか)発表した全員の話からみえたことは、人と人がかかわることについて表面のアプローチは違っても通底しているということ。キーワードはひたすら「対話」だった。今回の発表でも使わせて...

 これまでにないことをやってみる 其の六

【これまでにないことをやってみる 其の一】【これまでにないことをやってみる 其の二】【これまでにないことをやってみる 其の三】【これまでにないことをやってみる 其の四】【これまでにないことをやってみる 其の五】からの続き文京区の「新たな公共プロジェクト」(其の一を参照ください)の一環にある「文京社会起業アクション・ラーニング講座」の企画発表の場である社会起業フェスタにて、発表してみないかとお誘いを受け...